【49社比較】おすすめのインターネット回線はここだ!比較の仕方から完全ガイド

【49社比較】おすすめのインターネット回線はここだ!比較の仕方から完全ガイド インターネット

これからインターネットを自宅に引こうと思っている方、いま使っているインターネットから他社に乗り換えたい方は、さまざまな会社を比較し、よりピッタリ合う回線を選びたいですよね。

インターネットは会社によって速度や料金、割引内容が大きく異なるため、できるだけ多くの会社を比較することが大切です。

今回は、一般的なインターネット回線49社を徹底比較し、いま最もおすすめできる下記11社を状況別にご紹介します!

【おすすめできる回線と窓口】
タイプ おすすめの人 サービス名 おすすめ窓口
光回線 ドコモユーザー ドコモ光 ネットナビ
ソフトバンクユーザー NURO光 NURO光公式
ソフトバンク光 NEXT
auユーザー auひかり フルコミット
So-net光プラス So-net公式
・楽天モバイルユーザー
・格安SIMユーザー
NURO光 NURO光公式
So-net光プラス So-net公式
ホームルーター 速度重視 WiMAXホームルーター GMOとくとくBB WiMAX
ソフトバンクユーザー ソフトバンクエアー モバレコエアー
ポケットWiFi 速度重視 GMOとくとくBB WiMAX GMOとくとくBB
月20〜50GB消費する MONSTER MOBILE MONSTER MOBILE公式
月100GB消費する Mugen WiFi Mugen WiFi公式
月200GB消費する hi-ho Let’s WiFi hi-ho Let’s WiFi公式

最後まで読んでいただければ、ご自身にピッタリ合うインターネット回線とお得な窓口が見つかりますよ。

この記事を書いた人
執筆者
エキサイト プロバイダ比較編集部

エキサイト プロバイダ比較は「インターネット回線の『わかりづらい』を『わかりやすい』へ!」をモットーに、役に立つコンテンツを配信中!18年以上のプロバイダ運営実績のノウハウを活かして、忖度ナシでインターネット回線を紹介します。

エキサイト プロバイダ比較編集部をフォローする

インターネット回線を比較する前に「光回線」「モバイル回線」どちらにするか決めよう

スマートフォンの手渡しのアイコン

インターネット回線は、契約タイプ別に以下2つの種類があります。

【インターネット回線の種類】
契約タイプ 光回線 モバイル回線
おすすめの人 ・開通工事ができる物件に住んでいる
・速度を重視したい
・開通工事ができない物件に住んでいる
・室内外問わずネットを使いたい

モバイル回線には、さらにホームルーターとポケットWiFiの2つの種類があるんだよ

ホームルーターとポケットWiFiの違いは明確だから、まずは光回線かモバイル回線かで判断しましょ

まずは、光回線とモバイル回線の違いを把握し、どちらを契約すべきなのか決めましょう

速度を重視する人には「光回線」がおすすめ

光回線とは、電柱から光ファイバーを直接自宅へ引き込むタイプのインターネット回線です。

1戸1回線を専有できるため、インターネット回線の中では最も実測値が速くなります

そんな光回線のメリットとデメリットは、以下のとおりです。

【光回線のメリット・デメリット】
メリット デメリット
・実測値が最も速い
・速度制限にかからない
・大手スマホキャリアの料金が安くなる
・開通時に工事が必要
・月額料金が最も高い

光回線は次のような人に向いているので、当てはまる人は契約を検討してみてください。

光回線がおすすめの人
  • 速度を重視したい人
  • ゲームや動画を毎日長時間楽しみたい人
  • ドコモ、ソフトバンク、auのスマホを契約している人

家の中でたくさんインターネットを使う人は光回線がおすすめだね

工事不要&外でも利用したい人は「モバイル回線」がおすすめ

モバイル回線とは、ルーター端末の電源を入れるだけでネットに接続できるインターネット回線です。

開通工事をする必要がないため、マンションや賃貸物件など工事ができない物件でも使用できます

そんなモバイル回線には「ポケットWiFi」「ホームルーター(置くだけWiFi)」の2種類があり、それぞれ以下のメリットとデメリットをもっています。

【モバイル回線のメリット・デメリット】
メリット デメリット
ポケットWiFi ・室内外問わずWiFiに接続できる
・データ容量を自分で選択できる
・月額料金が最も安い
・実測値が最も遅い
・場所によっては繋がりにくいこともある
・データを使い切ると速度制限にかかる
ホームルーター ・工事をしなくても自宅でネットが使える
・速度が安定している
・ソフトバンクスマホの料金が安くなる*
・サービスによっては速度制限がある
・場所によっては繋がりにくいこともある
・契約住所外に持ち出せない
※ソフトバンクエアーのみ

このことから、ポケットWiFiとホームルーターは次の人にピッタリです。

ホームルーターがおすすめの人
  • 自宅でしかインターネットを使わないけど、開通工事ができない人
  • ポケットWiFiより通信を安定させたい人
  • ソフトバンクスマホを使っている人
ポケットWiFiがおすすめの人
  • 自宅だけでなく、外出先でも頻繁にインターネットを使いたい人
  • 自分にピッタリ合うプランで、月額料金やデータ容量を無駄なく抑えたい人

光回線以外で、お家の中だけで利用する人はホームルーター、外出先でも利用する人はポケットWiFiがおすすめということね

インターネット回線の比較ポイント5つ!

検索・サーチの虫眼鏡アイコン

インターネット回線の契約先を比較する際は、以下の点を見比べてください。

①実質料金がお得になるか

料金を比較する際は、月額料金でなく実質料金で比較をしましょう。

実質料金は、以下の計算式で算出できます。

実質料金の計算方法
  • 契約月 × 月額料金 + 初期費用(工事費や手数料)- 還元額 ÷ 契約月数

実質料金がわかれば、キャンペーン内容や月額料金の変動するタイミングが異なるサービス同士でも、同条件で比較できますよ。

月額料金が高くてもキャンペーンによって実質料金が大幅に安くなることもあるんだ!

②自宅や生活圏がエリア内になっているか

インターネッットはサービスによって、使用できる範囲が決まっています。

自宅や生活圏がエリアから外れていると、契約できなかったりネットに接続できなかったりするので、対応エリアは公式サイトで事前にチェックしておきましょう。

特にポケットWiFiの場合は自宅だけじゃなくて職場や学校のようなよく行く場所もエリアに入っているか確認しなくちゃね

③速度(実測値)が速いか

公式サイトを確認すると、「最大1Gbps」などの速度が大きく掲載されていますね。

しかし、この速度はベストエフォートといって、最大限に良い条件下で使用した場合に出る最大速度です。

最大限に良い条件とは、まわりに障害物がなく、同時間にネットへ接続している人がまったくいないなど、現実ではありえない条件になるため、実際はここまでの速度は出ません。

最大速度の数字が大きいほど「速度は出やすい」とはいえるけどね

実際の速度(実測値)は、みんそくやTwitterの口コミを見るとわかります。

実際に、各インターネット回線の最大速度と実測値を見比べてみましょう。

【インターネット回線の最大速度と実測値】
インターネット回線 最大速度 実測値
光回線 NURO光 2Gbps 476.17Mbps
ドコモ光 1Gbps 242.28Mbps
auひかり 1Gbps 376.8Mbps
ポケットWiFi WiMAX(WX06) 440Mbps 34.56Mbps
ホームルーター WiMAX(HOME02) 440Mbps 37.54Mbps

このように、実際の速度は最大速度の半分以下です。

特に、光回線はほとんどの会社が速度を最大1Gpsと掲載していますが、回線を変えるだけで実測値は100Mbps前後変わることもあります。

スピードを重視したい人は、あらかじめ実測値をチェックしておくと安心です。

④月間のデータ容量は自分に合っているか

光回線とソフトバンクエアー(ホームルーター)は原則データ無制限ですが、ポケットWiFiやWiMAXホームルーターは、一定期間でデータを使い切ると速度制限にかかります。

【速度制限】
インターネット回線 速度制限内容
ポケットWiFi WiMAX 直近3日間で10GBを消費すると、翌日から夜間のみ制限
WiMAX以外 1日や1ヶ月など、一定期間内で契約プラン内のデータを消費すると、翌日のみまたは月末まで制限
WiMAXホームルーター 直近3日間で10GBを消費すると、翌日から夜間のみ制限

したがって、速度制限にかかりにくくするためには、光回線やソフトバンクエアーを契約するか、普段の使用量を目安に、自分に合うデータ容量でポケットWiFiを契約するしかありません。

以下に、20GB、50GB、100GB、200GBのデータ容量でできることをまとめたので、ポケットWiFiを契約する方は、プラン選びの参考にしてください。

【データ容量でできること】
月間データ容量 できること
ネット検索 LINE通話 YouTube(高画質)
20GB 13.2万ページ 800時間 30時間
50GB 33万ページ 2,000時間 75時間
100GB 66万ページ 4,000時間 150時間
200GB 132万ページ 8,000時間 300時間
※au「1GBで利用できる目安」を参照

実際はいろんな作業をするから、回数や時間は表の数値よりも少なくなるから注意してね

⑤キャンペーン内容が魅力的か

インターネット回線は、各申込窓口がさまざまなキャンペーンを実施しています。

  • 現金キャッシュバック
  • IPv6対応の無線ルーターを無料貸し出し
  • 他社違約金負担
  • 指定回線への無料乗り換えサポート
  • サポート1回分無料
  • 開通前のポケットWiFi無料貸し出し
  • 工事費実質無料特典

キャンペーン内容は窓口ごとにまったく異なるため、同じ回線でも多数の窓口を比較することが大切ですよ。

【20社比較】2021年おすすめの光回線5社を紹介!

モデム・ルーターのアイコン

光回線最大の特徴は、ドコモ、ソフトバンク、auのスマホに対し割引が利くことです。

月の割引額は最大1,100円/台ですが、1回線につき最大10~20台のスマホを割引対象にできるため、トータル数十万円の還元になることもあります!

家族で同じキャリアのスマホを使っていたらかなりお得!

セット割はキャッシュバックより還元額が高いため、光回線は次の掛け合わせがベストです。

おすすめの光回線

楽天モバイルと格安SIMは、セット割より実測値や実質料金の安さを重視して選んだほうがお得です。

したがって、現在こちらの2社を契約している人は、NURO光→So-net光プラスの順で契約先を検討してみてください。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

ドコモ光 ネットナビ

ドコモ光は「ドコモ光セット割」が組める光回線です。

【ドコモ光の概要】
戸建て マンション
エリア 全国
セット割 キャリア ドコモ
最大割引額 1,100円/月
対象台数 最大20台
最大速度 最大1Gbps
※エリア限定で、最大10Gbps
最大1Gbps
月額料金 5,720円 4,400円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 0円
キャンペーン内容 ・20,000円キャッシュバック
・最大2,000ptのドコモポイント進呈
・新規工事費無料
3年間の実質金額 209,020円 161,500円
3年間の実質月額 5,806円 4,486円
※価格はすべて税込
※代理店ネットナビから申し込んだ場合

ドコモの場合、ファミリー割引グループ内のドコモスマホを最大20台まで適用できます。

割引額は月1,100円/台ですが、最高22,000円/月もスマホ代が安くなるため、ドコモユーザーの多いご家庭なら通信費を劇的に安くできますね!

また、ドコモ光は「代理店ネットナビ」から申し込むと、上の公式特典に加え、以下の独自特典が適用されます。

  • 最大20,000円のキャッシュバック
  • ドコモ光専用無料訪問サポート
  • v6プラス対応高性能WiFiルーターをレンタル提供

ドコモ光は光コラボ回線ですが、v6プラスルーターを使えば常時サクサク通信できるようになるため、プロバイダはv6プラスに対応しているものを選びましょう。

ネットナビであれば複数のプロバイダから選んで申し込みできるよ!

ドコモユーザーは、ドコモ光をネットナビから申し込みましょう。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がおすすめ

NURO光

NURO光は「おうち割 光セット」が組める光回線です。

【NURO光の概要】
戸建て マンション
エリア 北海道・関東・東海・関西・中国・九州
セット割 キャリア ソフトバンク
最大割引額 1,100円/月
対象台数 最大10台
最大速度 最大2Gbps
※エリア限定で、最大20Gbps
最大2Gbps
※エリア、階数限定で、最大10Gbps
月額料金 5,200円 2,090円~2,750円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・45,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・リモート/設定サポート1回無料
・25,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
3年間の実質金額 165,300円 73,340~97,100円
3年間の実質月額 4,592円 2,037~2,697円
※価格はすべて税込
※公式特設サイトから申し込んだ場合

おうち割 光セットは、最大10台までの家族間ソフトバンクスマホを割引対象にできます。

ソフトバンクユーザーの多いご家庭なら、毎月最大11,000円もの割引を受けられる計算です!

NURO光は、光回線の中で最も実測値の速いインターネット回線です。

追加料金なしで誰でも最大2Gbpsのプランを契約できますし、独自回線ゆえ夜間もサクサク通信できますよ。

NURO光は最大速度が速いから、実測値も速くなりやすいのよ

そんなNURO光は「公式サイト」から申し込むと、戸建て4.5万円、マンション2.5万円の現金キャッシュバックが6ヶ月後に振り込まれます

条件はネットを申し込むだけなので、もらいやすいですね!

ソフトバンクユーザーは、ぜひ公式サイトからNURO光を申し込みましょう。

NURO光エリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光_NEXT

NURO光は対応エリアが限定的なので、ソフトバンクユーザーの中には契約できない人もいるでしょう。

そこで、NURO光がエリア外だった人には、同じセット割を使えるソフトバンク光が最適です。

【ソフトバンク光の概要】
戸建て マンション
エリア 全国
セット割 キャリア ソフトバンク
最大割引額 1,100円/月
対象台数 最大10台
最大速度 最大1Gbps
※エリア限定で、最大10Gbps
最大1Gbps
月額料金 5,720円 4,180円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
(乗り換えの場合実質無料)
キャンペーン内容 ・37,000円キャッシュバック
・工事費実質無料(乗り換え限定)
・おうち割 光セットスタートキャンペーン
・開通前レンタル
・あんしん乗り換えキャンペーン
3年間の実質金額 218,420円 162,980円
3年間の実質月額 6,067円 4,527円
※価格はすべて税込
※代理店NEXTから申し込んだ場合

現在ソフトバンク光では、他社回線からの乗り換えの場合限定で、開通工事費が実質無料になるキャンペーンを実施中です!

これだけでもお得ですが、「代理店NEXT」から申し込むと、戸建て・マンション共に37,000円の現金が振り込まれるため、実質料金をより安くできますよ。

ソフトバンク光はNURO光ほど速度が出ないものの、光BBユニットをレンタルすればIPv6高速ハイブリッドに接続できるため、実測値が大幅に速くなります

通信混雑が起きやすい時間帯でも速度が遅くなりにくいんだ

ソフトバンク光でおうち割 光セットを適用させるためには、光BBユニットのレンタルが必須です。

光BBユニットは、ほかサービスを含め550円/月の利用料がかかるものの、利用料はおうち割 光セットの割引で相殺できるため、ソフトバンクユーザーなら実質無料です!

NURO光の対応エリアから外れてしまったソフトバンクユーザーは、代理店NEXTからお得に申し込みましょう。

auユーザーなら「auひかり」がおすすめ

auひかり フルコミット

auひかりは「auスマートバリュー」を組める光回線です。

【auひかりの概要】
戸建て マンション
エリア 沖縄・関西・東海以外の日本全国 沖縄以外の日本全国
セット割 キャリア au
最大割引額 1,100円/月
対象台数 最大10台
最大速度 最大1Gbps
※エリア限定で、最大10Gbps
最大1Gbps
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,180円
初期費用 契約事務手数料 3,300円 3,300円
工事費 実質無料 実質無料
キャンペーン内容 ・最大60,000円キャッシュバック
・auひかり新スタートサポート(他社違約金を最大30,000円負担+25,000円)
・工事費実質無料
3年間の実質金額 155,490円 109,400円
3年間の実質月額 4,319円 3,039円
※価格はすべて税込
※代理店フルコミットから申し込んだ場合

auスマートバリューは、65歳以上の家族なら離れて暮らしていても割引対象に組み込めます。

そのため、県外で暮らしている両親やお子さんなども、auユーザーならまとめてスマホ料金を安くできますよ!

auひかりは独自回線になるので、夜間になっても通信速度が落ちにくい光回線です。

auひかりは対応エリアが限定されているけど、速度重視の人にもおすすめだよ!

ちなみに、auひかりは「代理店フルコミット」を窓口にすると、上の公式特典に次の独自特典が上乗せされます。

  • 最大60,000円の現金還元
  • auひかり新スタートサポートに最大25,000円上乗せ

となると、新規ユーザーは最大60,000円、乗り換えユーザーは115,000円も還元されるため、豪華な特典を用意している窓口といえますね!

auスマホを使っている人は、代理店フルコミットからauひかりを申し込み、実質料金をどんどん下げていきましょう。

auひかりエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ

So-net光 公式

auひかりの対応エリアから外れてしまったauユーザーは、So-net光プラスが最適です。

So-net光プラスも「auスマートバリュー」対象の光回線ですよ。

【So-net光プラスの概要】
戸建て マンション
エリア 全国
セット割 キャリア au
最大割引額 1,100円/月
対象台数 最大10台
最大速度 最大1Gbps
月額料金 1ヶ月目:0円
2ヶ月目~:6,138円
1ヶ月目:0円
2ヶ月目~:4,928円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費 実質無料
キャンペーン内容 ・最大60,000円キャッシュバック
・v6プラス対応ルーターの月額料金が永年無料
・無料訪問設定サポート1回分無料
3年間の実質金額 177,930円 135,580円
3年間の実質月額 4,943円 3,766円
※価格はすべて税込
※公式サイトから申し込んだ場合

So-net光プラスは光コラボ回線ですが、v6プラスルーターを使うことで、auひかり並みにサクサク通信できます。

v6プラスルーターのレンタル料金は無料!

また、公式サイトから申し込めば、最大60,000円のキャッシュバックがもらえる点もポイントです。

auひかりのエリア外でauスマホを契約している人は、So-net光プラスの公式サイトから光回線を申し込んでみましょう。

2021年おすすめのホームルーター2社を紹介!

外付けHDDのアイコン

ホームルーターを検討している人は、実測値と実質料金の安さを基準に契約先を選びましょう。

2021年8月現在、ホームルーターは次の2種類しかありません。

おすすめのホームルーター

どちらが自分に合っているか確認し、該当する項目をご覧ください。

速度重視なら「WiMAX」がおすすめ

GMOとくとくBB WiMAX

実測値を重視するなら、WiMAXのホームルーターをおすすめします。

なぜなら、みんそくで平均実測値を見てみると、WiMAXはソフトバンクエアーより常に上のランクに位置しているからです。

実際に、直近3ヶ月間の平均値を比べてみましょう。

  • WiMAX:47.4Mbps
  • ソフトバンクエアー:44.33Mbps

また、WiMAXはどこで使用しても最大速度は440Mbpsですが、ソフトバンクエアーは住所ごとで175Mbps~962Mbpsと変動します。

利用場所に関わらず安定した速度で使いたいならWiMAXだね!

そんなWiMAXのホームルーターは、契約前後のサポートが手厚く料金も確実に安い、GMOとくとくBB WiMAXからの申し込みがおすすめです。

【WiMAXの概要】
提供エリア 全国
使用回線 WiMAX2+
au 4G LTE
セット割 対象キャリア au
割引額 最大1,100円
対象台数 1台
最大速度
※HOME L02
440Mbps
月額料金 1~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン ・月額料金割引
・端末代無料
3年間の実質料金 174,599円
3年間の実質月額料金 4,719円
※価格はすべて税込 ※GMOとくとくBB WiMAXから申し込んだ場合

GMOとくとくBB WiMAXは、2ヶ月間の月額料金割引キャンペーンを実施しています。

また高額キャッシュバックをもらえば実質料金をとても安くできますよ!

高速のWiMAXを安く利用したい人はGMOとくとくBB WiMAXから申し込みましょう。

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンクエアー」もおすすめ

モバレコエアー

ホームルーターを契約するなら、基本的にWiMAXがおすすめです。

ただし、ソフトバンクスマホを契約しているなら、ソフトバンクエアーを契約すると「おうち割」が適用されるため、家庭の通信費が安くなりますよ!

【モバレコエアーの概要】
提供エリア 全国
使用回線 ソフトバンク
セット割 対象キャリア ソフトバンク
割引額 最大1,100円
対象台数 10台
最大速度 175Mbps~962Mbps
月額料金 1~2ヶ月目:2,167円
3ヶ月目~:3,679円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン ・月額料金割引
・17,000円キャッシュバック
・あんしん乗り換えキャンペーン
・端末代実質無料
3年間の実質料金 135,988円
3年間の実質月額料金 3,777円
※価格はすべて税込
※モバレコエアーから申し込んだ場合

ソフトバンクエアーは公式サイトから申し込むよりも、「モバレコエアー」から申し込んだほうが実質料金を大幅に安くできます。

月額料金割引やキャッシュバックなどの独自キャンペーンがたくさん!

モバレコエアーから申し込んでも、利用できる端末や通信環境はソフトバンクエアーと変わりません。

異なる点は月額料金だけなので、ホームルーターを検討しているソフトバンクユーザーは、モバレコエアーから申し込みましょう!

【27社比較】2021年おすすめのポケットWiFi4社を紹介!

ポケットWi-Fiのアイコン

ポケットWiFiの契約を検討している人は、普段の使用量から自分に合う容量を割り出し、その中で最も実質料金の安いところを選ぶと間違いありません。

まずは、ポケットWiFiの実質料金をWiMAX(実質無制限)クラウドSIM(容量制限あり)に分けて、比較してみましょう。

【WiMAX】
プロバイダ名 3年間の実質料金
GMOとくとくBB WiMAX
(キャッシュバック)
3,881円
DTI WiMAX 3,967円
GMOとくとくBB WiMAX
(月額料金割引)
3,865円
カシモWiMAX 3,994円
Broad WiMAX
(クレジットカード払い)
4,011円
EX WiMAX 3,807円
TikiモバイルWiMAX 4,401円
BIGLOBE WiMAX
(クレジットカード払い)
4,460円
So-net WiMAX 4,414円
BIGLOBE WiMAX
(口座振替)
4,692円
Broad WiMAX
(口座振替)
4,792円
エディオンネット 4,803円
UQ WiMAX 4,803円
DIS mobile WiMAX 4,803円
YAMADA air mobile 4,803円
KT WiMAX 4,803円
ワイヤレスゲートWiFi 4,803円
※価格はすべて税込
【クラウドSIM】
月間データ容量 サービス名 3年間の実質料金
20GB MONSTER MOBILE(縛りあり) 2,179円
ゼウスWiFi(縛りあり) 2,170円
どこよりもWiFi 1,989円
ゼウスWiFi(縛りなし) 2,707円
どこよりもWiFi(縛りなし) 2,489円
40GB ゼウスWiFi(縛りあり) 2,934円
ゼウスWiFi(縛りなし) 3,367円
50GB MONSTER MOBILE(縛りあり) 2,729円
Ex WiFi 3,037円
それがだいじWiFi 3,037円
どこよりもWiFi(縛りあり) 3,489円
どこよりもWiFi(縛りなし) 3,989円
100GB Mugen WiFi 3,442円
どこよりもWiFi(縛りあり) 3,489円
クラウドWiFi 3,807円
それがだいじWiFi 3,807円
THE WiFi(通常) 3,474円
ゼウスWiFi(縛りあり) 3,873円
地球WiFi 3,367円
ゼウスWiFi(縛りなし) 4,797円
Y!mobile 5,228円
120GB hi-ho Let’s WiFi 3,471円
150GB 限界突破WiFi 3,850円
MONSTER MOBILE(縛りあり) 3,917円
DoRaCOON 4,858円
200GB どこよりもWiFi(縛りあり) 3,489円
どこよりもWiFi(縛りなし) 3,989円
210GB hi-ho Let’s WiFi 4,259円
※価格はすべて税込

上記表より、実質無制限で使えるWiMAXの場合でもっともおすすめなのは実質料金が最も安い「GMOとくとくBB WiMAX」です。

また、月間データ容量が決まっているクラウドSIM系WiFiなら、容量別に以下のサービスがおすすめです。

クラウドSIMポケットWiFiのおすすめ

どの容量が自分に合っているのかわからないという人は、以下に20GB、50GB、100GB、200GBでできることを再度まとめたので、こちらを参考に契約先を選んでください。

【データ容量でできること】
月間データ容量 できること
ネット検索 LINE通話 YouTube(高画質)
20GB 13.2万ページ 800時間 30時間
50GB 33万ページ 2,000時間 75時間
100GB 66万ページ 4,000時間 150時間
200GB 132万ページ 8,000時間 300時間
※au「1GBで利用できる目安」を参照

速度重視なら「WiMAX」がおすすめ

WiMAX

速度重視なら、ポケットWiFiの中で最も実測値の速いWiMAXを選びましょう。

WiMAXは、WiMAX2+という独自回線のほか、auの4G LTE回線も併用できます

しかも、提供端末のスペックが高く、最新端末なら最大440Mbpsまで出せるため、最大150Mbpsしか出せないクラウドSIM系WiFiより実測値が速くなっています

WiMAXなら実測値だと下り速度が34.56Mbpsで速いんだ!

料金はクラウドSIM系WiFiより高めですが、以下のポイントを踏まえると、料金の高さは妥当といえるでしょう。

  • 速度制限にかかっても最大1Mbpsで通信できる
  • 速度制限は夜間のみ(制限期間中も日中は高速通信可能)
  • 直近3日間のデータ使用量が10GBを下回ると、制限が即解除される

したがって、速度重視、制限速度のゆるさ重視の人にはWiMAXがおすすめです。

WiMAXは多くのプロバイダがサービスを提供していますが、どこで契約しても端末や通信品質は変わりません。

ただし、キャンペーン内容や料金が異なるため、WiMAXを選ぶなら、高額なキャッシュバックで実質料金が安くなるGMOとくとくBBをを選びましょう!

高額キャッシュバックが魅力的な「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBB WiMAX

GMOとくとくBBは、WiMAXを業界最安級で利用できるプロバイダです。

【GMOとくとくBB WiMAXの概要】
提供エリア 全国
使用回線 WiMAX2+
au 4G LTE
セット割 対象キャリア au
割引額 最大1,100円
対象台数 1台
最大速度
※WX06
440Mbps
月額料金 1~2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目~:4,688円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン ・最大31,000円キャッシュバック(WX06)
・端末代無料
3年間の実質料金 143,599円
3年間の実質月額料金 3,881円
※価格はすべて税込

GMOとくとくBBが実質料金を最安級にできる理由は、最大31,000円の高額キャッシュバックにあります。

キャッシュバックは1年後でないともらえませんが、端末発送月を含む11ヶ月目に手続きを行えば、確実に実質料金を安くできますよ!

手続きのタイミングを忘れないように、メモを取っておこう!

WiMAXをとにかく安く使いたい人は、GMOとくとくBBから申し込んでみましょう。

小容量なら「MONSTER MOBILE」がおすすめ

モンスターモバイル

毎月20~50GBの範囲内でポケットWiFiを利用する人には、MONSTER MOBILEの縛りありプランをおすすめします。

【MONSTER MOBILEの概要】
提供エリア 全国
使用回線 au、ドコモ、ソフトバンク
セット割 対象キャリア なし
割引額
対象台数
最大速度 150Mbps
初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン なし
月額料金 20GB/月 50GB/月
2,090円 2,640円
3年間の実質料金 80,630円 100,980円
3年間の実質月額料金 2,179円 2,729円
※価格はすべて税込

MONSTER MOBILEは低容量のプランの料金が安く、特に20〜60GB程度のデータ量で間に合う人に大変おすすめです。

また、MONSTER MOBILEは1年以内の解約で10,780円、その後はいつ解約をしても違約金無料と、契約期間の縛りが短い点もポイントです。

毎日1時間程度YouTubeを見る人は、MONSTER MOBILEの20GBを契約しましょう。

大容量100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめ

毎月の使用データ量が100GB程度であれば「Mugen WiFi」がおすすめです。

【Mugen WiFiの概要】
提供エリア 全国
使用回線 au、ドコモ、ソフトバンク
セット割 対象キャリア なし
割引額
対象台数
最大速度 150Mbps
初期費用 契約事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン ・13,500円キャッシュバック
・30日間返金保証キャンペーン
月額料金 3,718円
3年間の実質料金 127,366円
3年間の実質月額料金 3,442円
※価格はすべて税込

Mugen WiFiでは最大13,500円のキャッシュバックが受け取れるため100GBのデータ容量帯では最安となります。

また、利用開始から30日間までであれば費用をかけずにキャンセルできるため、実際に満足行く速度が出るのかお試し感覚で使ってみることもできますよ。

YouTubeだけでなく、オンラインゲームやAmazonプライムなどの動画配信サービスを頻繁に楽しみたい方は、Mugen WiFiを検討してみましょう!

超大容量210GBなら「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめ

hi-ho Let's Wi-Fi

毎月200GBの大容量データを消費する人は、超大容量、毎月最大210GBもデータを使用できる「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめです。

【hi-ho Let’s WiFiの概要】
提供エリア 全国
使用回線 au、ドコモ、ソフトバンク
セット割 対象キャリア なし
割引額
対象台数
最大速度 150Mbps
初期費用 契約事務手数料 0円
端末代 0円
キャンペーン なし
月額料金 1〜13ヶ月目:3,278円
13ヶ月目〜:4,730円
3年間の実質料金 157,586円
3年間の実質月額料金 4,259円
※価格はすべて税込

hi-ho Let’s WiFiは1日あたり最大7GBまでの高速通信が行えるため、月間で最大210GB利用できるポケットWiFiです。

ポケットWiFiのデータ量ではhi-ho Let’s WiFiの210GBが最大なのよ!

hi-ho Let’s WiFiの月額実質料金は他社の200GBよりも安い、またはさほど料金が変わらないため、毎月たくさんのデータを利用する人はhi-ho Let’s WiFiが最もおすすめです。

昨今の情勢で在宅ワークを強いられている方、オンライン授業に切り替わった学生さんなどは、どこよりもWiFiを検討してみましょう。

インターネット回線の申し込み手順

インターネット回線は、次の3ステップで申し込みが完了します。

①たくさんの回線を比較して最も合った1社を選ぶ

インターネット回線は、回線ごとに料金もキャンペーン内容もまったく違います。

まずは、光回線、ポケットWiFi、ホームルーターの中からご自身にピッタリ合うものを選び、その後は本記事を参考に多方面から回線を比較して契約先を決めましょう。

キャンペーンは手続きの簡単さ・もらいやすさも重要だよ!

②インターネット回線のWeb窓口から申し込む

インターネット回線を申し込む際は、Web窓口を利用しましょう。

インターネット回線は、家電量販店や実店舗からも申し込めますが、店舗窓口は予算のほとんどが人件費に消えてしまうため、ユーザーへの還元額が少なくなります

一方、Web窓口なら人件費がほとんどかからないため、予算の大部分をユーザーへ還元できます。

キャッシュバックや月額料金割引など、より実質料金を安くするための特典を豪華にしたいなら、必ずWeb窓口を利用しましょう。

【光回線の場合】③開通工事をして利用開始

光回線は、申し込み後に開通工事が完了すると、その日からインターネットを利用できます。

ただし、タイミングによっては開通工事完了まで数ヶ月かかる場合もあるため、余裕がない人は、開通完了までポケットWiFiを無料で貸し出してくれる回線を選ぶといいでしょう。

ドコモ光やソフトバンク光は開通前のポケットWiFiレンタルサービスをやっているね

【ポケットWiFi・ホームルーターの場合】③端末が届いたら初期設定をして利用開始

ポケットWiFiやホームルーターは、端末が届いたその日からインターネットを利用できます。

利用開始前に初期設定が必要ですが、端末の電源を入れた後は、スマホやパソコンの設定画面で接続するだけなので、難しい設定は必要ありません

インターネットの比較・申し込みの際の注意点

注意

インターネットを比較したり、申し込んだりする際は、次の5点に注意をしましょう。

キャンペーンの適用条件が厳しくないか確認する

キャッシュバックなどのキャンペーンを実施している窓口の中には、以下のように厳しい適用条件を課している窓口もあります。

  • 契約から数ヶ月後に自分で申請を行う
  • 多数の有料オプション契約が必要
  • 外部サービスの同時契約が必要
  • 友人を紹介しないといけない
  • アンケートに回答しないといけない

このような窓口を選んでしまうと、結果的にキャンペーンが利用できなかったという事態になりやすいです。

キャンペーンは、ネットのみ、またはひかり電話などの必要オプションのみの契約で適用される窓口を選びましょう

オプションはできる限り少なくする

キャンペーンを適用させるため、契約時に多数のオプションへ加入する人もいるでしょう。

しかし、オプションを契約しすぎると結果的に月額料金がアップしてしまい、キャンペーンによる還元が意味をなさない場合があります。

インターネット回線を契約する際は、なるべく有料オプションを追加しないほうが望ましいです。

解約忘れの可能性もあるからオプションは避けたほうがいいね

乗り換えユーザーの場合は前の会社で違約金がかかるかもしれない

他社回線から乗り換える場合は、更新月以外に乗り換えると前の会社で違約金が発生する場合もあります。

違約金はだいたい10,450円が相場ですが、光回線はタイミングによって工事費残債を請求されることもあるので要注意です。

乗り換え時に違約金が発生してしまう人は、違約金を負担してくれる回線へ乗り換えると、実費負担を軽くできますよ。

auひかりやソフトバンク光には違約金負担のキャンペーンがあるわ

マンションでは光回線の新規工事が難しい場合が多い

光回線を新規契約すると、必ず開通工事が必要です。

戸建てならご自身の判断で工事をできますが、マンションの場合はオーナーや大家さんに許可を取らなければ開通工事を行えない場合が多くなっています

ただし、壁に穴を開けたりするような工事に対し許可が下りることはほとんどないので、マンションへ新たに光回線を開通させるのはあまり現実的でないでしょう。

マンションにあらかじめ導入されている光回線を使う場合は問題ないよ!

マンションにお住まいの方は、開通工事不要でインターネット環境が整うポケットWiFiや、ホームルーターの契約をおすすめします。

申し込みは必ずWebから行う

インターネットは特典内容が最も豪華なWeb窓口から申し込みましょう。

家電量販店やキャリアショップなどの対面契約は、キャンペーンの充実度が減るため、おすすめしません。

よくある質問

最後に、インターネット回線についてよくある質問とその回答をご紹介します。

おすすめの光回線は?

光回線最大の特徴は、ドコモ、ソフトバンク、auのスマホに対し割引が利くことです。

お持ちのスマホキャリアに合わせた光回線を選びましょう。

おすすめのポケットWi-Fiは?

ポケットWi-Fiには大きく分けてWiMAX(実質無制限)クラウドSIM(容量制限あり)があります。

必要な容量や実質料金を比較して、無駄の無いポケットWi-Fiを選びましょう。

おすすめのホームルーターは?

ホームルーターを検討している人は、実測値と実質料金の安さを基準に契約先を選びましょう。

2021年3月現在、ホームルーターは次の2種類しかありません。

    【おすすめのホームルーター】
  • 速度重視の人におすすめ「WiMAX
  • ソフトバンクユーザーにおすすめ「ソフトバンクエアー

まとめ

今回は、光回線、ポケットWiFi、ホームルーターの中から、おすすめの回線を11社ご紹介してきました。

インターネット回線は、以下5ポイントに注目して比較すると、ピッタリ合うものを選択できます。

  • 実質料金がお得かどうか
  • 自宅や生活圏がエリアに入っているか
  • 実測値は速いか
  • 月間データ容量は自分に合っているか
  • キャンペーン内容は魅力的か

本記事を参考に、ご自身に合うインターネット回線とお得な窓口を選んでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました