【80社比較】プロが本当におすすめできるネット回線12選│料金・速度・利用シーンから紹介

【80社比較】プロが本当におすすめできるネット回線12選│料金・速度・利用シーンから紹介 インターネット

ネット回線を契約したいけど、どこを選べばいいかわからない…。そんな悩みを抱えていませんか。

今回、絶対にネット回線選びで失敗したくないあなたのために、現在契約できるネット回線の窓口80社を徹底的に調べ上げましたよ!

本当にお得だと確信した契約先だけをおすすめ窓口として紹介しているので、この記事さえ読めば安心して自分にあったネット回線が決められます。

では、それぞれのネット回線のおすすめポイントと、条件や目的ごとにあなたが契約すべき窓口をみてみましょう!

※タップで記事内の解説へジャンプします

光回線はこんな人
にオススメ!

オンラインゲームや動画配信など
高速での通信を求める人
・自宅で光回線の工事が可能な人
・速度制限なしの無制限プランを
契約したい人
・スマホにあわせてネット回線を
選びたい人
・光電話や光テレビなども利用したい人
ドコモユーザーならドコモ光一択!【全国】
ソフトバンクユーザーならまずは
NURO光!【地域限定】
NURO光がエリア外なら
ソフトバンク光!【全国】
auユーザーならまずは
auひかり!【関西・東海・沖縄以外】
auひかりがエリア外なら
So-net光!【全国】
格安SIMユーザーなら
NURO光・auひかり・So-net光!【安さを重視】
あまりネットを使わないなら
BB.excite光Fit
【通信量で料金変わる】
ホームルーター
こんな人にオススメ

・マンションやアパート住まいの人
・物件で光回線の工事ができない人
・自宅メインでネットを利用する人
・ある程度安定した速度を求める人
・家族でシェアして使いたい人
・すぐにインターネットを使いたい人
実質料金が安いモバレコAir
速度も安定のWiMAX
ポケットWiFi
こんな人にオススメ

・マンションやアパート住まいの人
・1人暮らしの人
・場所を選ばずネットをしたい人
・大容量で安くネットを契約したい人
・すぐにインターネットを使いたい人
無制限&速度重視ならWiMAX
大容量100GBならMugen WiFi
中容量50GBならEx Wi-Fi
20GB程度ならZEUS WiFi!

光回線はお使いのスマホとのセット割を重視して選ぶと、トータルの通信費が節約できます。ただし、提供エリアが限られている回線もあるので、まずはお住まいの場所で契約できる回線を調べましょう。

ホームルーターは自宅メインでネット回線を使う人で、光回線の工事ができない物件にオススメです。

また、家でも外でも場所を問わずにネットを利用したい人は、小型で持ち運び自由なポケットWiFが向いていますよ。

お得で納得のいくネット回線が知りたい方は、さらにくわしく読んでいってくださいね。

※この記事は2020年11月時点の情報です。



結論!あなたにおすすめのネット回線はこれ!

ネット回線には、開通工事が必要な光回線と、工事不要で携帯電話のように端末で電波を受信するモバイル回線があります。

さらにモバイル回線には、端末の形や特徴によってホームルーターとポケットWiFiにわかれますよ。

それぞれのネット回線で契約先を選ぶときには、チェックすべきポイントが異なります。

※タップで記事内の解説へジャンプします

チェックすべきポイント
光回線
・住んでいる場所で契約できるか
・実質料金は安いか
・セット割は利用できるか
・平均速度は安定しているか
・工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンはあるか
ホームルーター
・無制限で利用できるか
・実質料金は安いか
・平均速度は安定しているか
ポケットWiFi
・必要なデータ容量をカバーできるか
・速度制限は厳しくないか
・実質料金は安いか
・平均速度は安定しているか

それぞれのインターネット回線の特徴も簡単にまとめましたので、ざっくりと理解しておいてくださいね。

光回線 ホームルーター ポケットWiFi
月額料金
5,000円前後
4.000円前後
3,500円前後
速度の安定度
工事の有無
あり
なし
なし
持ち運び
最大接続台数
無制限
35台前後
10台前後

つまり、おすすめのネット回線は利用したい場所や目的、必要なデータ容量などで大きく変わります。

それぞれのネット回線を選ぶポイントを、さらにくわしく紹介していきましょう。

高速通信を重視するなら光回線がおすすめ

光回線を契約するのがおすすめの人は、ズバリこんな人です。

光回線がおすすめな人

  • オンラインゲームや動画配信など高速での通信を求める人
  • 自宅で光回線の工事が可能な人
  • 速度制限なしの無制限プランを契約したい人
  • スマホにあわせてネット回線を選びたい人
  • 光電話や光テレビなども利用したい人

基本的にインターネットを自宅で快適に使いたいなら、光回線がおすすめです。なぜなら、直接おうちの中にインターネット回線を引き込むので、高速通信が可能だからです。

引用:フレッツ光東日本

おうちの壁に設置した光コンセントに無線LANルーターをつなげれば、自宅内にWi-Fiの電波を飛ばしてスマホやタブレットを接続できますよ。

光回線で契約先を選ぶときは、以下のポイントをしっかりチェックしましょう。

光回線を選ぶ際にチェックすべきポイント

  • 住んでいる場所で契約できるか
  • 実質料金は安いか
  • セット割は利用できるか
  • 平均速度は安定しているか
  • 工事費無料やキャッシュバックなどのキャンペーンはあるか

光回線は事業者によって、提供エリアが限定されていることがあります。

気になる契約先を見つけたら、まずは住んでいる場所で契約できるかを確認しましょう。

また、光回線に限りませんが、本当にお得な契約先を選ぶなら月額料金だけでなく、契約期間内に支払うすべての料金を加味した実質料金で比較すべきです。

実質料金=2年間の月額料金・光電話料金+初期費用(事務手数料・工事費)
     -キャッシュバックや料金割引額

月額料金が安くても工事費が高かったり、キャッシュバックがなかったりすると結局はお得じゃないこともあるから、実質料金をチェックしておけば安心だね!

あわせて、お使いのスマホとのセット割が適用される光回線を選べば、さらに1か月のネット料金が節約できますね。

また、ネット回線の速度が気になる方は、最大通信速度ではなく速度測定サイトなどから平均速度を確認しましょう。

ネット回線の最大通信速度は理論値で必ずしも出る速度ではないので、ユーザーが測定した実際の速度をチェックしておくことをおすすめします。

ただし、光回線の導入には開通工事が必要で、15,000円~40,000円の工事費用は基本的に契約者が負担します。一般的には申込みから2週間~1か月ほど経ってから、開通工事が行われるので、期間がかかります。

また、物件内に光回線を引き込むための穴を開けたり、集合住宅は共有部分で工事を行わなくてはいけなかったりするので、賃貸住宅やマンションなどにお住まいの方は、管理会社や大家さんの許可が必要ですよ。

工事不可で自宅メインならホームルーターがおすすめ

光回線でなくホームルーターがおすすめな人は、以下のとおりです。

ホームルーターがおすすめな人

  • マンション・アパート住まいの人
  • 物件で光回線の工事ができない人
  • 自宅メインでネットを利用する人
  • ある程度安定した速度を求める人
  • 家族でシェアして使いたい人
  • すぐにインターネットを使いたい人

ホームルーターは光回線のように開通工事も不要で、携帯電話と同じように端末で電波を受信してインターネットを接続します。

専用の機器を自宅のコンセントにつなぐだけで、おうちの中にWi-Fi環境がつくれますよ。

主に自宅でインターネットをすることが多く、光回線のように工事ができない方は、ぜひホームルーターを検討しましょう。

ホームルーターの契約先を選ぶポイントは、以下のとおりです。

ホームルーターを選ぶ際にチェックすべきポイント

  • 無制限で利用できるか
  • 実質料金は安いか
  • 平均速度は安定しているか

ホームルーターは光回線の代わりに、自宅の固定回線として利用する人も多いので、基本的に無制限で利用できるサービスがおすすめです。

また、利用する端末や契約する回線によって平均速度も変わるので、より高速で通信したい人は申込み前に確認しておきましょう。

ただし、無線のモバイル回線で接続するホームルーターは、有線で直接インターネットをつなげる光回線と比べると速度が安定しないことがあります。

また、据え置き型の機器なので、ポケットWiFiのように外に持ち運んで利用はできませんよ。

家でも外でも場所を選ばないならポケットWiFiがおすすめ

ホームルーターと同じモバイル回線の電波を小型の機器で受信するのが、ポケットWiFiです。

ポケットWiFiがおすすめな人

  • マンション・アパート住まいの人
  • 1人暮らしの人
  • 家でも外でも場所を選ばずネットをしたい人
  • 大容量で安くネットを契約したい人
  • すぐにインターネットを使いたい人

ポケットWiFiは持ち運びできるほど小さな機器なので、スマホやタブレットを外でも家でも自由に使えますよ。

ただし、同時に接続できる機器が10台前後で、無制限につなげられる光回線や35台前後の機器がつなげられるホームルーターと比べると少ないです。

また、ポケットWiFiもモバイル回線なので、回線速度は光回線のように安定しませんが、据え置き型で大きなアンテナが内蔵されているホームルーターと比べても遅いですよ。

ポケットWiFiは3つのネット回線の中では、速度よりも持ち運びできる利便性を重視する人が向いています。

ポケットWiFiの契約先を選ぶときは、以下のポイントを重視しましょう。

ポケットWiFiを選ぶ際にチェックすべきポイント

  • 必要なデータ容量をカバーできるか
  • 速度制限は厳しくないか
  • 実質料金は安いか
  • 平均速度は安定している

ポケットWiFiは契約する会社によって、1か月に利用できるデータ容量がさまざまです。

20GBほどの小容量を安く契約できる会社から、100GB~無制限のプランを提供するところもあるので、自分が必要とするデータ量に応じて選びましょう。

また、ネットをつなぐために契約する回線や端末によって平均速度は異なるので、速度にこだわる方はどのポケットWiFiが安定して通信できるのか、口コミや速度測定サイトからチェックしておいてくださいね。

2020年最新ネット回線比較!おすすめ窓口を解説

結論、あなたの希望や条件にあったおすすめのネット回線は、こちらです!

※タップで記事内の解説へジャンプします

光回線はこんな人
にオススメ!

オンラインゲームや動画配信など
高速での通信を求める人
・自宅で光回線の工事が可能な人
・速度制限なしの無制限プランを
契約したい人
・スマホにあわせてネット回線を
選びたい人
・光電話や光テレビなども利用したい人
ドコモユーザーならドコモ光一択!【全国】
ソフトバンクユーザーならまずは
NURO光!【地域限定】
NURO光がエリア外なら
ソフトバンク光!【全国】
auユーザーならまずは
auひかり!【関西・東海・沖縄以外】
auひかりがエリア外なら
So-net光!【全国】
格安SIMユーザーなら
NURO光・auひかり・So-net光!【安さを重視】
あまりネットを使わないなら
BB.excite光Fit
【通信量で料金変わる】
ホームルーター
こんな人にオススメ

・マンションやアパート住まいの人
・物件で光回線の工事ができない人
・自宅メインでネットを利用する人
・ある程度安定した速度を求める人
・家族でシェアして使いたい人
・すぐにインターネットを使いたい人
実質料金が安いモバレコAir
速度も安定のWiMAX
ポケットWiFi
こんな人にオススメ

・マンションやアパート住まいの人
・1人暮らしの人
・場所を選ばずネットをしたい人
・大容量で安くネットを契約したい人
・すぐにインターネットを使いたい人
無制限&速度重視ならWiMAX
大容量100GBならMugen WiFi
中容量50GBならEx Wi-Fi
20GB程度ならZEUS WiFi!

あなたに向いているネット回線がわかったら、その中から契約先を選びましょう。

自分にとってもっともメリットがある契約先を見つけるためには、人気の事業者を比較するのがおすすめです。

2020年最新のインターネット窓口を全80社徹底比較し、もし自分が契約するなら本当にお得だと感じるキャンペーンだけを集めて表にしました!

実質料金の安さ順に並べたので、ぜひチェックしてくださいね。

種類 事業者 2年間の実質料金 エリア セット割 キャッシュバック 平均速度
戸建て マンション
ポケットWiFi ZEUS WiFi
(縛りあり)
20GB
2,023円
ソフトバンク
下り:17.64Mbps
上り:10.48Mbps
ホームルーター モバレコエアー
2,507円
ソフトバンク
ソフトバンク
・ワイモバイル
17,000円
下り:27.3Mbps
上り:4.32Mbps
光回線
auひかり
※1
2,946円
1,746円
関西・東海以外
(マンションは全国)
au
最大60,000円
下り:325.89Mbps
上り:304.77Mbps
ポケットWiFi Ex Wi-Fi
50GB
2,789円
ソフトバンク
・au
・ドコモ
データなし
光回線
NURO光
3,274円
1,383円
北海道・関東・
関西・東海・九州
ソフトバンク
45,000円
下り:397.08Mbps
上り: 396.6Mbps
ホームルーター・
ポケットWiFi
GMOとくとくBB WiMAX
2,906円
WiMAX2+
・au
au
・UQモバイル
最大31,000円
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
ポケットWiFi Mugen WiFi
100GB
3,144円
ソフトバンク
・au
・ドコモ
下り:16.64Mbps
上り:9.77Mbps
ホームルーター
ソフトバンクエアー
3,012円
ソフトバンク
ソフトバンク
・ワイモバイル
30,000円
下り:27.3Mbps
上り:4.32Mbps
光回線 ピカラ光
3,250円
2,150円
四国
au
30,000円
下り:286.66Mbps
上り:212.69Mbps
ホームルーター・
ポケットWiFi
Broad WiMAX
3,337円
WiMAX2+
・au
au
・UQモバイル
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
光回線 BBIQ光
3,392円
2,929円
九州
最大30,000円
下り:264.43Mbps
上り:195.94Mbps
光回線 メガエッグ光
3,492円
2,492円
中国
au
20,000円
下り:318.92Mbps
上り:229.89Mbps
So-net光
プラス
3,939円
2,981円
全国
au
下り:222.31Mbps
上り:186.73Mbps
BIGLOBE光
4,127円
3,168円
全国
最大30,000円
下り:202.38Mbps
上り:176.74Mbps
eo光
4,146円
3,297円
関西
下り:341.46Mbps
上り:310.07Mbps
BB.excite光Fit
(30GB)
4,463円
3,571円
全国
下り:242.9Mbps
上り:166.16Mbps
コミュファ光
4,098円
3,890円
東海
au
最大35,000円
下り:400.29Mbps
上り:299.79Mbps
ドコモ光
※2
4,754円
3,604円
全国
ドコモ
最大20,000円
下り:198.86Mbps
上り:176.72Mbps
ソフトバンク光
5,088円
3,746円
ソフトバンク
・ワイモバイル
最大33,000円
下り:214.91Mbps
上り:165.59Mbps
フレッツ光
東日本

※3
6,725円
4,827円
東日本
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps
フレッツ光
西日本

※3
6,342円
5,115円
西日本
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps

※価格は税抜、新規契約の場合、実質料金=(2年分の月額料金+光電話料金+初期費用―キャッシュバック額)÷24、
平均速度はみんなのネット回線速度調べ
※1:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合
※2:タイプAの場合
※3:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合

それぞれくわしくサービス内容やお得なキャンペーンが受けられる窓口を、解説していきますよ!

光回線はセット割や料金で決めよう!キャリア別おすすめ6選

光回線を契約しようと思った方は、お使いのスマホとのセット割が利用できる事業者か、実質料金が他社より安い事業者を選びましょう。

実質料金は月額料金だけでなく、開通工事費や事務手数料といった初期費用、キャッシュバックなどの割引額を差し引きし、2年間で支払う総額を計算したものです。

2020年最新の光回線事業者を実質料金も含めて、一挙比較してみましょう。

事業者 2年間の実質料金 エリア セット割 キャッシュバック 平均速度
戸建て マンション
auひかり
※1
2,946円
1,746円
関西・東海以外
(マンションは全国)
au
最大60,000円
下り:325.89Mbps
上り:304.77Mbps
NURO光
3,274円
1,383円
北海道・関東・
関西・東海・九州
ソフトバンク
45,000円
下り:397.08Mbps
上り: 396.6Mbps
So-net光
プラス
3,939円
2,981円
全国
au
下り:222.31Mbps
上り:186.73Mbps
ピカラ光
3,250円
2,150円
四国
30,000円
下り:286.66Mbps
上り:212.69Mbps
BBIQ光
4,421円
2,929円
九州
最大30,000円
下り:264.43Mbps
上り:195.94Mbps
メガエッグ光
3,796円
2,838円
中国
au
20,000円
下り:318.92Mbps
上り:229.89Mbps
BIGLOBE光
4,127円
3,168円
全国
最大30,000円
下り:202.38Mbps
上り:176.74Mbps
eo光
4,146円
3,297円
関西
下り:341.46Mbps
上り:310.07Mbps
BB.excite光Fit
(30GB)
4,463円
3,571円
全国
下り:242.9Mbps
上り:166.16Mbps
コミュファ光
4,098円
3,890円
東海
au
最大35,000円
下り:400.29Mbps
上り:299.79Mbps
ドコモ光
※2
4,754円
3,604円
全国
ドコモ
最大20,000円
下り:198.86Mbps
上り:176.72Mbps
ソフトバンク光
5,088円
3,746円
ソフトバンク
・ワイモバイル
最大33,000円
下り:214.91Mbps
上り:165.59Mbps
フレッツ光
東日本

※3
6,725円
4,827円
東日本
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps
フレッツ光
西日本

※3
6,342円
5,115円
西日本
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps

※価格は税抜、新規契約の場合、実質料金=(2年間の月額料金+光電話料金+初期費用―キャッシュバック額)÷24、
平均速度はみんなのネット回線速度調べ
※1:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合
※2:タイプAの場合
※3:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合


光回線はキャリアによってセット割を受けられる事業者が違うので、まずは自分が契約しているスマホに対応した回線を第一候補として考えるのがおすすめですよ。

光回線は公式窓口だけでなく、代理店から申込める事業者もあります。代理店窓口から申込めば公式キャンペーンだけでなく、代理店限定のキャッシュバックなども受取れるので、あわせて各事業者のキャンペーン窓口比較も行っていきますよ。

ドコモユーザーならドコモ光

ドコモのスマホや携帯電話とセット割が適用されるドコモ光の特徴を、みてみましょう。

ドコモ光ロゴ
提供エリア
全国
最大通信速度
1Gbps・10Gbps
平均速度
下り:198.86Mbps
上り:176.72Mbps
セット割
ドコモ
初期費用
事務手数料:3,000円
開通工事費:戸建て 18,000円
マンション 15,000円
→キャンペーンで無料!
月額料金
戸建て 5,200円~5,400円
マンション 4,000円~4,200円
公式キャンペーン
・開通工事費無料キャンペーン
・dポイントプレゼント
・ドコモ光セット割

ドコモの「ドコモ光セット割」が適用されるのは、ドコモ光オンリーです。1台あたり500円~1,000円が家族間で最大で20台まで割引されるので、お得ですよ。

ドコモ光を申込むなら、プロバイダのGMOとくとくBBからがおすすめです。

ドコモ光をGMOとくとくBBで申込むメリット

  • v6プラス対応でプロバイダの中でも実測値が速い
  • タイプAのプロバイダで料金が安い
  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • 高性能無線LANルーターがレンタル無料
  • 訪問サポート1回無料
  • dポイント2,000ptプレゼント

ドコモ光は24社からプロバイダを選べますが、契約するプロバイダによって料金がタイプAとタイプBにわかれます。GMOとくとくBBはタイプBよりも200円安いタイプAなので、1年間で4,800円もお得ですよ。

また、ドコモ光は光コラボなので、フレッツ光や他社光コラボの契約者を含め一斉に同じ回線を使います。そのため、夜間や週末は回線が混雑して速度が低下しやすいですが、GMOとくとくBBは最新の通信規格・v6プラスでのサービスを提供しているので速度が安定しやすいですよ。

ネット回線で実際に出る速度を測定できるみんなのネット回線速度では、ドコモ光のプロバイダごとの平均実測値を公開しています。

GMOとくとくBBは24社中2番目に速度が速いので、快適に利用できるとわかりますね。v6プラスを利用するには専用のルーターが必要ですが、GMOとくとくBBは無料でレンタルできるのもうれしいポイントです。

さらに、最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも展開しており、ドコモ光の公式キャンペーンであるdポイントプレゼントとあわせて受取れます。

キャッシュバックが受取れる代理店やプロバイダ窓口を比較しても、GMOとくとくBBは開通から5か月後にキャッシュバックが振り込まれて、申請手続きもメールで口座番号を登録するだけなのでカンタンですよ。

窓口 キャッシュバック プロバイダ別
平均速度
受け取り時期 申請方法
GMOとくとくBB
最大20,000円
下り:250.79Mbps
上り:209.91Mbps
5か月後
メールで手続き
DTI
最大20,000円
下り:175.45Mbps
上り:191.41Mbps
7か月後
メールで
手続き
@nifty
最大20,000円
下り:161.27Mbps
上り:185.91Mbps
1年後
OCN
最大20,000円
下り:194.41Mbps
上り:164.42Mbps
3か月後
ぷらら
15,000円
下り:196.14Mbps
上り:167.67Mbps
5か月後
ドコモnet
下り:208.21Mbps
上り:203.94Mbps
andline
下り:222.17Mbps
上り:197.14Mbps
BIGLOBE
下り:226.85Mbps
上り:186.68Mbps
SIS
下り:47.12
Mbps
上り:129.84Mbps
hi-ho
下り:126.72Mbps
上り:159.19Mbps
IC-NET
下り:154.29Mbps
上り:152.54Mbps
Tigers-net
下り:325.49Mbps
上り:250.43Mbps
エディオンネット
下り:107.92Mbps
上り:119.84Mbps
シナプス
下り:171.94Mbps
上り:106.65Mbps
BB.excite
下り:355.38Mbps
上り:187.24Mbps
楽天ブロードバンド
下り:166.08Mbps
上り:148.25Mbps
TikiTiki
下り:129.93Mbps
上り:225.64Mbps
ネスク
下り:271.62Mbps
上り:192.82Mbps
01光コアラ
下り:207.41Mbps
り:194.25Mbps
@TCOM
下り:180.74Mbps
上り:167.66Mbps
TNC
下り:121.02Mbps
上り:123.99Mbps
WAKWAK
下り:115.76Mbps
上り:150.98Mbps
AsahiNet
下り:169.61Mbps
上り:198.03Mbps
ちゃんぷるネット
データなし

ドコモ光×GMOとくとくBBが気になった方は、こちらのボタンからくわしいキャンペーン内容をチェックしてくださいね。

ソフトバンクユーザーならNURO光

ソフトバンクユーザーや回線速度にこだわりたい人には、NURO光がおすすめです。

NURO光ロゴ
提供エリア
北海道・関東・関西・東海・九州
最大通信速度
2・6・10・20Gbps
平均速度
下り:397.08Mbps
上り: 396.6Mbps
セット割
ソフトバンク
初期費用
事務手数料:3,000円
開通工事費:40,000円
→実質無料!
月額料金
セキュリティソフト・
無線LANルーター込み
戸建て:4,743円
マンション:1,900~2,500円
公式キャンペーン
・45,000円キャッシュバック
(NURO光forマンションは25,000円)
・訪問サポート1回無料
・おうち割光セット

NURO光は自社の回線を使う独立回線で、提供エリアは限られていますが通常プランでも最大通信速度2Gbpsと速度自慢の事業者です。

オンラインゲームや動画配信などを行う人は、下記の提供エリアを確認してNURO光が契約できればぜひ検討しましょう。

地域 都道府県名
北海道
北海道
関東
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
関西
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
東海
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
九州
福岡県、佐賀県

ソフトバンクのスマホや携帯電話をお使いの方なら、NURO光の契約で「おうち割光セット」が受けられますよ。対象プランと光電話の利用で、1台あたり1,000円が家族間で最大10台まで割り引かれます。

また、NURO光では公式特設キャッシュバック窓口からの申込みで、45,000円の現金が開通から6か月後に振り込まれます。

NURO光の公式特設キャッシュバック窓口を、代理店のキャンペーン窓口とも比較してみましょう。

窓口 キャッシュバック 受け取り時期 オプション 申請方法
公式特設
キャッシュバック窓口
45,000円
6か月後
なし
メール
選べる公式
キャンペーン
43,000円
1か月後
なし
メール
アウンカンパニー
最大38,000円
最短1か月後
あり
電話
フルマークス
最大58,000円
最短6か月後・
7か月後
メール
スローダイニング
オープンプラット
最大60,000円
7か月後
メール
Life Bank
最大50,000円
12か月後
書面
価格.com
41,370円
12か月後・
24か月後・
36か月後
なし
メール

代理店のキャンペーン窓口はキャッシュバックの適用条件に有料オプションの加入が必要だったり、振込が開通から期間があくうえに数回にわかれたりします。

NURO光が気になった方はぜひ、キャンペーンが受け取りやすい公式特設キャッシュバック窓口からチェックしてみてくださいね。

NURO光がエリア外ならソフトバンク光

NURO光が提供エリア外だった方で、ソフトバンクとのセット割を利用したい方は光コラボのソフトバンク光を検討してみましょう。

ソフトバンク光
提供エリア
全国
最大通信速度
1Gbps・10Gbps
平均速度
下り:214.91Mbps
上り:165.59Mbps
セット割
ソフトバンク・ワイモバイル
初期費用
事務手数料:3,000円
開通工事費:24,000円
→乗りかえで実質無料!
月額料金
戸建て:5,200円
マンション:3,800円
公式キャンペーン
・開通工事費実質無料キャンペーン(乗りかえ限定)
・他社解約違約金最大100,000円キャッシュバック
・おうち割光セット

ソフトバンク光はソフトバンクとのおうち割光セットが利用できるほか、NURO光では対象外のワイモバイルユーザーもセット割が利用できますよ。

また、他社回線からの乗りかえに対する公式キャンペーンが充実しており、開通工事費相当分や他社解約違約金分をキャッシュバックしてもらえますよ。

ソフトバンク光を申込むなら、キャッシュバックなどのキャンペーンがオプションなしで簡単に受取れる代理店NEXTがおすすめです。

ソフトバンク光のキャンペーン窓口8社を比較してみましょう。

窓口 キャッシュバック 受け取り時期 オプション 申請方法
NEXT
最大36,000円
2か月後
なし
電話で
手続き
アウンカンパニー
エヌズカンパニー
Yahoo!BB
最大25,000円
5か月後
なし
不要
ライフサポート
最大35,000円
記載なし
なし
FAX・
メール
ブロードバンドナビ
最大50,000円
7か月後
あり
サイトから
手続き
Life Bank
最大75,000円
10か月後
あり
サイトから
手続き
STORY
最大80,000円
10か月後
あり
記載なし

NEXT以外にも最大36,000円のキャッシュバックをオプションなしで受取れる代理店窓口はありますが、NEXTは優良代理店としてソフトバンク光からも表彰されているので、安心感があります。

ソフトバンク光の契約を考えているなら、NEXTの申込みサイトからチェックしてみてくださいね。

auユーザーならauひかり

auユーザーやキャンペーンの充実さを重視する人には、auひかりがおすすめです。

提供エリア
戸建て:関西・東海以外
マンション:全国
最大通信速度
1Gbps・5Gbps・10Gbps
平均速度
下り:325.89Mbps
上り:304.77Mbps
セット割
au
初期費用
事務手数料:3,000円
開通工事費:30,000円~37,500円
→キャンペーンで実質無料!
月額料金
戸建て:5,100円
マンション:3,800円~
公式キャンペーン
・開通工事費実質無料キャンペーン
・他社解約違約金最大30,000円キャッシュバック
・auスマートバリュー

auひかりもKDDIの独立回線を使うので提供エリアが限られますが、自社のユーザーだけが利用するので回線が混雑しにくく、速度も安定しています。

料金の安さやキャンペーンの充実さもおすすめできるポイントなので、auひかりの提供エリア内の方は、ぜひ候補として検討しましょう。

auひかりはネット回線の中でも、高額のキャッシュバックが用意されているプロバイダ窓口や代理店窓口が多い傾向があります。

auひかりのキャンペーン窓口をチェックしておきましょう。

窓口 2年間の
実質料金
キャッシュバック 受け取り時期 オプション 申請方法
戸建て マンション
GMOとくとくBB
2,425円
1,642円
最大61,000円
12か月後・
24か月後
あり
メール
代理店
フルコミット
2,946円
1,746円
最大60,000円
1か月後・
6か月後
あり
電話・
メール
代理店
NEXT
3,279円
2,288円
最大52,000円
1か月後・
6か月後
あり
電話・
メール
NNコミュニケーションズ
BIGLOBE
3,363円
2,163円
最大50,000円
11か月後・
24か月後
なし
メール
アシタエクリエイト
3,571円
2,371円
45,000円
1か月後
なし
電話
DTI
3,863円
2,663円
38,000円
13か月後
なし
メール
So-net
3,748円
2,205円

(月額料金割引)
不要
@nifty
3,925円
2,981円
最大30,000円
12
か月後・
24か月後
なし
メール
au one net
5,029円
3,350円
10,000円
4か月後
あり
au WALLET
の申込み
ASAHIネット
6,769円
4,298円
@TCOM
6,409円
4,298円

auひかりでもっともおすすめのキャンペーン窓口は、最短2か月後に最大60,000円のキャッシュバックがもらえる、代理店窓口のフルコミットです。

プロバイダ窓口のGMOとくとくBBのほうがキャッシュバック額は1,000円高いですが、キャッシュバックの申請時期や振込が約1年後と2年後と遅いので、もらい忘れの心配があります。

フルコミットのキャッシュバック申請は、auひかりの開通後にフルコミットへ電話をかけ、振込用の口座番号を教えるだけです。

最短で2か月後には、フルコミット分のキャッシュバックが口座に振込まれますよ。

また、フルコミットのプロバイダ分キャッシュバックは別で受け取りますが、開通から半年後に届くメールで口座番号を登録するだけで、最短即日に全額が振り込まれますよ。

もし、キャッシュバックの受取に不安を感じる方には、月額料金からの大幅割引で特典を還元しているプロバイダ窓口のSo-netもチェックしてみましょう。

auひかりがエリア外ならSo-net光プラス

もし、auひかりの提供エリア外である下記の地域にお住まいの方は、auスマートバリュー対応の光回線の中でもauひかりの次に安く契約できるSo-net光プラスがおすすめですよ。

auひかりが契約できない地域
戸建て マンション
【関西】滋賀県、 京都府、 大阪府、
兵庫県、 奈良県、 和歌山県、 福井県
【東海】岐阜県、 愛知県、 静岡県、 三重県
auひかりの設備が未導入
のアパート・マンション

So-net光プラスは全国区で契約できる光コラボの事業者の中でも、最安値でインターネットが利用できますよ。

提供エリア
全国
最大通信速度
1Gbps
セット割
au
初期費用
事務手数料:3,000円
開通工事費:24,000円
→キャンペーンで実質無料!
月額料金
戸建て:3,480円~
マンション:2,480円~
公式キャンペーン
・開通工事費実質無料キャンペーン
・月額料金大幅割引
・無線LANルーターレンタル無料
・セキュリティソフト無料
・auスマートバリュー

So-net光プラスの安さの秘密はキャッシュバックキャンペーンを公式特典として実施していない代わりに、大幅な月額料金割引を行っている点にあります。

他社回線では有料オプションの場合もある専用ルーターのレンタル料金やセキュリティソフトが無料で、初期工事費も実質無料になるので、契約期間中に支払う料金が抑えられますよ。

So-net光プラスの代理店窓口ではキャッシュバックを用意している会社もありますが、月額料金割引が受けられる公式窓口から申込んだ方がお得です。

窓口 2年間の
実質料金
キャッシュバック 受け取り時期 オプション 申請方法
戸建て マンション
So-net光プラス
公式窓口
3,939円
2,981円
不要
代理店
bloom
3,868円
3,231円
最大50,000円
1
か月後・
6か月後
記載なし
メール
代理店
NEXT
3,660円
3,023円
最大55,000円
当月・
2か月後
なし
電話
代理店
BIGUP
3,827円
3,189円
最大45,000円
2か月後・
6か月後
なし
メール
価格.com
4,215円
3,115円
35,750円
12か月後・
24か月後・
36か月後
なし
メール

安くネット回線を契約したい人は、ぜひSo-net光プラスを候補として考えてみてくださいね。

格安SIMユーザーにおすすめの光回線3選

セット割にあわせて光回線を紹介してきましたが、最近増えている格安スマホユーザーはセット割にこだわるよりも、実質料金がもともと安く速度ともにバランスがよい事業者を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、格安スマホとセット割が対応するネット回線はありますが、割引額がキャリアスマホに比べて少なく、セット割を加味してももっとお得な事業者があるからです。

2020年の最新キャンペーンで実質料金が安い光回線ベスト3は、以下のとおりです。

お住まいが提供エリア内なら、キャンペーンの多さと独立回線ならではの高速通信が魅力のauひかりやNURO光がおすすめです。

もし、地域限定の独立回線が契約できない地域なら、月額料金割引キャンペーンで実質料金が安いSo-net光プラスを利用しましょう。

So-net光プラスは回線が混雑しやすい光コラボですが、v6プラス対応の無線LANルーターを無料でレンタルできるので速度も安定しやすいですよ。

格安スマホユーザーはコスパのよさで、光回線を選びましょう。

とにかく安く光回線を使いたいならBB.excite光 Fit

たまにしかパソコンを使わないライトユーザーや、とにかく光回線の料金を節約したい人は、4段階のデータ量で月額料金が変わるBB.excite光Fitを検討しましょう。

BB.excite光 Fit
提供エリア
全国
最大通信速度
1Gbps
平均速度
下り:242.9Mbps
上り:166.16Mbps
セット割
初期費用
事務手数料:4,000円
開通工事費:15,000円~18,000円
月額料金
戸建て:3,200円~
マンション:2,400円~
公式キャンペーン
・契約期間なし
・解約金なし
・無線LANルータープレゼント

BB.excite光Fitの料金体系は他社光回線のように定額制ではなく、1か月間に使った料金で毎月の支払額が変わります。

BBexcite光Fit
引用:BB.excite光Fit

無制限ほどのデータ量は不要で、料金を抑えながら安定したネット回線を必要としている人には、うれしいですね。

BB.excite光Fitは公式窓口以外に契約できる代理店窓口などはありませんが、公式キャンペーンとして高性能無線LANルーターのプレゼントを実施していますよ。

ホームルーターは安さか速度重視かで決めよう!おすすめ2選

光回線の工事ができない方や、自宅メインでインターネットを利用する方は、ホームルーターを選びましょう。

事業者 2年間の実質料金 エリア セット割 キャッシュバック 平均速度
モバレコエアー
2,507円
ソフトバンク
ソフトバンク
・ワイモバイル
17,000円
下り:27.3Mbps
上り:4.32Mbps
ソフトバンクエアー
3,012円
30,000円
GMOとくとくBB WiMAX
2,864円
WiMAX2+
・au
au
・UQモバイル
最大31,000円
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
Broad WiMAX
3,337円

※価格は税抜、新規契約の場合、実質料金=月額料金×24か月+初期費用―キャッシュバック額、
平均速度はみんなのネット回線速度調べ

ホームルーターでおすすめなのは、以下の2つです。

おすすめのホームルーター2選

※タップで記事内の解説へジャンプします

料金の安さを重視するか、インターネットの速さを重視するかによってどちらがあなたにあっているか変わりますよ。

実質料金が安いモバレコAir

モバレコエアーはソフトバンクが提供するホームルーター・ソフトバンクエアーのアライアンスモデルです。

アライアンスモデルということは、端末やサービスは同じだけど販売する会社が違うということよね。

モバレコエアーとソフトバンクエアーは、利用する回線や端末はまったく同じなので、提供エリアや速度などの通信品質に違いはありません。

まずはモバレコエアーの特徴を一覧表で確認しておきましょう。

モバレコエアー-ロゴ
エリア
全国
(AXGP回線の提供エリア)
最大通信速度
下り最大962Mbps
平均速度
下り:27.3Mbps
上り:4.32Mbps
セット割
ソフトバンク・ワイモバイル
端末代金
購入:実質無料
レンタル:490円/月
1か月のデータ容量
無制限
月額料金
購入:1,970円~
レンタル:2,460円~
公式キャンペーン
・月額料金大幅割引キャンペーン
・キャッシュバック17,000円
・他社解約違約金最大100,000円まで還元
・おうち割光セット

モバレコエアーでは独自の月額料金割引と17,000キャッシュバックを実施しているので、実質料金がソフトバンクエアーよりも安いですよ。

ソフトバンクエアーにはキャッシュバックを用意する代理店窓口がありますが、その中でも料金割引も受けられるモバレコエア―の安さは際立っています。

2年間の実質料金 キャッシュバック 受取時期
モバレコAir
2,507円
17,000円
翌月末
代理店ACE
2,837円
34,200円
記載なし
代理店NEXT
3,012円
30,000円
2か月後
代理店
アウンカンパニー
代理店
エヌズカンパニー
ソフトバンクエアー
公式サイト
4,262円
0円

1か月のデータ量も無制限なので、たっぷりインターネットを楽しめますね。ただし、回線が混みあいやすい夜間などは速度制限がかかる場合もあります。

みんなのネット回線速度の時間帯ごとの平均速度をみると、夜はとくに速度が低下しやすいとわかりますね。

実質料金はモバレコエアーよりも少しあがりますが、安定した速度を重視してホームルーターを選びたい人は、次に紹介するWiMAXも選択肢にいれておきましょう。

速度も安定のWiMAX

独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線を使ってサービスを提供するWiMAXでは、ホームルーターもポケットWiFiも取り扱っています。

WiMAXのホームルーターの特徴は、以下のとおりです。

WiMAX
エリア
全国
(WiMAX2+・au4GLTE回線の提供エリア)
最大通信速度
下り最大1Gbps
上り最大75Gbps
平均速度
下り:41.13Mbps
上り:10.78Mbps
(HOME L02)
セット割
au・UQモバイル
端末代金
無料
(GMOとくとくBBの場合)
1か月のデータ容量
実質無制限
(3日間で10GB以上の速度制限あり)
月額料金
無制限:3,609円~
(GMOとくとくBBの場合)
公式キャンペーン
・auスマートバリュー
・ギガMAX月割
・最大31,000円キャッシュバック
(GMOとくとくBBの場合)

WiMAXのホームルーターで人気のHOME L02はエリアや有線接続などの条件を満たせば、下り最大通信速度1Gbpsと高速通信が期待できます。

また、2020年1月発売の最新機種HOME02も、つながりやすい周波数を自動切り替えて接続してくれるので、障害物や家電製品などの多い室内でも安定してホームルーターを使えますよ。

ただし、WiMAXは3日間で10GB以上利用すると、翌日の夕方6時から翌々日の深夜2時頃にかけて約8時間の速度制限がかかります。速度制限後もおおむね1Mbpsの速度がでるのでYouTubeを見る程度の使い方はできますが、オンラインゲームなど高速通信が必要な方は注意が必要です。

WiMAXはUQWiMAXが回線や端末を提供していますが、プロバイダからも契約ができます。WiMAXは契約するプロバイダによって、月額料金や端末代金、キャッシュバックなどのキャンペーンが違うので、最新の情報で比較しましょう。

結論、WiMAXは高額キャッシュバックを用意しているGMOとくとくBB WiMAXからの申込みがおすすめですよ。

2年間の実質料金 端末無料 キャッシュバック 受取時期
GMOとくとくBB
WiMAX
2,864円
31,000円
12か月後
Broad
WiMAX
3,337円
So―net WiMAX
3,864円
DTI
WiMAX
3,366円
カシモ
WiMAX
3,464円
hi―ho WiMAX
4,246円
novas wimax
4,005円
Tiki
モバイル
WiMAX
4,115円
BIGLOBE
WiMAX
4,114円
15,000円
1か月後
UQWiMAX
4,468円
KT
WiMAX
4,468円

GMOとくとくBBでは最新機種が端末無料で手に入るうえに、ホームルーターなら最大31,000円のキャッシュバックが受けられますよ。

<機種端末ごとのキャッシュバック額>
WX06 30,000円
WX06+クレードル 26,000円
HOME 02 31,000円
W06 30,000円
HOME L02 31,000円

ただし、GMOとくとくBB WiMAXはクレジットカードでの支払いのみ対応しています。

もし、口座振替でホームルーターを契約したい方は、Broad WiMAXがおすすめですよ。

Broad WiMAXはGMOとくとくBB WiMAXの次に実質料金が安く、キャッシュバックはありませんが、月額料金の割引キャンペーンを実施しています。

引用:Broad WiMAX

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダは数少ないので、ぜひBroad WiMAXも検討してみてくださいね。

ポケットWiFiは1か月のデータ量で決めよう!おすすめ4選

小型で持ち運び可能なポケットWiFiは、1か月に利用できるデータ容量や料金が契約する会社によってさまざまです。

最新のポケットWiFi5社を比較してみましょう。

事業者 2年間の実質料金 エリア セット割 キャッシュバック 平均速度
ZEUS WiFi
(縛りあり)
20GB
2,023円
ドコモ
下り:17.64Mbps
上り:10.48Mbps
Ex Wi-Fi
50GB
2,789円
ソフトバンク
・au
・ドコモ
データなし
GMOとくとくBB WiMAX
2,906円
WiMAX2+
・au
au
・UQモバイル
30,000円
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
Mugen WiFi
100GB
3,144円
ソフトバンク
・au
・ドコモ
下り:16.64Mbps
上り:9.77Mbps
Broad WiMAX
3,337円
WiMAX2+
・au
au
・UQモバイル
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)

※価格は税抜、新規契約の場合、実質料金=2年間の月額料金+初期費用―キャッシュバック額、平均速度はみんなのネット回線速度調べ

ポケットWiFiはずばり、1か月に利用できるデータ量で決めましょう。

人それぞれ、必要なデータ量は異なるのでニーズにあわせたおすすめのポケットWiFiを紹介していきますよ。

データ量ごとのおすすめポケットWiFi4選

無制限&速度重視ならWiMAX

ホームルーターでもおすすめだったWiMAXは、ポケットWiFiも契約できます。

WiMAX
エリア
全国
(WiMAX2+・au4GLTE回線の提供エリア)
最大通信速度
下り最大1.2Gbps
上り最大75Gbps
平均速度
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
セット割
au・UQモバイル
端末代金
無料
(GMOとくとくBBの場合)
1か月のデータ容量
実質無制限
(3日間で10GB以上の速度制限あり)
月額料金
7GB・無制限:3,609円~
(GMOとくとくBBの場合)
公式キャンペーン
・auスマートバリュー
・ギガMAX月割
・最大31,000円キャッシュバック
(GMOとくとくBBの場合)

WiMAXのポケットWiFiは独自のWiMAX2+回線に加え、つながりにくい場所ではauの4GLTE回線が使えるので、移動が多い人でも安心ですよ。

WiMAXのポケットWiFi最速は、下り最大1.2GbpsのW06です。また、2020年モデルのWX06も下り最大440Mbpsながら、速度を安定させる技術が搭載されていますよ。

ただし、WiMAXは無制限プランでも3日間で10GBの速度制限がある点と、auの4GLTTE回線での通信が月に7GB以上を超えると最大128Kbpsの速度測定が月末までかかってしまうので注意しましょう。

ポケットWiFiタイプも、最大31,000円のキャッシュバックが受けられるGMOとくとくBB WiMAXからの申込みがおすすめですよ。

大容量100GBならMugen WiFi

1か月に100GBほどの大容量プランを契約したい方は、Mugen WiFiがおすすめです。

エリア
全国
(ソフトバンク・au・ドコモのLTE回線提供エリア)
通信速度※
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
平均速度
下り:16.64Mbps
上り:9.77Mbps
契約期間
2年
データ容量
100GB
※超過後は月末まで128kbpsに低下
月額料金
3,150円
公式キャンペーン
・ 端末代金無料
・30日間おためし全額返金キャンペーン

Mugen WiFiはクラウドSIMという最新技術を採用しており、ソフトバンク・au・ドコモのトリプルキャリア回線を今いる場所にあわせて自動的に切り替えます。

また、海外でも国内と同じ端末を使って現地のLTE回線に接続してくれますよ。

月額料金も100GBで3,150円と安いので、場所を選ばず大容量のプランを利用したい人はぜひ検討してみましょう。

中容量50GBならEx Wi-Fi

Ex Wi-Fi CLOUD
エリア
全国
(ソフトバンク・au・ドコモのLTE回線提供エリア)
通信速度※
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
平均速度
データなし
契約期間
3年
データ容量
50GB~100GBまで
※超過後は月末まで384kbpsに低下
月額料金
【50GB】2,780円
【100GB】3,250円
公式キャンペーン
・端末代金無料
・3年割

Ex Wi-FiもクラウドSIMを使ってインターネットを接続できます。

Ex Wi-Fiなら50GBまでの中容量で2,780円と安いですよ。もし、データ容量を超えても最大384Kbpsの速度がでます。

データ上限があるポケットWiFiの場合、契約しているデータ量を超えると最大128Kbpsの低速になるので、Ex Wi-Fiは比較的安心ですね。

20GB程度ならZEUS WiFi

無制限プランほどデータ量が必要なく、たまに外出先でパソコンやタブレットを使いたいという方は、小容量のプランが安く利用できるZEUS WiFiがおすすめです。

zeuswifi_ロゴ
エリア
全国
(ソフトバンクのLTE回線提供エリア)
通信速度※
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
平均速度
下り:17.64Mbps
上り:10.48Mbps
契約期間
【縛りあり】2年
【縛りなし】-
データ容量
20GBまで
(40GB・100GBのプランもあり)
※超過後は月末まで128kbpsに低下
月額料金
【縛りあり】1,980円
【縛りなし】2,380円
公式キャンペーン
・ 端末代金無料
・2年経過後は解約手数料無料
(縛りありプランの場合)

ZEUS WiFiは契約期間によって月額料金が変わり、いつ解約しても解約金がかからない縛りなしプランも選べますよ。

2年間の契約期間で申込むなら、月に20GBで1,980円という低料金でインターネットを契約できます。

端末のレンタル代も無料なうえ、縛りありプランであっても契約から2年経過後はいつ解約しても違約金がかかりませんよ。

ネット回線選びで失敗しない3つのポイント

ネット回線選びで失敗しないためには、以下の3つのポイントに注目すべきです。

ネット回線選びで失敗しない3つのポイント

※タップで記事内の解説へジャンプします

  1. 提供エリア
  2. 通信速度
  3. 料金やキャンペーン

基本的に光回線・ホームルーター・ポケットWiFiどれを選ぶ際にも当てはまることなので、自分が契約すべきネット回線はなんとなくわかったけれど、どこで申し込もうか迷っている人はぜひ参考にしてくださいね。

ポイント1.提供エリア

ジャンルを問わず、すべてのネット回線は提供エリア内でなければ利用ができません。

たとえば、光回線の場合、フレッツ光や光コラボは日本全国で利用できますが、NURO光、auひかり、コミュファ光、eo光などの独立回線は地域限定です。

まずはキャンペーン内容や通信速度以前に、自分が住んでいる地域で契約できる回線がどれか確認すべきですよ。

また、ホームルーターやポケットWiFiで使うモバイル回線の場合は、携帯電話のLTE回線でインターネットをつなげるサービスも多く、携帯電話がつながる場所であれば基本的に使えます。

ただし、無線の電波を専用端末で受信するので、提供エリアはもちろん、電波が遮断されやすい建物の中や地下街などはつながりにくい場合もあります。

たとえば、ホームルーターやポケットWiFiを提供するUQWiMAXでは、15日間無料で使用感を試せる「Try WiMAX」も展開しているので、モバイル回線のエリアに不安を感じる場合は利用してみましょう。

ポイント2.通信速度

ネット回線の速度は利用する回線や種類、プロバイダなどによって異なります。

まずは自分がインターネットをどのような目的で使いたいか、必要な速度がどれくらいかを理解すべきですよ。

インターネットの主な用途ごとに必要な速度を表でまとめたので、確認しておきましょう。

利用内容 必要な速度
5Mbps以下
・メールの送受信
・YouTubeのHD画質の動画再生
5~10Mbps
・シンプルなサイトの閲覧
・ブログの更新
25Mbps以上
・ソフトのダウンロード
・音や映像が流れるサイトの閲覧
・4K画質の動画再生
30Mbps以上
・PS4などのオンラインゲーム
・大容量のデータダウンロード

ネット回線の最大通信速度は光回線で下り・上りともに最大1Gbps、ホームルーターやポケットWiFiも機種によっては下り最大1Gbps前後のものがあります。

ただし、ネット回線の最大通信速度はベストエフォート型といって実際に出る速度ではなく、「高速通信できるように最大限の努力をする」という理論値です。

実際には光回線で最速のコミュファ光で平均速度は下り400Mbps、上り299Mbpsほどです。最大1Gbpsの回線速度でも、1/2~1/3程度出ていれば高速と評価できるのが現状ですよ。

モバイル回線では、下り最大1.2Gbpsの最大通信速度を誇るWiMAXのW06でも、平均速度は下り37.76Mbps、上り5.35Mbpsです。

上り速度が重要になる動画やデータのアップロードを頻繁に行う人は、モバイル回線では少し力不足と感じる可能性がありますよ。

ネット回線の速度を重視する際には最大通信速度ではなく、ユーザーの実測値や速度に関する口コミをチェックしましょう。

ポイント3.料金やキャンペーン

自分の住んでいる地域で目的にあった速度がでるネット回線を見極めたら、条件のなかでもっとも安くお得なキャンペーンを受けられる窓口を選びましょう。

月額料金やキャンペーンを含めてどこがお得か比較するなら、実質料金をチェックすべきですよ。

初期費用や契約期間中に支払う月額料金の総額から、キャッシュバックなどの割引額を差し引いた実質料金を比較すれば、本当に安いのはどこかがわかります。

また、魅力的なキャンペーンを重視して契約先を選ぶなら、キャンペーンの適用条件や申請方法にも注目しましょう。

高額なキャッシュバックに釣られて適用条件を確認せずに申込むと、希望する金額を受け取るために有料オプションをいくつも契約しなくてはいけなかったり、インターネットに関係のないウォーターサーバーなどのサービスも同時契約しなくてはいけなかったりする窓口もあります。

また、キャッシュバックには基本的に申請手続きが必要で、開通から1年以上期間があいてから複雑な手順を踏まなくてはいけない場合は、結局申請漏れや手続きができずに特典を受け取れないこともありますよ。

キャンペーンが受けられるネット回線を選ぶ際は、確実にキャッシュバックなどを受け取れる条件や手続きを提示している窓口を選びましょう。

セット割にも注目しよう

ネット回線を比較するときは、実質料金とあわせてお使いのスマホとのセット割にも注目すべきです。

もし、他社回線より月額料金が高くても、セット割で携帯電話料金から1台あたり500円~1,000円の割引が受けられれば、通信費の合計はお得になることがありますよ。

各スマホキャリアとセット割に対応するネット回線と月間割引額を、確認しておきましょう。

種類 回線事業者 セット割 割引額
光回線 NURO光
ソフトバンク
1,000円
ソフトバンク光
ソフトバンク
ワイモバイル
500円~1,000円
auひかり
au
500円~1,000円
So-net光
プラス
BIGLOBE光
eo光
コミュファ光
ドコモ光
ドコモ
500円~1,000円
DTI光
DTI SIM
150円
enひかり
UQmobile
100円
OCN光
OCNモバイル one
200円
モバイル回線 WiMAX
au
UQmobile
500円~1,000円
ソフトバンクエアー
ソフトバンク
ワイモバイル
500円~1,000円

モバイル回線はサービス自体の月額料金が安いこともあり、セット割が利用できるのは、WiMAXとソフトバンクエアー(モバレコエアー)だけです。

光回線は選択肢も多いので、たとえばauユーザーなら同じくauスマートバリューが適用される事業者の中からもっともメリットを感じる契約先を選びましょう。

今話題の格安スマホともセット割が利用できる回線もありますが、割引額自体は少ないので、格安スマホユーザーはセット割よりも実質料金を重視して選ぶのがおすすめですよ。

ネット回線にまつわるQ&A

最後にネット回線にまつわるよくある質問に、答えていきましょう!

ネット回線の契約に疑問や不安が残っている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

ネット回線のプロバイダって必要?

ネット回線において、とくに光回線はプロバイダがなくては接続ができません。

光回線のプロバイダとは、契約したネット回線と自宅をつなぐ橋渡し役ですよ。

引用:フレッツ光

光回線を利用する際には回線事業者とは別に、プロバイダ会社とも契約しなくてはいけません。

しかし現在ではプロバイダ一体型といって、回線事業者との契約だけでプロバイダへの申込やプロバイダ料金がすべて込みになっている光回線も多いので、ややこしさを感じる人は一体型を選びましょう。

また、WiMAXでも運営元のUQWiMAX以外の契約先はプロバイダと呼ばれています。

しかし、WiMAXのプロバイダはどちらかというとUQWiMAXの販売代理店という意味合いが強いですよ。

WiMAXはプロバイダによって月額料金やキャンペーン内容が違い、UQWiMAXよりもお得な会社も多いので、しっかり比較して特典が多く受けられるところから契約しましょう。

光コラボってなに?

光コラボとは光回線の一種で、NTTのフレッツ光で使われているネット回線を借り受けてサービスを提供する事業者のことです。

主な光回線事業者

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • So-net光
  • BIGLOBE光
  • BB.excite光Fit
  • OCN光
  • ぷらら光 など全国500社以上

フレッツ光を含めすべての光コラボは同じNTTの光回線を使うので、提供エリアや最大通信速度は同じです。

しかし、運営する会社が違うので月額料金や工事費用、キャンペーン内容は違いますし、提携するプロバイダも違います。

光コラボを選ぶときは、料金やキャンペーン、セット割を重視して選ぶといいですよ。

光回線の転用や事業者変更ってなに?

光回線を乗りかえる方法として、「転用」や「事業者変更」という選択肢もあります。

転用や事業者変更も、主に光コラボに関係した手続きですよ。

現在の回線 乗りかえ先 手続方法 必要なもの
フレッツ光⇒
光コラボ
転用
転用承諾番号
光コラボ⇒
・フレッツ光
・他社光コラボ
事業者変更
事業者変更承諾番号
・フレッツ光⇒
・光コラボ⇒
・独立回線⇒
独立回線
新規契約

同じ回線を使うフレッツ光や光コラボ間での乗りかえは、転用や事業者変更をすることで回線工事が不要になったり、光電話などのオプションが引き継げたりします。

また、フレッツ光から光コラボへの転用なら、契約期間内の解約で発生する違約金が免除されるのでお得ですよ。

ネット回線をキャリアショップや家電量販店で申し込むのはお得じゃない?

結論、ネット回線はサイトから契約ができる窓口で申し込むのがおすすめです。

ドコモショップやauショップなどのキャリアショップや家電量販店などでもネット回線は契約できますが、店舗を構える窓口はどうしても人件費や家賃がかかってしまいます。

そのため、キャンペーンとして契約者に還元できる利益が申込サイトと比べると少なくなり、お得度が半減してしまいますよ。

スタッフと対面で相談しながら契約できるのは店舗窓口のメリットですが、キャンペーンを重視するなら申込サイトから契約しましょう。

マンションやアパートの無料ネット回線ってどう?

最近のアパートやマンションでは、「インターネット完備」を売りにしている物件もあります。

ネット完備の物件は無料でインターネットが利用できるので、お得感がありますよね。

しかし、マンションに導入済みのネット回線は最大通信速度が遅いプランや、光回線よりも遅いケーブル回線の場合もあります。

インターネット無料のアパートに住んでいる人の中には、スマホのモバイル回線でつないだほうが速いという声もありました。


WiMAXで速度制限がかかったときの速度である1Mbpsのプランで、インターネット無料という物件もあるようです。


料金をできるだけ抑えてインターネットを利用したい人は物件備え付けの回線でも問題ないかもしれませんが、速度を重視したい人は利用できる回線のプランなどを確認しておきましょう。

また、物件によっては備え付けのネット回線以外は工事の許可が下りず、ホームルーターやポケットWiFiしか選択肢がない場合もあるので注意してくださいね。

ネット回線の速度制限って解除できるの?

ネット回線には、一定のデータ利用量を超えると速度制限がかかる場合があります。

たとえば、WiMAXの場合は無制限プランでも3日間で10GB以上のデータ通信をすると、夕方から深夜にかけて速度が低下しますよ。

速度制限がかかった場合、スマホなどは追加のデータ容量を購入して解除できることもありますね。

しかし、ネット回線の場合は基本的に速度制限期間が過ぎるのを待つしか方法はありません。

ネット回線の速度制限を回避するためには、データ利用量を確認しながら使ったり、十分なデータ容量があるプランで契約するなどの工夫が必要ですよ。

ネット回線の解約に費用はかかる?

ネット回線の解約時には、契約内容や事業者によって以下の費用がかかることがあります。

ネット回線の解約費用

  • 解約月の利用料金
  • 解約違約金
  • (光回線)開通工事費の残債
  • (光回線)回線撤去費用
  • (モバイル回線)端末代金の残債

契約期間が定められているネット回線では、契約期間内の解約で違約金が発生します。

また、光回線なら開通工事費、モバイル回線なら専用端末の代金が初期費用としてかかりますが、多くの場合分割で支払いますよ。

もし、分割払い期間中に解約すると違約金とは別に初期費用の残債を一括請求されてしまいます。

ネット回線を契約するときは、もし解約するならどれくらいの費用がかかるのか、いつ解約すれば無料で手続きできるのかもしっかり確認しておきましょう。

まとめ

今回は80社のネット回線の中から本当にお得で安心して契約できるのはどこか、徹底的に調査しました!

結論として、2020年にあなたが契約すべきネット回線は、インターネットの利用目的やデータ容量ごとに以下のとおりですよ。

※タップで記事内の解説へジャンプします

光回線はこんな人
にオススメ!

オンラインゲームや動画配信など
高速での通信を求める人
・自宅で光回線の工事が可能な人
・速度制限なしの無制限プランを
契約したい人
・スマホにあわせてネット回線を
選びたい人
・光電話や光テレビなども利用したい人
ドコモユーザーならドコモ光一択!【全国】
ソフトバンクユーザーならまずは
NURO光!【地域限定】
NURO光がエリア外なら
ソフトバンク光!【全国】
auユーザーならまずは
auひかり!【関西・東海・沖縄以外】
auひかりがエリア外なら
So-net光!【全国】
格安SIMユーザーなら
NURO光・auひかり・So-net光!【安さを重視】
あまりネットを使わないなら
BB.excite光Fit
【通信量で料金変わる】
ホームルーター
こんな人にオススメ

・マンションやアパート住まいの人
・物件で光回線の工事ができない人
・自宅メインでネットを利用する人
・ある程度安定した速度を求める人
・家族でシェアして使いたい人
・すぐにインターネットを使いたい人
実質料金が安いモバレコAir
速度も安定のWiMAX
ポケットWiFi
こんな人にオススメ

・マンションやアパート住まいの人
・1人暮らしの人
・場所を選ばずネットをしたい人
・大容量で安くネットを契約したい人
・すぐにインターネットを使いたい人
無制限&速度重視ならWiMAX
大容量100GBならMugen wiFi
中容量50GBならEx Wi-Fi
20GB程度ならZEUS WiFi!

提供エリアや平均速度、お得なキャンペーンや月額料金などをしっかり比較し、自分にぴったりの回線を見つけてくださいね!

インターネット

あなたが選ぶべき一番安いインターネット回線はこれだ!|状況別に徹底比較

[2020年11月更新] 安いインターネット回線を契約したい人に、最新の光回線・モバイル回線全21社で料金やキャンペーンを比較した結果を紹介します。あなたにとって一番安いインターネット回線の選び方、および申し込み窓口をわかりやすく解説しますよ。
auひかり

【最新】auひかりのキャンペーン窓口16社を徹底比較!|窓口選びで失敗しない5つのポイント

[2020年11月更新] auひかりは公式特典とあわせて独自キャンペーンが受け取れるプロバイダや代理店からの申し込みがお得です。この記事では、どこが一番お得にauひかりを申し込めるのか、窓口16社を比較の上、詳しく解説していきますよ!
ホームルーター

置くだけWiFiを申し込むならこれだ!申し込み窓口全20社比較・選び方も徹底解説

[2020年11月更新] 工事不要の置くだけWiFiについて、料金・速度・機種・速度制限などから比較して、あなたにピッタリのオススメを紹介していきます!また、選び方のポイントや気になる疑問点についても詳しく解説します!
インターネット

【徹底比較】アパート使える!安くてはやオススメインターネット回線はこれだ!

[2020年11月更新] アパートで使えるおすすめのインターネット回線について、建物のネット対応状況別に解説します。また、お得な申し込み窓口も紹介しています!アパートで使えるインターネット回線をお探しの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!
インターネット

プロバイダを選ぶならこれだ!状況別にオススメのプロバイダや選び方を解説

[2020年11月] 光回線を選ぶうえで、どのプロバイダがいいかについても迷いますよね。この記事では、料金面や速度面から比較のもと、オススメのプロバイダや選ぶポイントを紹介していきます!ぜひ参考にしてみてくださいね!
ソフトバンク光

ソフトバンク光で1番お得なキャッシュバックはこれだ!|15社を徹底比較

[2020年11月更新] ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを15社比較した結果、一番お得なキャンペーンがある申し込み窓口を紹介します。キャンペーンに関する注意点やよくある質問についても解説していますので、参考にしてみてくださいね!
光回線

マンションで光回線を使うならこれだ!インターネット対応状況に合わせて徹底解説!

[2020年11月更新] マンションのインターネット対応状況に合わせて、速度などの性能面と料金面からお得に使える光回線を解説していきます。マンションで光回線を使う場合の注意点や手順についても紹介していきますよ!
auひかり

【最新】auひかりのプロバイダ8社を徹底比較!選ぶべきプロバイダはこれだ!

[2020年11月更新] auひかりで契約できるプロバイダは全8社あります。この記事では各プロバイダを比較の上、重視したいポイント別にオススメのプロバイダを紹介しています!無料サービスやお得な申し込み特典についても解説していきますよ。
光回線

一番安い光回線はこれだ!選び方・オススメを詳しく解説

[2020年11月更新] 光回線は、人ぞれぞれの状況によってどこが安いのかが変わります。この記事では、状況別に一番安くて快適に使える光回線を紹介します!また、選ぶときに注目すべきポイントについても解説していくのでぜひチェックしてみてくださいね!
ソフトバンク光

即解決!ソフトバンク光を解約する手順と解約費用を抑える2つの方法

[2020年11月更新] ソフトバンク光を解約する前に知っておきたい、解約の手順や解約時にかかる費用、注意点を解説します。さらに解約違約金をゼロにする方法もご紹介!損せずにソフトバンク光を解約しましょう!
タイトルとURLをコピーしました