【最新】auひかりの評判を徹底調査!メリット・注意点を口コミとあわせて解説

【最新】auひかりの評判を徹底調査!メリット・注意点を口コミとあわせて解説 auひかり

auひかりにこれから申し込もうと考えている方は、本当にauひかりを選んでも問題ないか気になりますよね。

結論から申し上げると、auひかりは次の3つの理由により、すべてのauユーザーへおすすめできる光回線となっています。

  1. auのスマホ代が割引される
  2. 回線速度が速い
  3. キャッシュバックを使えば他社と比較しても安い実質料金になる

したがって、auスマホを使っている方であれば、真っ先にauひかりを検討して問題ありませんよ!

ただし、auスマホユーザーでない方は他の光回線がおすすめですので、『auひかり以外も検討!スマホキャリア別おすすめ光回線7社を紹介』まで飛んで読み進めてくださいね。

今回は、auひかりのメリットや注意点をユーザーから寄せられた評判も織り交ぜながら徹底解説します。

さらに、2020年現在auひかりをもっともお得に申し込める「代理店フルコミット」からの申込方法も詳しくリポートしますので、この記事を参考に、auひかりを最安で申し込みましょう!

※この記事は2020年11月時点の情報です。

auユーザーならauひかりが一番おすすめ!

まずは、auひかりの概要をご覧ください。

戸建て マンション
エリア 関西・東海・沖縄以外の日本全国 沖縄以外の日本全国
セット割 名称 auスマートバリュー
割引額 最大-1,000円/月
適用回線数 最大10台
最大速度 1Gbps
※エリア限定で5ギガ・10ギガプランあり
1Gbps
月額料金 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3,800円
初期費用 契約事務手数料 3,000円
工事費 37,500円
※60ヶ月継続利用で実質無料
30,000円
※24ヶ月継続利用で実質無料
キャンペーン内容 ・最大60,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・auひかりスタートサポート
・違約金負担額に25,000円を上乗せ
3年間の実質金額 135,600円 93,500円
3年間の実質月額 3,767円 2,597円

※価格はすべて税抜

auひかりの最大速度は、1Gbpsと他社光回線と変わりません。

ただし、auひかりは自社で回線設備をもっているので、フレッツ光回線を使用している光コラボと違って、比較的どの時間帯でも、高速通信が利用できる点が大きな特徴です。

また、auユーザーがauひかりを契約すると、「auスマートバリュー」というセット割が適用されます。

auスマートバリューが適用されるとご自身のauスマホはもちろん、家族のauスマホも最大10台まで割引に組み込めるので、auユーザーなら断然auひかりがおすすめというわけです!

ただし、auひかりは一部エリアで提供していません

そのため、auユーザーであっても、まずはエリア判定から契約可否を確認し、OKならauひかりを契約という流れで進めましょう。

もしエリア判定でNGが出た場合は、auひかりエリア外のauユーザーにおすすめの光回線でご紹介している光回線の中から、お住まいの地域に対応しているものを選択してください。

ここでご紹介している回線は、いずれもauスマートバリューが適用される光回線なので、auひかりがエリア外だったauユーザーでもauひかり同様、スマホ料金を安くできますよ。

【11社比較】auひかりを申し込むなら「フルコミット」がもっともお得!

auひかりは公式サイトを含め、現在11社が独自のキャッシュバックキャンペーンとともに申込窓口を開設しています。

どこから申し込んでも、auひかりの通信品質やサービス内容は同じです。

しかし、窓口によってキャッシュバック額や手続きの方法、受取時期などがまったく異なるため、申込み先を変えるだけで、実質料金も大きく変わってきますよ!

今回、当サイトが各窓口を調査した結果、キャッシュバック額はもちろん、還元されるまでのスピードや手続きのかんたんさなど、すべての項目において◎と判断したのが「代理店フルコミット」でした。

なぜそういえるのか、各窓口の最新キャンペーン情報をもとに解説していきましょう。

窓口名 3年間実質料金 キャッシュバック額 受取時期 受取方法 条件

GMOとくとくBB 117,100円 61,000円 12・24ヶ月後 メール
25 129,600円 66,000円 10ヶ月以降 不明 指定有料オプション契約
フルコミット 135,600円 60,000円 翌月・半年後 申込時の電話
NEXT 143,600円 52,000円 翌月末・4ヶ月後 申込時の電話
NNコミュニケーションズ 143,600円 52,000円 翌月末・4ヶ月後 申込時の電話
BIGLOBE 145,600円 50,000円 11・24ヶ月後 メールとWeb
So-net 145,600円 50,000円 10ヶ月後 Web
アシタクリエイト 150,600円 45,000円 翌月 申込時の電話
DTI 157,600円 38,000円 13ヶ月後 メール
@nifty 181,225円 30,000円 12・24ヶ月後 メール 指定有料オプション契約
au one net(公式) 185,600円 10,000円 4ヶ月後 auひかり申し込み後3ヶ月以内にau Payカードを申し込むこと

※価格はすべて税抜(キャッシュバックを除く)

この表から、フルコミットには、以下2つのメリットがあることがわかります。

  1. 最大60,000円(オプションなしでも最大50,000円)のキャッシュバック
  2. キャッシュバックの手続きも簡単ですぐに受け取れる

キャッシュバック額だけを見ると、GMOとくとくBBや25のほうが高額です。

しかし、フルコミットは他社と違い、有料オプションに入らなくても最大50,000円という高額キャッシュバックが最短翌月に振込まれます

また、申請方法も申し込み後、折り返しかかっている確認電話で口座番号を伝えるだけと非常にかんたんなので、もらい忘れる心配もありません。

キャッシュバックは金額も大切ですが、受取方法や受取時期の早さも重要です。

その点を考えると、フルコミットは還元額も高く、受取方法もかんたんで、受取時期も最短翌月と早いので、auひかりをもっともお得に申し込める窓口といえますね!

さらに、フルコミットではau公式キャンペーンの他社違約金負担キャンペーンに最大25,000円を上乗せするキャンペーンも同時開催しています。

フルコミットから申し込めば、公式特典と合わせて最大55,000円の違約金を負担してもらえるので、auひかりに乗り換えを検討している人にもフルコミットは最適な窓口ですよ!

auひかりを申し込む5つのメリット

auひかりには、以下5つのメリットがあります。

  • 回線速度が速い
  • キャンペーンを利用すれば実質料金も安い
  • auスマホとのセット割が適用できる
  • 開通工事費が実質無料になる
  • 他社の違約金を負担してくれる

ここでは各メリットの解説だけでなく、本当にauユーザーはこのポイントをメリットと感じているのか、auユーザーのツイートもいくつかあわせてご紹介していきます。

回線速度が速い

冒頭でも述べたように、auひかりの回線速度は最大1Gbpsです。

最大1Gbpsという速度は他社回線と同レベルですが、auひかりは自社でインターネット設備を保有しているため、実測値が出やすくなります

その証拠に、ユーザーからの実測値レポートでもほぼ常時、50社中トップ10にランクインしています。

順位 光回線名 平均ダウンロード速度
1 コミュファ光 403.5Mbps
2 NURO光 401.69Mbps
3 Baycom光 374.61Mbps
4 スターキャット光 356.67Mbps
5 eo光 345.69Mbps
6 CCNet 光 344.74Mbps
7 auひかり 327.58Mbps
8 メガ・エッグ光 322.61Mbps
9 ひかりdeネット TNC 317.37Mbps
10 NCV光 310.9Mbps
25 So-net光プラス 223.66Mbps
26 ソフトバンク光 215.71Mbps
27 フレッツ光(ネクスト) 202.86Mbps
29 ドコモ光 198.86Mbps
32 OCN光 181.3Mbps

出典:みんなのネット回線速度『光回線の通信速度ランキング』

実際に、実測値を報告していらっしゃるauひかりユーザーのツイートも見てみましょう。


通常、インターネットの通信速度は昼間や18時以降など、ネット利用者が一気に増える時間帯は遅くなる傾向にあります。

これは光コラボほど顕著に表れる傾向ですが、auひかりは自社でインターネット設備を保有しているため、この方のように、22時といった時間帯でも、361Mbpsと非常に速い実測値が出せます。

独自回線は、全国で利用できる光コラボより必然的に利用者が少ないといった点も、実測値が速くなる要因といえますね。

また、auひかりはエリア限定で、より高速な最大5Gbps、最大10Gbpsのプランも契約できます。

auひかり ホーム5ギガ auひかり ホーム10ギガ
最大速度 5Gbps 10Gbps
エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリア
月額料金 1年目 5,100円 5,880円
2年目 5,000円 5,780円
3年目 4,900円 5,680円
4年目~ 5,400円 6,180円

※価格はすべて税抜

ホーム5ギガ・10ギガは、auひかりをより高速で楽しみたい人向けのプランです。

ネット検索やYouTube、SNSなどを普通に楽しむ程度なら、標準プランでも十分満足できます。

ただし、オンラインゲームや長編映画などを月に何本も楽しみたい人は、高速プランに変更するとゲーム中のカクツキが軽減されたりダウンロード時間が短縮されたりするので、おすすめです。

実際に5ギガ・10ギガプランを契約している人のツイートを見てみましょう。


ホーム5ギガの月額料金は、通常プランの料金に月500円がプラスされます。

しかし、3年間は「超高速スタートプログラム」が適用されるので、実際の料金は3年間通常プランと同じです。

エリア内に住んでいれば、通常プランと同料金でこの方のように超高速なauひかりを楽しめるので、お得ですね。


ホーム5ギガでも十分すぎる実測値でしたが、10ギガともなると実測値はケタ違いに速くなりますね!

実測値は下りだけでなく上りも格段にアップするので、YouTubeなど外部サイトへ動画を頻繁にアップロードする方は、作業時間がかなり短縮されます。

また、家族全員が同時間にVODやオンラインゲームなどを利用したとしても、これだけの速度が出ていればまず途中で止まることはないので、終始快適に楽しめるでしょう。

キャンペーンを利用すれば実質料金も安い

auひかりの月額料金は、マンションが3,800円、戸建ては1年目5,100円、2年目5,000円、3年目以降4,900円となっています。

これだけを見ると、auひかりの料金は他社と比べて格段に安いといえませんよね。

しかし、申込窓口が提供しているキャッシュバックを利用すると、以下のように他社より実質料金がグッと下がるため、インターネット料金を安くしたいというユーザーの希望を叶えることができますよ!

戸建て(3年) マンション(2年)
月額料金 実質料金 月額料金 実質料金
auひかり 1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目~:4,900円
135,600円 3,800円 41,900円
NURO光 4,742円 141,470円 最安1,900円 最安33,200円
コミュファ光 1年目:3,630円
2年目~:4,630円
131,250円 1年目:2,900円
2年目~:3,900円
50,300円
So-net光プラス 1・2年目:3,080円
3年目~:5,580円
155,800円 1・2年目:2,080円
3年目~:4,480円
62,340円
eo光 1年目:2,953円
2年目~:4,953円
162,365円 3,024円 79,130円
auひかり ちゅら 5,100円 184,400円 3,300円
※最大100Mbps
80,000円
ソフトバンク光 5,200円 190,500円 3,800円 89,900円
ドコモ光 5,200円 202,300円 4,000円 157,000円

※価格はすべて税抜


こちらの方はSoftBank Airからauひかりに乗り換えたことで、速度だけでなく料金も安くなったとツイートされていますね。

SoftBank Airは月額料金だけを見ると、1年目4,300円、2年目~4,880円とauひかりより安く利用できるように見えます。

しかし、auひかりはキャッシュバックが高額なので、月額料金は一般的な光回線と同じでも、実質料金はかなり安くなるのです。

インターネットを安く契約するなら、月額料金でなく、キャッシュバックを加味した実質料金で見ることを忘れないようにしましょう。

auスマホとのセット割が適用できる

auユーザーがauひかりとauひかり電話を同時契約すると、「auスマートバリュー」が適用されます。

セット割名称 auスマートバリュー
割引額 最大1,000円/月
割引台数 家族間のauスマホ、最大10台まで

auスマートバリューは家族間のauスマホを最大10台まで適用できますが、1人でも年間最大12,000円安くなるので、auユーザーなら絶対適用させたい割引です!

インターネットは一度契約するとそうかんたんに変えるものではないので、長期契約を考えると、auひかりを契約するだけで、スマホ料金が10万円以上お得になる可能性もあります。


今やインターネットを契約する際は、契約中のスマホキャリアとセット割が組める回線を選ぶのがマストです!

auスマートバリューを適用させるためには、別途ひかり電話(月額500円)に加入しなければなりません。

固定電話を利用しない人からすると無駄な契約に思えますが、auスマートバリューは最低でも毎月500円が必ず引かれるので、ひかり電話の基本料金はプラマイゼロになります。

ということは、auユーザーなら実費負担0円でセット割が組めるので、固定電話を使う使わないに関係なく、auユーザーというだけでスマホをお得に契約できるのです。

したがって、auユーザーならauスマートバリューが組めるauひかりの契約がベストとなります。

開通工事費が実質無料になる

auひかりは、戸建てプラン37,500円、マンションプラン30,000円の工事費がかかります。

しかし、auひかりをひかり電話と一緒に契約すると、全員に「初期費用相当額割引」が適用されるので、戸建てなら60ヶ月、マンションなら24ヶ月間の継続利用で工事費が実質0円になりますよ。


こちらの方が説明しているように、auひかりの工事費は毎月分割分が請求されるものの、同額が初期費用相当割引で引かれるので、実費負担はありません。

基本料金(ひかり電話の基本料金込) 5,600円
工事費(ひかり電話の基本料金込) 37,500円
(625円×60ヶ月)
初期費用相当額割引 -37,500円
(-625円×60ヶ月)
月額料金 5,600円

※価格はすべて税抜

完全無料にするためには戸建て5年間、マンション2年間の継続利用が必要ですが、インターネットはそう短期間で解約するものではないので、継続年数はそこまで大きな問題にならないでしょう。


auひかりは工事費無料キャンペーンを常に実施しているので、いつ契約をしても継続利用さえ約束できれば工事費は実質無料になります。

さらに、このキャンペーンは新規契約者だけでなく乗り換えユーザーにも適用される点がポイントです。

光回線によっては新規契約者、または乗り換えユーザーのどちらかしか工事費を実質無料にできないところもあるので、この点においてもauひかりはお得といえますね。

他社の違約金を負担してくれる

auひかりに乗り換えた人は「auひかり新スタートサポート」が適用され、解約時に発生した違約金を最大30,000円までauに負担してもらえます

auひかり新スタートサポートを適用させるためには、ネット+ひかり電話+電話オプションパックEXに申し込み、36ヶ月以上継続利用しなければなりません。

電話オプションパックEXは690円/月かかりますが、違約金がネックで乗り換えられない人には大変お得なキャンペーンです。


この方もツイートされているように、auひかりは代理店フルコミットから申し込むと、違約金負担に25,000円が上乗せされます。

ということは、最大55,000円分も違約金を負担してもらえるので、かなりお得ですよね!

さらに、auひかり新スタートサポートで負担してくれる費用は、違約金だけでなく、工事費残債・スマホの端末残債・番号ポータビリティ手数料・NTT加入電話工事費も含まれます。

ネットは更新月で乗り換えれば違約金不要ですが、違約金がかからなくてもスマホの端末代が残っていたり、番号ポータビリティ手数料が発生したりするなら利用してみましょう。

55,000円もあれば、高確率でauひかりに実費負担0円で乗り換えられますよ!

auひかり4つの注意点

auひかりにはメリットだけでなく、以下4つの注意点もあります。

  • 一部エリアでは申し込めない
  • マンションプランは回線速度が遅くなる場合がある
  • 開通工事の完了までに期間がかかる場合も
  • auユーザー以外は他光回線のほうがおすすめ

ここでもauひかりユーザーの口コミをご紹介しながら、ひとつずつ解説していきましょう。

一部エリアでは申し込めない

auひかりは提供エリアが限定的なので、申し込み前にお住まいの地域が以下の提供エリアに含まれているか、必ず確認しましょう。

戸建て マンション
提供エリア 東海・関西・沖縄以外の日本全国 沖縄以外の日本全国

ちなみに、auひかりは戸建てもマンションも、沖縄は「auひかり ちゅら」という別サービスが提供されます。

名称は「auひかり」と付いていますが、料金や割引サービス、利用できる代理店もまったく異なるので、沖縄県にお住まいの方は注意をしてください。


こちらのツイートにもあるとおり、auひかりは戸建てとマンションで提供エリアの範囲が異なります。

東海・関西地域は戸建てだと契約できませんが、マンションなら契約できるので、該当地域にお住まいの方はエリア確認で一度チェックをしてみましょう。

ちなみに、なぜauひかりが東海・関西・沖縄で契約できないのかというと、auと資本提携を結んでいる別の事業者が該当地域でサービスを展開しているからです。

したがって、東海・関西・沖縄にお住まいの方は、auひかりが資本提携を結んでいる以下の回線からお住まいの地域で契約できるものを選択し、auひかり同様、auスマートバリューを適用させましょう。

auひかり対応エリア外にお住まいの方におすすめの光回線

マンションプランは回線速度が遅くなる場合がある

戸建てはどんな家に住んでいても電線から直接室内に光ファイバーを引き込めるので、最大速度は1Gbpsです。

しかし、マンションは建物ごとに採用されている配線方式が違うので、マンションによっては、最大速度が1Gbpsのところもあれば、100Mbpsに制限されていることもあります。

マンションプラン 採用されている建物の特徴 最大速度
タイプG ・共用部分まで光ファイバーが引き込まれている
・共有部分から各戸までは既存の電話線を使用
・光ファイバーを複数戸で共同利用
664Mbps
タイプV 100Mbps
都市機構 ・UR都市機構の賃貸マンション
・共用部分まで光ファイバーが引き込まれている
・共用部分から各戸までは既存の電話線を使用
70Mbps
都市機構G ・UR都市機構の賃貸マンション
・共用部分から各戸までは既存の電話線を使用
・光ファイバーを複数戸で共同利用
664Mbps
タイプE ・共用部分まで光ファイバーが引き込まれている
・共用部分から各戸までは棟内LANを活用
100Mbps
タイプF ・共用部分まで光ファイバーが引き込まれている
・共用部分から各戸までは棟内の光配線を使用
1Gbps
ギガ ・共用部分まで引き込んだ光ファイバーを各戸まで配線 1Gbps
ミニギガ ・3階建て以下かつ8戸以上の集合住宅
・各戸まで光ファイバーを配線
1Gbps

例えば、タイプVまたはタイプEのマンションにお住まいの場合は、どんなに高性能なルーターを購入しても、実測値を100Mbps以上にはできません。

マンションにお住まいの方は、エリア確認の段階でお住まいのマンションがどのタイプに属しているのかわかるようになっているので、実測値を重視したいなら、エリアだけでなく契約タイプも一緒に確認してください。

もしお住まいのマンションがタイプVやタイプGなど、最大1Gbps以下の設備しか導入していない場合は、残念ながら、マンションギガなどの設備を導入しているマンションに引っ越すしか手段はありません。

開通工事の完了までに期間がかかる場合も

これはauひかりに限らず、どの光回線にもいえることです。

インターネットの開通工事は基本的に立ち会いが必要なので、長期休み、年末年始、連休など休みが取りやすいタイミングになると、予約が殺到します。


また、このツイートの時期同様、年度末(2月~3月)は新生活の準備が始まるシーズンなので、長期休みなどのタイミングと同じように、予約が取りにくくなります。

したがって、開通工事を素早く終えたい場合は、長期休みや年度末をはずして申し込むのがベストです。


こちらの方は、1週間前に申し込んで7月23日に工事が完了したとツイートされているので、ちょうど夏休み前に工事を申し込んだようですね。

このように、繁忙期をはずして申し込めば、auひかりの工事は1週間程度で完了するので、申し込みから完了までの期間を短くしたい人は、申し込むタイミングに気をつけてみてください。

auユーザー以外は他の光回線がおすすめ

auユーザーならセット割が組めるauひかりがもっともおすすめですが、その他のキャリアでスマホを契約している人はauひかりを選んでもセット割が組めません。


Twitterを見てみると、このように「料金が安い」「速度が速い」という話に乗せられて、auユーザー以外の人がauひかりを契約しているケースが多々見られました。

確かにauひかりは、メリットの多い光回線です。

しかし、ネット契約をするなら何を差し置いてもセット割を重視すべきなので、そのほかのキャリアユーザーは、auひかり以外も検討!スマホキャリア別おすすめ光回線7社を紹介を参考に、セット割が組めるものを探してみましょう!

かんたん3ステップ!auひかりの申し込みから開通までの手順     

auひかりをお得な申込窓口「フルコミット」から申し込み、開通させるまでの手順は、以下のとおりです。

  1. auひかりをフルコミットから申し込む
  2. 工事日を調整する
  3. 開通工事をして利用開始
  4. キャッシュバックを受け取る

各手順を詳しく説明していきましょう。

➀auひかりをフルコミットから申し込む

まずは、ネット契約のみで50,000円、ひかり電話を同時に申し込めば60,000円のキャッシュバックがもらえる代理店フルコミットから、auひかりを申し込みましょう。

乗り換えユーザーの方は、フルコミットを窓口にするだけで、「auひかり新スタートサポート」の金額が35,000円から55,000円にアップされます。

違約金だけでなく、スマホの端末残債やナンバーポータビリティ手数料なども負担してもらえるので、乗り換え時になんらかの費用が発生する人は、ぜひフルコミットを窓口に利用しましょう!

➁工事日を調整する

申し込みが完了すると、auひかりから工事日を調整するための電話がかかってきます。

工事当日は立ち会いが必要なので、仕事などの都合が付く日を指定しましょう。

➂開通工事をして利用開始

工事日になると、屋外と室内の工事が行われます。

工事といっても、光ファイバーを室内に引き込みホームゲートウェイを任意の場所に設置するだけなので、1時間もあれば終了しますよ。

ちなみに、立会人は契約者本人でなく、代理人でも問題ありません。

ただし、代理人に立ち会ってもらう場合でも、契約者本人へいつでも連絡が付くようにしておいてください。

④キャッシュバックの受け取り

フルコミットのキャッシュバックは、代理店分とプロバイダSo-net分の2つにわかれています。

代理店分は申し込み後にかかってくる電話で受取申請が完了し、翌月には受取が完了しているので、ここではプロバイダSo-net分のキャッシュバック申請を行いましょう

プロバイダSo-net分は、申し込みから半年後に申請できるようになっています。

申請をするとキャッシュバックは翌月振込まれるので、忘れず手続きをしてください。

auひかり以外も検討!スマホキャリア別おすすめ光回線7社を紹介

光回線の契約先を決めるときに重要なのが、スマホ×セット割の有無です。

しかし、関西・東海・沖縄にお住まいの方は、auスマホを利用していてもauひかりを契約できないので、auひかり以外でauスマートバリューが適用される光回線を選びましょう。

また、auユーザー以外の人なら各キャリアに対して割引がある光回線を選ぶことが大切です。

これらの話をまとめると、タイプ別におすすめできる光回線は、以下のようになります。


 

タイプ おすすめの光回線
auひかりがエリア外のauユーザー So-net光プラス
関西エリアのauユーザー eo光
東海エリアのauユーザー コミュファ光
沖縄エリアのauユーザー auひかり ちゅら
ソフトバンクユーザー NURO光
ドコモユーザー ドコモ光
格安SIMユーザー auひかり または NURO光

ここでは各光回線の概要を紹介していくので、光回線選びの参考にしてください。

auひかりエリア外のauユーザーにおすすめの光回線

auひかりがエリア外だったauユーザーは、お住まいの地域で供給されている電力会社の光回線か、全国で契約でき長期間月額料金割引が続くSo-net光プラスがおすすめです。

auひかりがエリア外のauユーザー・・・「So-net光プラス」

エキサイト So-net

auひかりがエリア外だった人は、ここまでご紹介した地域限定の光回線だけでなく、日本全国で契約できる「So-net光プラス」もおすすめです。


 

戸建て

マンション

エリア

日本全国
セット割

auスマートバリュー
最大速度

1Gbps
月額料金

1、2年目:3,480円
3年目~:5,580円
1、2年目:2,480円
3年目~:4,480円
初期費用

3,000円
工事費

実質無料
キャンペーン内容

・月額料金の長期割引
・v6プラス対応ルーター無料レンタル
・訪問設定サポート1回分無料
3年間の実質金額

165,400円 129,300円
3年間の実質月額

4,594円 3,592円

※価格はすべて税抜

So-net光プラスは、auスマートバリューが適用できる光回線です。

So-net公式から申し込めば、初月から自動的に月額料金割引が適用されます。

月額料金割引は、キャッシュバックのように面倒な申請をする必要も、もらい忘れる心配もしなくていいので、確実に実質料金を安くしたい人には打ってつけの特典です。

また、So-net公式から申し込むと、v6プラス対応の無線ルーターも永年無料でレンタルできます。

So-net光プラスはv6プラス対応ルーターとセットで使えば実測値をより安定させられるので、これもうれしい特典ですね。

「実質料金を確実に安くしたい」「安定した高速通信を利用したい」というauユーザーは、So-net公式からSo-net光プラスを契約してみてはいかがでしょうか?

関西エリアのauユーザー・・・「eo光」

関西エリアにお住まいのauユーザーは、オプテージが提供している「eo光」がおすすめです。


 

戸建て マンション
エリア 滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・福井
セット割 auスマートバリュー
最大速度 1Gbps
※エリア限定で5ギガ・10ギガプランあり
1Gbps
月額料金 1年目:2,953円
2年目~:4,953円
3,024円
初期費用 3,000円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・eo暮らしスタート割
・eo光テレビパック割
・戸建て10,000円、マンション3,000円の商品券プレゼント
・eo電気×関電ガスのセット割
・10ギガ5ギガ月額料金割引キャンペーン
・セキュリティパック12ヶ月無料
・無線ルーター12ヶ月無料レンタル
・他社違約金最大50,000円分負担
3年間の実質金額 162,365円 118,850円
3年間の実質月額 4,510円 3,301円

※価格はすべて税抜

eo光も独自でインターネット設備をもっているので、実測値が速い光回線です。

関西ではメジャーな光回線となっており、2019年のオリコン顧客満足度調査では、近畿地方で通信速度・安定性・サポートサービス部門で第1位を獲得しています!

電気やガスとのセット割もあるので、関西地方にお住まいのauユーザーは、eo光を検討してみましょう。

東海エリアのauユーザー・・・「コミュファ光」

東海エリアにお住まいのauユーザーは、中部テレコミュニケーションズが提供している「コミュファ光」がおすすめです。

戸建て マンション
エリア 愛知・岐阜・三重・静岡・長野
セット割 auスマートバリュー
最大速度 1Gbps
※エリア限定で5ギガ・10ギガプランあり
月額料金 1年目:3,930円
2年目~:4,930円
1年目:3,200円
2年目~:4,200円
初期費用 700円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・乗り換えキャンペーン2020
・ギガデビュー割2020
・ギガデビュー割 信州2020
・スマートホームキャンペーン2020
3年間の実質金額 131,250円 100,700円
3年間の実質月額 3,646円 2,797円

※価格はすべて税抜

コミュファ光もauひかり同様、独自でインターネット設備をもつ光回線です。

そのため、実測値も速く、混雑しやすい時間帯でもサクサクつながりやすいといった特徴をもっています。

コミュファ光は、東海地方で人気の光回線です。

2017年からは4年連続、東海エリアの回線サービス部門で顧客満足度No.1を獲得しているので、いかにユーザーからの支持が厚いかわかりますね。

東海エリアにお住まいのauユーザーは、ぜひコミュファ光を検討してみてください!

沖縄エリアのauユーザー・・・「auひかり ちゅら」

沖縄エリアにお住まいのauユーザーは、沖縄セルラーが提供している「auひかり ちゅら」がおすすめです。


 

戸建て マンション

エリア 沖縄
セット割 auスマートバリュー
最大速度 1Gbps
月額料金 5,490円 4,290円
初期費用 800円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・最大50,000円キャッシュバック
・しま割
・auセット割(auスマートバリューとの併用不可)
3年間の実質金額 148,440円 115,240円
3年間の実質月額 4,123円 3,201円

※価格はすべて税抜

auひかり ちゅらとauひかりは名称が似ていますが、サービス内容がまったく異なります。

しかし、auひかり ちゅらでもauスマートバリューが適用できるので、沖縄県にお住まいのauユーザーにはピッタリですよ。

ただし、auひかり ちゅらでは、「auセット割」を適用させてしまうとauスマートバリューが適用できなくなってしまいます。

割引率はauスマートバリューのほうが大きいので、auひかり ちゅらを契約するならauセット割ではなく、auスマートバリューを適用させましょう

ちなみに、auひかり ちゅらは2018年から2020年まで固定ブロードバンドサービス顧客満足度部門で3年連続1位を獲得している光回線です。

沖縄での利用者数も多い光回線なので、沖縄県にお住まいのauユーザーは、auひかり ちゅらを検討してみてください。

ソフトバンクユーザー・・・「NURO光」

ソフトバンクユーザーの方は、標準で2Gbpsの高速通信が利用できる「NURO光」をおすすめします。

戸建て マンション
エリア 北海道・関東・東海・関西・九州の一部エリア
セット割 おうち割 光セット
最大速度 2Gbps
※エリア限定で6ギガ・10ギガ・20ギガプランあり
2Gbps
月額料金 4,742円 1,900~2,500円
初期費用 3,000円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・戸建て45,000円、マンション25,000円キャッシュバック
・設定サポート1回分無料
3年間の実質金額 141,470円 最安162,000円
3年間の実質月額 3,930円 最安1,722円

※価格はすべて税抜

NURO光は、ソフトバンクスマホとセット割が組める光回線です。

エリアは限定的ですが、最大速度2Gbpsと一般的な光回線より圧倒的に速い上、公式特設ページから申し込めば最大45,000円のキャッシュバックがもらえますよ。

また、月額料金も初月からずっと安いので、実質料金が安い点も特徴です。

NURO光の提供エリア内にお住まいのソフトバンクユーザーは、ぜひ公式特設サイトからNURO光をお得に申し込んでみてください。

ドコモユーザー・・・「ドコモ光」

現在ドコモスマホを利用しているなら、ドコモ光がおすすめです。

戸建て マンション
エリア 日本全国
セット割 ドコモ光セット割
最大速度 1Gbps
※エリア限定で10ギガプランあり
1Gbps
月額料金 5,200円 4,000円
初期費用 3,000円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・最大20,000円キャッシュバック
・2,000pt分のdポイントプレゼント
・v6プラス対応WiFiルーター無料レンタル
3年間の実質金額 202,300円 157,000円
3年間の実質月額 5,619円 4,361円

※価格はすべて税抜

ドコモの場合、セット割が組める光回線はドコモ光のみに限定されるので、必然的にドコモ光がおすすめとなります。

ドコモ光は混雑しやすい時間帯でもサクサクつながるv6プラスに対応しているため、v6プラス対応プロバイダを選ぶことで、常に安定した高速通信が利用できます。

v6プラス対応プロバイダは複数ありますが、中でもGMOとくとくBBから申し込むと、v6プラス対応のWiFiルーターを永年無料レンタルできるので、お得です。

また、最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しているので、ドコモユーザーの方はGMOとくとくBBからお得にドコモ光を契約しましょう。

格安SIMユーザーは「auひかり」または「NURO光」

格安SIMにも、セット割が組める光回線はあります。

しかし、セット割が組めても割引額は毎月数百円と安いので、格安SIMユーザーにおいては、実測値が速くて安定している「auひかり」、または「NURO光」
を選びましょう。

中でもauひかりは、速度だけでなく実質料金も他社より安いので、料金を重視したいなら断然auひかりをおすすめします。

ただし、料金よりも実測値を重視したいというのであれば、標準で2Gpps、さらにエリア限定で最大20Gbpsを利用できるNURO光がおすすめです。

なお、auひかりもNURO光もエリアが限定された独自回線なので、契約前にお住まいの地域がエリア内に入っているか必ず確認してくださいね。

まとめ

auひかりは以下3つのメリットから、すべてのauユーザーにおすすめできる光回線だと判明しました。

  1. auのスマホ代が割引される
  2. 回線速度が速い
  3. キャッシュバックを使えば他社と比較しても安い実質料金になる

ユーザーからの評判を見ても肯定的な意見が多く、満足度も高いことがわかったので、auユーザーなら、真っ先にauひかりを検討して問題ないでしょう!

auひかりは「代理店フルコミット」から申し込めば、最大60,000円のキャッシュバックが最短翌月に振込まれます

さらに、auひかり新スタートサポートへ25,000円が上乗せされる特典も実施中です!

この機会に、新規契約者だけでなく、乗り換えユーザーもフルコミットからauひかりをお得に契約してみましょう。

auひかり

【最新】auひかりのキャンペーン窓口16社を徹底比較!|窓口選びで失敗しない5つのポイント

[2020年11月更新] auひかりは公式特典とあわせて独自キャンペーンが受け取れるプロバイダや代理店からの申し込みがお得です。この記事では、どこが一番お得にauひかりを申し込めるのか、窓口16社を比較の上、詳しく解説していきますよ!
auひかり

【最新】auひかりのプロバイダ8社を徹底比較!選ぶべきプロバイダはこれだ!

[2020年11月更新] auひかりで契約できるプロバイダは全8社あります。この記事では各プロバイダを比較の上、重視したいポイント別にオススメのプロバイダを紹介しています!無料サービスやお得な申し込み特典についても解説していきますよ。
タイトルとURLをコピーしました