光回線49社の速度を徹底比較|おすすめの9社はココ!速度が遅いときの対処法も解説

光回線の申し込みを検討している人にとって、「速度の速さ」はとても重要なポイントですよね。

光回線は、お使いのスマホキャリアによっておすすめは異なります。

結論かから申し上げると、速度重視の人におすすめの光回線は、以下のとおりです。

また、速度の速い光回線を選ぶ際には下記3つのポイントに注目しましょう。

今回は、光回線49社の速度をランキング形式で比較し、おすすめの9社を紹介しています。

また、使用している光回線の速度を調べる方法や、速度が遅いときに試したい7つの対処法についても解説しています。

この記事を読めば、光回線の速度に関するすべての疑問が解決しますよ。

この記事を書いた人
執筆者
エキサイト プロバイダ比較編集部

エキサイト プロバイダ比較は「インターネット回線の『わかりづらい』を『わかりやすい』へ!」をモットーに、役に立つコンテンツを配信中!18年以上のプロバイダ運営実績のノウハウを活かして、忖度ナシでインターネット回線を紹介します。

エキサイト プロバイダ比較編集部をフォローする

【最新】光回線49社の速度をランキング形式で比較!

まずは、光回線49社最新の通信速度をランキング形式で比較し、紹介します。

【光回線49社通信速度ランキング】

順位 サービス名 下り平均速度 上り平均速度 最大速度 提供エリア
1 コミュファ光 482.45Mbps 359.74Mbps 10Gbps 愛知・岐阜・ 三重・静岡・長野
2 NURO光 452.18Mbps 433.4Mbps 2Gbps 北海道・関東・
東海・関西・九州
3 ひかりdeネット 373.26Mbps 267.82Mbps 10Gbps 静岡県
4 eo光 371.76Mbps 309.47Mbps 1Gbps 京都府・大阪府・三重県・滋賀県・
兵庫県・奈良県・和歌山県・福井県・福井県
5 auひかり 371.05Mbps 322.69Mbps 1Gbps 関西・中部一部エリアを除く日本各地
(マンションタイプは日本全国)
6 NCV光 356.67Mbps 328.5Mbps 1Gbps 米沢・函館・新潟・福島
7 ベイコム光 347.18Mbps 264.41Mbps 1Gbps 兵庫・大阪
8 スターキャット光 344.87Mbps 329.29Mbps 2Gbps 愛知・名古屋
9 ピカラ光 343.83Mbps 249.98Mbps 1Gbps 香川県・徳島県・愛媛県・高知県
10 メガ・エッグ光 338.92Mbps 224.29Mbps 1Gbps 広島県・岡山県・鳥取県
11 auひかりちゅら 323.33Mbps 220.32Mbps 1Gbps 沖縄県
12 BB.excit光 Fit 317.9Mbps 167.8Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
13 Kブロード光 308.13Mbps 262.53Mbps 10Gbpd 奈良県
14 CNS光 298.95Mbps 298.06Mbps 30Gbps 三重県
15 DMM光 297.79Mbps 223.46Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
16 J:COM NE光 291.23Mbps 205.99Mbps 10Gbps 北海道・東北・
関東・関西・九州
17 イッツコムひかり 291.02Mbps 203.46Mbps 2Gbps 東京・神奈川
18 ZTV光 287.89Mbps 265.78Mbps 1Gbps 三重・滋賀・和歌山
19 キャッチネクスト 286.51Mbps 256.72Mbps 10Gbps 愛知県
20 BBI光 279.95Mbps 206.0Mbps 1Gbps 福岡・佐賀・長崎・
熊本・大分・宮崎・鹿児島
21 excite ME光 276.49Mbps 245.49Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
22 CCNet光 272.45Mbps 254.9Mbps 1Gbps 愛知・岐阜・三重
23 enひかり 266.17Mbps 230.81Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
24 IIJmioひかり 257.93Mbps 208.42Mbps 1Gbps 日本全国
25 Drive光 250.43Mbps 172.13Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
26 So-net光プラス 248.55Mbps 194.36Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
27 ソフトバンク光 237.12Mbps 168.78Mbps 10Gbps フレッツ光ネクストと同エリア
28 ビッグローブ光 225.37Mbps 183.66Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
29 フレッツ光ネクスト 215.27Mbps 187.69Mbps 1Gbps 北陸・東海・関西・
中国・四国・九州・沖縄
30 ドコモ光 212.55Mbps 181.55Mbps 10Gbps フレッツ光と同エリア
31 OCN光 211.02Mbps 169.85Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
32 サイバーホーム 207.04Mbps 202.75Mbps 1Gbps サイバーホーム契約中のマンション
33 UCOM光レジデンス 204.09Mbps 183.47Mbps 10Gbps UCOM光レジデンス導入のマンション
34 ぷらら光 195.42Mbps 172.25Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
35 楽天ひかり 194.94Mbps 174.91Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
36 愛知ひまわりネットワーク光 191.94Mbps 153.66Mbps 10Gbps 愛知県
37 e-mansion 191.51Mbps 198.85Mbps 10Gbps e-mansion導入のマンション
38 @T COMヒカリ 187.36Mbps 147.75Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
39 Yahoo! BB光withフレッツ 187.27Mbps 143.71Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
40 DTI光 181.33Mbps 182.57Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
41 AsahiNet光 176.15Mbps 209.98Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
42 TNCヒカリ 174.7Mbps 154.03Mbps 1Gbps 静岡県
43 @nifty光 158.19Mbps 191.09Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
44 エキサイト光 153.26Mbps 162.65Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
45 @SMART光 150.25Mbps 197.78Mbps 1Gbps フレッツ光と同エリア
46 U-NEXT光コラボ 104.22Mbps 106.13Mbps 1Gbps フレッツ光ネクストと同エリア
47 DoCanvas 96.89Mbps 100.5Mbps 1Gbps DoCanvas導入のマンション
48 e-broad光マンション 69.62Mbps 91.8Mbps 不明 e-broad 光 マンション導入のマンション
49 レオネット 59.52Mbps 66.04Mbps 不明 レオパレス21

光回線の中には、利用できるエリアが限定されているものもあります。

そのため、申し込みを検討する際には、まず自分が使う場所がエリア内かどうかを各回線のHPで確認する必要があります。

インターネット通信における「速度」の基礎知識

まずは、インターネット通信における「速度」の基礎知識について解説します。

速度の基礎知識を理解して、本当に速い光回線を見極めましょう。

速度の単位「bps」と「ping」の意味

まずは、通信速度を比較する際によく出てくる「bps」と「ping」の意味を解説します。

  • bps:通信速度の基本単位
  • ping:相手のネットワークと通信できるかどうかを確認するためのコマンド

bpsは、通信速度の基本単位です。

通信量の大きさによって、kbps・Mbps・Gbpsのように単位を使いわけます。

  • kbps:bpsの1,000倍(1kbpsは1,000bps)
  • Mbps:kbpsの1,000倍(1Mbpsは1,000kbps)
  • Gbps:Mbpsの1,000倍(1Gbsは1,000Mbps)

kbpsになると、通信速度が遅いと感じますが、Mbpsが出ていれば問題なく利用できます

ping値はオンラインゲームなどを行う人以外は、あまり気にする必要のない数値です。

オンラインゲームは、相手のゲームサーバーと通信を行わなければプレイできないためため、快適に利用するためにping値の確認が必須となっています。

速度の「上り」「下り」の違い

通信速度には、「上り速度」と「下り速度」の2種類が存在します。

  • 上り速度:データをアップロードする際の速度(メールやLINEの送信、SNSの投稿、Webサイトの更新作業、YouTubeなどの動画投稿、他)
  • 下り速度:データをダウンロードする際の速度(メールやLINEの受信、SNSやWebサイトの閲覧、YouTubeなどの動画視聴、他)

通信速度は、下り速度が特に重要です。

下り速度はダウンロード速度を指しており、Webサイトの閲覧や動画の観賞、LINEなどのメッセージを受信するときの速度などが該当します。

そのため、インターネットで楽しめるさまざまなコンテンツを快適に利用するには、下り速度が重要になってきます。

ただし、動画や画像をアップする機会が多い方の場合は、上り速度も重要です。

ご自身の使用用途を明確にしておくと、重視するポイントがわかるので、自分に適した光回線を選択しやすくなりますよ。

インターネットを快適に使える速度の目安

インターネットを快適に利用できる通信速度の目安は、以下のとおりです。

【快適に利用できる通信速度の目安】
メールの送受信 1Mbps
LINEの送受信
Webサイトの閲覧
SNSへの投稿 3Mbps
ビデオ通話
動画投稿 10Mbps
YouTube動画 通常…3Mbps
HD…5Mbps
4K…25Mbps
オンラインゲーム 100Mbps以上

サイトの観覧やLINEなどのメッセージの送受信だけであれば、1Mbps出ていれば問題なく利用できます。

SNSへの投稿やビデオ通話、YouTubeの視聴などは3Mbps程度の速度が出ていれば快適です。

しかし、より高画質で視聴したい方や動画を投稿したい方は10Mbps前後の速度が安定して出ている回線がおすすめです。

また、オンラインゲームは遊びたいタイトルによって快適にプレイできる速度が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

注目ポイントは3つ!速度が速い光回線の選び方

速度重視で光回線を選びたい方は、以下の3つのポイントに注目して選ぶようにしましょう。

最大速度ではなく「実測値」で比較する

速度が速い光回線を選ぶときには、最大速度ではなく実測値を確認しましょう。

光回線のホームページには「最大〇Gbps」など、最大速度の記載があるサイトがほとんどです。

しかし、記載されている最大速度はあくまでも理論値のため、実際には記載されている速度が出ているわけではありません。

そのため、本当に速い光回線を選びたいときには、実測値の確認が必要です。

実測値は、TwitterなどのSNSで検索するか、利用者のレポートが見られる「みんなのネット回線速度」で確認できます。

光回線の速度は、利用する環境や時間帯によっても大きく変動します。

ちなみに、マンション向けプランは1本の光回線をマンションの利用者全員とシェアするため、速度が遅くなりやすいです。

IPv6対応の光回線・プロバイダを選ぶ

プロバイダを選ぶときには、IPv6に対応しているかどうかを確認しましょう。

IPv6とは、混雑している通信方式を避けて接続することで、インターネットの通信速度を速めてくれるシステムです。

そのため、IPv6を利用すると安定した高速通信が実現します。

光回線は、プロバイダによってIPv6に対応していないものもあります。

簡単にいってしまうと、IPv6に対応しているプロバイダを利用すれば、インターネットがサクサク快適に利用可能です。

したがって、速度重視で光回線を探すときには、IPv6対応のプロバイダがおすすめです。

独自回線は速度が安定しやすい

独自回線とは、フレッツ光以外の自社でもっている光回線のことです。

フレッツ光の回線は、全国で多くの人がりようしているため、回線混雑が起こりやすく、通信速度も遅くなってしまいがちです。

しかし、独自回線であれば回線の混雑を回避できるので、高速な通信を利用できます

現在、独自回線を提供している光回線は以下のとおりです。

独自回線を提供している光回線
  • auひかり
  • NURO光
  • コミュファ光
  • eo光
  • ピカラ光
  • BBIQ光
  • メガ・エッグ光

速度重視で選ぶ!おすすめの光回線9社

自分がどの光回線サービスを申し込むべきか迷ったときには、現在利用しているスマホのキャリアによっておすすめが異なります。

スマホとのセット割が提供されている光回線を選択すると、スマホ1台につき月額料金が最大1,000円割引されます。

また、セット割は離れて住む家族にも適用できるので、とてもお得です。

auユーザーなら独自回線の「auひかり」がおすすめ

auのスマホを利用中の方には、auひかりがおすすめです。

auスマホとのセット割が提供されているだけでなく、独自回線で通信速度が安定しやすいというメリットもあります。

しかし、auひかりは提供エリアが限られているので注意が必要です。

auひかりの提供エリア検索は、こちらで行えます。

【auひかりの概要】
提供エリア ホーム
(戸建て)
関西
中部一部エリアを除く日本各地
マンション 日本全国
セット割 あり
最大速度 1Gbps
実測値 上り速度平均 322.69Mbps
下り速度平均 371.05Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム
(戸建て)
1年目…5,100円
2年目…5,000円
3年目…4,900円
マンション 1年目…3,800円
2年目…3,800円
3年目…3,800円
キャッシュバック
(フルコミットの場合)
あり
キャッシュバック金額
(フルコミットの場合)
60,000円
3年間の実質料金 ホーム(戸建て) 135,600円
マンション 93,500円
3年間の実質月額 ホーム(戸建て) 3,767円
マンション 2,597円
※表示はすべて税抜き

auひかりは、正規代理店であるフルコミットから申し込むのがおすすめです。

フルコミットであれば、最大60,000円のキャッシュバックに加え、他社からの乗り換えであればさらに最大55,000円を上乗せして還元してもらえます。

auひかりがエリア外なら「So-net 光 プラス」がおすすめ

auユーザーで、auひかりの提供エリア外にお住まいの方には、So-net 光 プラスをおすすめします。

So-net 光 プラスでもauスマホとのセット割が提供されているので、auユーザーの方であればお得に利用できます。

【So-net光プラスの概要】
提供エリア ホーム
(戸建て)
フレッツ光と同エリア
マンション
セット割 あり
最大速度 1Gbps
実測値 上り速度平均 322.69Mbps
下り速度平均 371.05Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム(戸建て) 1年目…3,480円
2年目…3,480円
3年目…5,580円
マンション 1年目…2,480円
2年目…2,480円
3年目…4,480円
キャッシュバック
(So-net公式の場合)
なし
キャッシュバック金額
(So-net公式の場合)
3年間の実質料金 ホーム
(戸建て)
165,400円
マンション 129,300円
3年間の実質月額 ホーム
(戸建て)
4,594円
マンション 3,592円
※表示はすべて税抜き

So-net 光 プラスの申し込みは、So-net公式がおすすめです。

IPv6対応なので快適で安定したインターネット通信を利用できます。

さらに、ルーターを無料でレンタルしてくれるので、余計な費用がかかりません。

地方限定の「電力系光回線」もおすすめ

auユーザーの方には、地方限定の電力系光回線もおすすめです。

地方限定のため提供エリアが狭いので利用者数が少なく、回線混雑が起こりにくいので、安定した通信速度が出せます。

この記事の冒頭で紹介したランキングで、電力系光回線が多くランクインしていたのも、同様の理由です。

また、eo光・ピカラ光・メガ・エッグ光ではauスマホとのセット割も提供されているので、auユーザーの方は検討してみてもいいですね。

【電力系光回線の概要】
eo光 ピカラ光 メガ・エッグ光
提供エリア 京都府・大阪府・三重県・滋賀県
兵庫県・奈良県・和歌山県・福井県
香川県・徳島県・愛媛県・高知県 広島県・岡山県・鳥取県
セット割 あり あり あり
初期費用 工事費:27,000円
手数料:3,000円
工事費:25,000円
手数料:0円
工事費:35,000円
手数料:3,000円
3年間の実質月額 4,510円 4,108円 4,097円
おすすめの申し込み窓口 eo光公式 株式会社NEXT 株式会社NEXT
キャンペーン内容 ・他社解約費用サポート
・月額料金最大12ケ月2,000円割引
・eo電気とセット利用で12ヶ月間月額料金500円割引
・新規申込で商品券10,000円もしくはネット家電プレゼント
・工事費実質無料
・工事費無料
・25,000円+1,000円CB
・新規加入で初期費用無料
・開通月は月額基本料金無料
・ピカラ光とセット利用でルーターレンタル無料
・20,000円CB
・メガ・エッグコレクトとセット利用で最大29,000円CB
・他社からの乗り換えで最大30,000円CB
超高速プラン(IPv6) 対応 対応 対応
※表示はすべて税抜き

ドコモユーザーなら「ドコモ光」一択

ドコモのスマホを利用中の方であれば、ドコモ光がもっともおすすめです。

ドコモ光はドコモのスマホとのセット割が提供されているので、ドコモユーザーはお得に利用できます。

【ドコモ光概要】
提供エリア ホーム
(戸建て)
フレッツ光と同エリア
マンション
セット割 あり
最大速度 10Gbps
実測値 上り速度平均 181.55Mbps
下り速度平均 212.55Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム
(戸建て)
1年目…5,200円
2年目…5,200円
3年目…5,200円
マンション 1年目…4,000円
2年目…4,000円
3年目…4,000円
キャッシュバック
(GMOとくとくBBの場合)
あり
キャッシュバック金額
(GMOとくとくBBの場合)
20,000円
3年間の実質料金 ホーム
(戸建て)
182,500円
マンション 140,500円
3年間の実質月額 ホーム
(戸建て)
5,069円
マンション 3,903円
※表示はすべて税抜き

ドコモ光は、GMOとくとくBBからの申し込みがおすすめです。

GMOとくとくBBはキャッシュバック20,000円にプラスして、dポイントを2,000ポイントもらえるので、ドコモユーザーの方はよりお得です。

ソフトバンクユーザーなら標準下り最大2Gpsの「NURO光」がおすすめ

ソフトバンクユーザーは、まずNURO光を検討してみましょう。

NURO光はソフトバンクのスマホとのセット割が適用されますし、標準で下り最大2Gbpsの高速通信が利用できます。

ただし、NURO光は提供エリアが限られているので注意しましょう。

【NURO光の概要】
提供エリア ホーム
(戸建て)
北海道・関東・
東海・関西・九州
マンション
セット割 あり
最大速度 2Gbps
実測値 上り速度平均 433.4Mbps
下り速度平均 452.18Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム(戸建て)
マンションミニ
1年目…4,743円
2年目…4,743円
3年目…4,743円
キャッシュバック
(公式特設サイトの場合)
あり
キャッシュバック金額 (公式特設サイトの場合) 45,000円
3年間の実質料金 141,505円
3年間の実質月額 3,931円
※表示はすべて税抜き

NURO光は、公式特設サイトから申し込みましょう

公式特設サイトはキャッシュバックも45,000円と高額で、基本工事費も無料です。

さらに、申し込みのときに工事日の選択ができるため、とてもスムーズに開通できます。

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

NURO光がエリア外のソフトバンクユーザーの方には、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光もソフトバンクのスマホとのセット割を利用でき、最大10Gbpsという超高速プランも選択できます。

【ソフトバンク光の概要】

提供エリア ホーム
(戸建て)
フレッツ光ネクストと同エリア
マンション
セット割 あり
最大速度 10Gbps
実測値 上り速度平均 168.78Mbps
下り速度平均 237.12Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム(戸建て)
マンションミニ
1年目…4,743円
2年目…4,743円
3年目…4,743円
キャッシュバック
(公式特設サイトの場合)
あり
キャッシュバック金額 (公式特設サイトの場合) 45,000円
3年間の実質料金 141,505円
3年間の実質月額 3,931円

ソフトバンク光は、NEXTから申し込みましょう

代理店NEXTの独自キャンペーンで受け取れるキャッシュバックは、高額です。

さらに、キャッシュバックの申し込み手続きがとても簡単なので、手続きを忘れてもらえなかったというリスクが軽減されます。

格安スマホユーザーなら「NURO光」がおすすめ

格安スマホを利用中の方も、まずはNURO光を検討しましょう。

NURO光は標準で下り最大2Gbpsの高速通信が利用できますし、高速通信なのに料金が安いという特徴をもっています。

ただし、NURO光は提供エリアが限られているので注意が必要です。

【NURO光の概要】

提供エリア ホーム
(戸建て)
北海道・関東・
東海・関西・九州
マンション
セット割 あり
最大速度 2Gbps
実測値 上り速度平均 433.4Mbps
下り速度平均 452.18Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム(戸建て)
マンションミニ
1年目…4,743円
2年目…4,743円
3年目…4,743円
キャッシュバック
(公式特設サイトの場合)
あり
キャッシュバック金額
(公式特設サイトの場合)
45,000円
3年間の実質料金 141,505円
3年間の実質月額 3,931円
  ※表示はすべて税抜き

NURO光は、公式特設サイトからの申し込みがもっともお得です。

公式特設サイトではスムーズに開通でき、キャッシュバックも45,000円と高額で、基本工事費も無料です。

NURO光がエリア外なら「auひかり」がおすすめ

格安スマホを利用中で、NURO光のエリア外という方には、auひかりをおすすめします。

auひかりは独自回線のため、速度が安定しやすいという特徴があります。

しかし、auひかりも提供エリアが限られているので、ご自宅やよく利用する場所がエリア内にあるのか契約前に確認しておきましょう。

エリア検索はこちらです。

提供エリア ホーム
(戸建て)
関西
中部一部エリアを除く日本各地
マンション 日本全国
セット割 あり
最大速度 1Gbps
実測値 上り速度平均 322.69Mbps
下り速度平均 371.05Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム
(戸建て)
1年目…5,100円
2年目…5,000円
3年目…4,900円
マンション 1年目…3,800円
2年目…3,800円
3年目…3,800円
キャッシュバック
(フルコミットの場合)
あり
キャッシュバック金額
(フルコミットの場合)
60,000円
3年間の実質料金 ホーム(戸建て) 135,600円
マンション 93,500円
3年間の実質月額 ホーム(戸建て) 3,767円
マンション 2,597円
※表示はすべて税抜き

auひかりのエリア内の方は、フルコミットからの申し込みがおすすめです。

フルコミットであれば、最大60,000円のキャッシュバックに加え、他社からの乗り換えであればさらに最大55,000円を上乗せで還元されます。

auひかりもエリア外なら「So-net 光 プラス」がおすすめ

NURO光もauひかりも提供エリア外にお住まいの方には、So-net 光 プラスをおすすめします。

So-net 光 プラスは月額料金が安く、通信速度も比較的速いので安定した利用ができます。

【So-net 光 プラスの概要】
提供エリア ホーム
(戸建て)
フレッツ光と同エリア
マンション
セット割 あり
最大速度 1Gbps
実測値 上り速度平均 322.69Mbps
下り速度平均 371.05Mbps
初期費用 手数料 3,000円
工事費 0円
月額料金 ホーム(戸建て) 1年目…3,480円
2年目…3,480円
3年目…5,580円
マンション 1年目…2,480円
2年目…2,480円
3年目…4,480円
キャッシュバック
(So-net公式の場合)
なし
キャッシュバック金額
(So-net公式の場合)
3年間の実質料金 ホーム
(戸建て)
165,400円
マンション 129,300円
3年間の実質月額 ホーム
(戸建て)
4,594円
マンション 3,592円
※表示はすべて税抜き

So-net光プラスの申し込みは、So-net公式の窓口がおすすめです。

ルーターを無料でレンタルできるので、余計な費用を抑えられますよ。

簡単2ステップ!使っている光回線の速度を調べる方法

現在利用中の光回線の速度は、たったの2ステップで確認できます。

➀PCやスマホを光回線に接続する

光回線の速度を調べるには、パソコンやスマートフォンを光回線に接続する必要があります。

有線接続でも無線接続でも構いませんので、光回線と接続してください。

➁速度テストサイトで計測する

パソコンもしくはスマートフォンを光回線に接続したら、速度テストサイトで計測を行いましょう。

光回線の速度を実測できるサイトには、以下の3つがあります。

光回線の速度が遅いときに試したい7つの対処法

光回線の速度が遅いと感じたときには、以下の7つの対処法を試してみましょう。

➀WiFi接続を一度切って再接続する

有線ではなくWiFi接続をしている場合、一度接続を切って再接続してみましょう。

パソコンやスマートフォンの設定からWiFi接続を切って再接続を行うと、速度が改善する場合があります。

➁使っていない端末の接続を切る

一度に複数の端末を光回線に接続していると、速度が遅くなる傾向にあります。

そのため、使っていない端末から光回線の接続を切りましょう

➂WiFi接続の周波数帯を変えてみる

WiFi接続の周波数を変更すると、速度を良好にできる可能性があるので試してみましょう。

WiFiには、2.4GHzと5GHzという2種類の周波数があります。

  • 2.4GHz:より遠方まで電波が届く。しかし、電波干渉も受けやすい。
  • 5GHz:遠方までは届かず、近距離にしか電波が届かない。しかし、電波干渉は受けにくい。

周波数が利用環境に適していないと、速度が遅くなりやすいです。

➃ONUやWiFiルーターを再起動する

光回線の再接続だけでなく、ONUやWiFiルーターも再起動してみましょう。

ONUやWiFiルーターの前に、パソコンやスマートフォン自体を再起動してみるのもおすすめです。

➄LANケーブルを抜き差しする

有線接続の場合、LANケーブルの抜き差しも行ってみましょう。

WiFiルーターなど無線接続は電波干渉も受けやすいため、有線接続に変えてみるのもひとつの手です。

➅IPv6の申し込みをする

IPv6に対応していない方は、申し込みも検討しましょう。

IPv6の接続方法や申し込み方法は、各光回線のマイページなどで確認できます。

【IPv6対応の光回線・プロバイダを選ぶ】で説明したとおり、IPv6は速度を向上・安定させるうえでとても重要な役割をしています。

まずはIPv6接続になっているか確認し、なっていなかった場合は申し込み行いましょう。

しかし、IPv6の利用料金は光回線によって有料・無料が異なり、もともとIPv6に対応していないものもあるため、注意が必要です。

今回紹介している対処法のどれを試しても速度が改善しない場合は、IPv6に対応している他社の光回線への乗り換えを検討しましょう。

【速度重視で選ぶ!おすすめの光回線9社】で紹介している9社は、すべてIPv6に対応しているため、参考にしてくださいね。

ただし、ドコモ光は選択するプロバイダによって対応・未対応が異なります

今回の記事でドコモ光の申込窓口として紹介しているGMOとくとくBBは、IPv6に対応しています。

ドコモ光でIPv6対応のプロバイダを探している方は、GMOとくとくBBから申し込みましょう。

➆高規格のWiFiルーター・LANケーブルに交換する

高規格のWiFiルーターや、LANケーブルに変更することで、速度状況が改善する可能性があります。

また、上記で説明したIPv6は対応しているルーターでのみ利用できるので、注意して購入しましょう。

【WiFi規格一覧】

通信速度 周波数帯
IEEE802.11ad 6.7Gbps 60GHz帯
IEEE802.11ac 6.9Gbps 5GHz帯
IEEE802.11n 300Mbps 2.4GHz帯/5GHz帯
IEEE802.11a 54Mbps 5GHz帯
IEEE802.11g 54Mbps 2.4GHz帯
IEEE802.11b 11Mbps 2.4GHz帯

【LANケーブル規格一覧】

通信速度 周波数帯
CAT8 40Gbps 2,000MHz
CAT7A 10Gbps 1,000MHz
CAT7 10Gbps 600MHz
CAT6A 10Gbps 500MHz
CAT6 1Gbps 250MHz
CAT5e 1Gbps 100MHz
CAT5 100Mbps 100MHz
CAT3 10Mbps 16MHz

まとめ

光回線は、お使いのスマホキャリアによっておすすめの回線が異なります

速度が速い光回線を選ぶときにはスマホキャリア以外にも、最大速度ではなく実測値を重視することや、IPv6対応の可否、独自回線かどうかも注目するべきポイントです。

光回線49社の速度ランキングや、キャリアごとにおすすめできる光回線とお得に申し込める窓口をご紹介してきましたので、お使いのスマホキャリアに適した回線を見つけられますね。

また回線速度の基礎知識や光回線速度を調べる方法、速度が遅いときの対処法などもご紹介してきましたので、お使いの光回線が遅いと感じたときは、ぜひ試してみてください。

この記事を参考に、ご自身の用途に合った光回線を、よりお得に契約し、快適なインターネット通信を手に入れましょう!

タイトルとURLをコピーしました