ソフトバンクエアーの評判ってどう?実際の口コミとともに契約するメリット・注意点を解説

ソフトバンクエアーの評判ってどう?実際の口コミとともに契約するメリット・注意点を解説 ソフトバンクエアー

ソフトバンクエアーは容り最大962Mbps量完全無制限のホームルーターです。

結論からいうと、以下のような良い評判・悪い評判があるホームルーターです。

以上の点を踏まえると、ソフトバンクエアーは以下のような方に向いています。

  • 開通工事ができない人
  • 引っ越す予定がある人、引っ越しが多い人
  • 月間の容量無制限でネットを使いたい人
  • ソフトバンクスマホを使っている人

今回はソフトバンクエアーを契約するメリットと注意点を深掘りしてご紹介するとともに、実際にソフトバンクエアーを利用している人からの評判も見ていきます。

この記事を読めば、ソフトバンクエアーを申し込むべきかわかるだけでなく、契約する際の注意点や、最安で申し込める窓口までひと目でわかりますよ!

※この記事は2021年4月時点の情報です。

ソフトバンクエアーはこんな人におすすめ!

これらの点を踏まえると、以下のような方にソフトバンクエアーをおすすめできます!

  • 開通工事ができない人
  • 引っ越す予定がある人、引っ越しが多い人
  • 月間の容量無制限でネットを使いたい人
  • ソフトバンクスマホを使っている人

エリア 日本全国

※1

スマホとのセット割 おうち割光セット
最大速度 下り最大350Mbps

※2

初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代 65,340円

※3

キャッシュバック額 17,000円
月額料金 1~2ヶ月:2,167円

3~24ヶ月:3,678円

24ヶ月以降:5,368円

2年間の実質料金 69,858円
2年間の実質月額料金 2,646円

※モバレコエアーから申し込んだ場合
※1:一部エリア外もあり
※2:一部エリアで下り最大962Mbps

ソフトバンクエアーは、工事不要でコンセントに挿すだけで使い始められる簡単さと、容量完全無制限で使えることが魅力的なホームルーターです。

ソフトバンクスマホを持っている方は、セット割を適用して月々のスマホ代が安くなるので通信費がお得になりますよ!

また、ソフトバンクエアーを申し込むなら、「モバレコエアー」という申し込み窓口からの申し込みで、上記表のとおり安い月額料金で利用することができますよ!

しかし、注意点として特に重視しておきたい点があります。

それが「通信速度に関する悪い評判が多いこと」です。

高画質動画を視聴する機会が多い方などは、通信速度が速い光回線をおすすめします。

この詳細は【速度を重視するなら「光回線」がおすすめ】で解説しています!

※タップで詳しい解説へジャンプします。

ソフトバンクエアーを契約する4つのメリット

ソフトバンクエアーには以下のようなメリットがあります。

自宅に届いたその日から容量無制限でインターネットを楽しむことができ、しかもソフトバンクスマホとのセット割が適用されることがメリットです!

それぞれの詳しい事情と、実際にソフトバンクエアーを使用している人の口コミを見ていきましょう。

工事不要ですぐに使い始められる

契約後に工事がいらず、端末をコンセントに挿すだけですぐに使い始められる点がメリットです。

面倒な手間がかかりませんし、スピーディーにインターネット接続できます。

Twitterには以下のような口コミがありました。


コンセントにつないでからわずか1分で起動できますので、機械に弱い方でも安心ですね。


引っ越し直後などは、工事完了までネットが使えずに不便です。

しかしソフトバンクエアーなら、電気さえ通っていれば引っ越し直後からネット接続ができます。

完全無制限で使える

わずらわしい通信量の規制がかからない点もソフトバンクエアーの強みです。

完全無制限で使えることにメリットを感じている方もTwitterで見つかりました。


自宅でネットを利用する機会が多ければ、メインの接続をソフトバンクエアーに変えることで通信量の節約ができます。

結果的にスマホを安い料金プランに変えられることもメリットですね。

ただし、何があっても速度制限が付かないわけではないため要注意です。

詳しくは【速度制限がかかる場合がある】をご参照ください。

※タップで詳しい解説へジャンプします。

ホームルーターの中でも一番安く使える

ソフトバンクエアーを公式窓口から申し込むと月額4,880円となりますが、「モバレコエアー」という申し込み窓口から申し込むと、より安く使うことができますよ!

※タップで詳しい解説へジャンプします。

モバレコエアーから申し込めば、WiMAXと比べてもかなり安く使うことができます。

月額料金 端末代 実質月額料金
ソフトバンクエアー

(モバレコエアー)

1~2ヶ月:2,167円

3~24ヶ月:3,678円

65,340円  3,091円
ソフトバンクエアー 5,368円 65,340円  5,459円
WiMAX

(GMOとくとくBB WiMAX)

1~2ヶ月:3,969円

3ヶ月目以降:4,689円

無料 3,784円

※キャンペーン適用で実質無料

ホームルーターを料金重視で選ぶなら、モバレコエアーからソフトバンクエアーを契約するのがおすすです。

ソフトバンクスマホとのセット割が適用できる

ソフトバンクスマホを利用している場合は、さらにお得なセット割を適用できます。

「おうち割 光セット」によって、ソフトバンクスマホの月額料金が最大1,100円、合計10台まで割引されます。

離れて住む家族も対象になるため、家族の通信費がまるごと安くなり、大変お得です!


引用:おうち割 光セット|ネットとセットでスマホが割引|ソフトバンク光 より

ソフトバンクエアーを契約する際の4つの注意点

ネット回線を契約するときは、デメリットにも目を向ける必要があります。

ソフトバンクエアーの注意点は以下の4つです。

デメリットを深掘りしたうえで、口コミもチェックしてみましょう。

通信速度が遅いという評判が多い

ソフトバンクエアーの最大速度は、機種やエリアによって異なります。

一部エリアでは962Mbpsが出るものの、通常は最大でも481Mbpsと、現代の基準としては決して速いとはいえません。

「みんそく」の実測値では平均測定結果が下り28.76Mbpsでした。

たとえば4K動画の再生やオンラインゲームを快適に楽しむためには、下り25Mbps程度の速度が必要です。

ソフトバンクエアーは実測の平均値でも28~29Mbpsですので、基準としてはギリギリで、これが遅く感じてしまう原因です。

Twitterの評判も見てみましょう。


通信環境による差はありますが、格安SIM以下という辛辣な評価を下す人もいます。


みんそくによる測定で、下り7.29Mbpsという結果が出ています。

これでは高画質動画の読み込みがスムーズにいかなくても当然ですね。

解約時にかかる費用が高い

更新月以外でソフトバンクエアーを解約すると、10,450円の解約金がかかります。

また、端末を購入した場合は割引で端末代65,340円が実質無料ですが、36ヶ月以内に解約すると、端末残債も支払わなければなりません。

同じホームルーターの「GMOとくとくBB WiMAX」の解約にかかる費用と比べてみます。

ソフトバンクエアー GMOとくとくBB WiMAX
解約金 1~23ヶ月目 10,450円 27,280円
24ヶ月目 0円 27,280円
25ヶ月目以降 10,450円 10,450円

(37ヶ月目の解約は0円)

端末代 20日以内解約 65,340円 22,000円

(端末返却拒否の場合)

12ヶ月目解約 43,780円 0円
24ヶ月目解約 22,000円 0円
30ヶ月目解約 11,110円 0円
合計額 20日以内解約 75,790円 27,280円
12ヶ月目解約 54,230円 27,280円
24ヶ月目解約 22,000円 27,280円
30ヶ月目解約 21,560円 10,450円

1~24ヶ月目までの解約金だけを見ると、GMOとくとくBB WiMAXのほうが割高です。

しかしソフトバンクエアーには別途端末代がかかります。

合計額を比較してみると、全般的にソフトバンクエアーのほうが高額です。

ソフトバンクエアーの契約期間は2年間で、更新月に解約を行うと解約金はかかりませんが、36ヶ月以内に解約すると端末残債を支払わなければならないため、0円で解約できるのは最短でも48ヶ月目(4年目)になります。

登録した住所以外では使えない

規約により、登録した住所以外でソフトバンクエアーを使うことはできません。

もし自宅以外の場所でソフトバンクエアーを使用すると、契約違反として速度制限がかけられます。

実際に制限にあったという方からの評判を見てみましょう。


このように、引っ越した後に手続きを忘れていたというケースでも「住所相違」のペナルティの対象になってしまいます。

引っ越しなどで住所が変わる場合は、住所変更手続きが必要です。

手続きはMy SoftBankもしくはお近くのソフトバンクショップで行えるよ!

悪意がなかったとしても制限がかかることがありますので、住所が変わった場合は手続きを忘れないように注意しましょう。

速度制限がかかる場合がある

ソフトバンクエアーは完全容量無制限ですが、公式サイトでは「サービス安定提供に伴う速度制限をかける場合がある」としています。

通信速度が低下する条件として挙げられているのは以下のケースです。

  • 利用が集中する夜間などの時間帯
  • 特定のエリアでネットワークが高負荷となった場合

夕方から夜間にかけてなど利用者が多い時間帯は速度が遅くなる場合があります。

ユーザーからの評判もチェックしてみましょう。


やはり夜間にストレスを感じる方が多そうです。


具体的な速度を示して制限に不満を感じている方の口コミです。

この速度では4K動画のスムーズな視聴は難しいでしょう。

ソフトバンクエアーを申し込むなら「モバレコエアー」が最安

モバレコエアー

ソフトバンクエアーを申し込む際は「モバレコエアー」を選びましょう。

モバレコエアーはキャッシュバックが高額なためソフトバンクエアーを最安で契約できますし、振り込みも素早く、キャッシュバックをもらい忘れることがありません。

その他のキャンペーン窓口と内容を比較してみましょう。

窓口名 実質月額料金 月額料金 キャッシュバック内容 受取時期
モバレコエアー 2,910円 1~2ヶ月:2,167円

3~24ヶ月:3,678円

24ヶ月以降:5,368円

18,700円 最短翌月末
NEXT 4,130円 5,368円 30,000円  最短2ヶ月後
アウンカンパニー 4,130円 5,368円 30,000円  最短2ヶ月後
エヌズカンパニー 4,130円 5,368円 30,000円 最短2ヶ月後


※端末レンタルの場合は15,000円減額

キャッシュバック額が30,000円で並んでいる会社がいくつかありますが、契約中の月額料金に差があります。

モバレコエアーの場合、契約から2ヶ月目までは月額2,167円、3~24ヶ月目までは3,678円で契約可能です。

NEXTなどは5,368円に月額料金が固定されるため、モバレコエアーが安くなります!

モバレコエアーのキャッシュバックを受取るためには、端末を購入をする必要がありますが、現在キャンペーンにより端末代は実質無料ですよ。

申し込みから7日間以内に支払情報の登録を済ませ、キャッシュバック申請メールに記載の登録期間に手続きをすることで、最短翌月末に振込に振り込まれます。

ただし、支払方法はクレジットカードに限られますので注意してください。

ソフトバンクエアーを契約する際は「モバレコエアー」から申し込みましょう!

ソフトバンクエアーの申し込みから利用開始までの手順

ソフトバンクエアーが使えるようになるまでの手順を見ていきましょう。

端末が到着した後の初期設定方法や、利用開始時に行うべき手続きもご紹介します。

①「モバレコエアー」から申し込みをする

まずは代理店の中から「モバレコエアー」を選んで申し込みます。

モバレコエアーはキャッシュバック額が高く、月額料金は他社と比べて安く契約できます。

②端末到着後、初期設定をする

ソフトバンクエアーは、端末到着後すぐに使い始められます。

その方法も簡単で、アダプターをコンセントにつないだまま数分、ランプが全て緑色で点灯するまで待つだけです。

初期設定が済むと、スマホなどにSSIDが表示されますよ。

端末に書かれている暗号キーを入力すれば、すぐにネット通信がスタートします。

③利用を開始し、キャッシュバックの受取申請をする

利用開始時には、キャッシュバックの受取手続きを忘れないようにしましょう。

モバレコエアーで申し込むと、登録時のメールアドレスに「申請メール」が届きます。

これに必要事項を入力して返信するだけでOKです!

また、おうち割 光セットなどの手続きもこのタイミングで行いましょう。

速度を重視するなら「WiMAX」のホームルーターもおすすめ

GMOとくとくBB WiMAX

ソフトバンクエアーの弱点となるのが回線速度です。

以下のような方には、より速度が速い回線の契約をおすすめします。

  • 動画サイトなどで高画質な動画配信を見ることが多い人
  • オンラインゲームで遊ぶことが多い人
  • 1GB以上のファイルをダウンロードすることが多い人

速度重視のホームルーターとしては、「WiMAX」のホームルーターが最適です。

ソフトバンクエアーとWiMAX HOME 02の最大速度や、みんそくの実測値を比べてみましょう。

端末 下り最大速度 実測値
ソフトバンクエアー 962Mbps 28.76Mbps
WiMAX 440Mbps 48.24Mbps

WiMAXのほうがより速い実測値が出ています。

WiMAXの契約も視野に入れて、概要表をご用意しました。


【GMOとくとくBB WiMAXの概要表】

エリア 全国
セット割 auスマートバリュー mine
最大速度 1Gbps
初期費用 3,300円
キャッシュバック額 最大32,500円
月額料金 1~2ヶ月:3,969円

3ヶ月目以降:4,689円

3年間の実質料金 145,833円
3年間の実質月額料金 3,941円

WiMAXをご契約の際は、「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめです。

GMOとくとくBBでは、1~2ヶ月目が月額3,969円、3ヶ月目以降は月額4,689円でWiMAXを契約できます。

また、最大32,500円の高額キャッシュバックが受け取れます。

したがって、3年間の実質月額は3,941円となり、WiMAXの申し込み窓口のなかで最安です。

ポケットWiFi・光回線という選択肢もある

外でもネットを使いたい方や、さらに速度を重視したいという方には、ポケットWiFiや光回線もおすすめです。

両方の特徴をご紹介します。

外でも使いたいなら「ポケットWiFi」がおすすめ

外出先でもネットを使いたいなら、持ち運べるルーターのポケットWiFiがおすすめです。

ポケットWiFiは、WiMAXクラウドSIM系の2つにわけられます。

それぞれの特徴を表にまとめてみました。

WiMAX(W06)

  • 大手の「UQコミュニケーションズ」運営で信頼性が高い
  • 回線速度が安定していて速い

クラウドSIM系

  • トリプルキャリア対応でエリアが広い
  • WiMAXよりも料金が安いことが多い
  • 20GB~200GB超の幅広いプランがある
  • 契約年数に縛りがない場合がある

WiMAXのおすすめは「GMOとくとくBB WiMAX」です。最大32,500円の高額キャッシュバックが受け取れ、最安で契約できます。

また、クラウドSIM系ポケットWiFiのおすすめは以下です。

低容量で十分 ゼウスWiFi
50GB程度 Ex Wi-Fi
100GB程度 MUGEN WiFi
200GB以上 hi-ho Let’s WiFi

速度を重視するなら「光回線」がおすすめ

インターネット回線速度の速さや安定感を求めるなら光回線が最適です。

光回線は、使っているスマホとのセット割で選ぶと、スマホの月額料金が最大1,100円割引されるため、お得です。

格安スマホユーザーの場合は、スマホとのセット割の割引額が少ないため、単純な実質料金の安さや通信速度の速さで選びましょう。

おすすめのプロバイダをまとめていきます。

ソフトバンク NURO光
ソフトバンク光
au auひかり
So-net光プラス
ドコモ ドコモ光
格安スマホ NURO光
auひかり
So-net光プラス

おすすめの光回線については、以下の記事でも詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

ソフトバンクエアーのメリットとデメリットは以下のとおりで、評判からも裏付けを取ることができました。

コンセントをつなぐだけですぐにネットを使えるので、引っ越したばかりの方や、引っ越しが多い方には特におすすめです。

一方で弱点となるのが通信速度で、その点を指摘する口コミも目立っています。

ソフトバンクエアーを申し込むなら、最安の「モバレコエアー」を選びましょう。

その他の窓口と比べて月額料金が安く、キャッシュバックも受け取れます。

また、外出先でもネットを使うことが多いなら「ポケットWiFi」、速度を重視するなら「光回線」を選ぶこともおすすめです。

光回線を選ぶ場合は、スマホ料金がお得になる「セット割」との相性が良いプロバイダを選ぶことを重視しましょう。

ソフトバンクエアー

【全10社比較】ソフトバンクエアーのお得なキャンペーン窓口とは?選び方や注意点なども解説します

今回は、ソフトバンクエアーの取り扱い窓口全10社の比較や、契約をする前に知っておきたい注意点・解消しておきたい疑問について徹底解説していきます。この記事を読めば、どこから申し込みをすればソフトバンクエアーをお得に利用できるのかがわかり、契約にあたって注意すべき点も確認できますよ!
タイトルとURLをコピーしました