【徹底解説】アパートでインターネットを使うには?方法と「完備」「対応」の違いも解説

アパート インターネット インターネット

アパートでインターネットを契約する場合、まずは住んでいる物件がインターネット「完備」か「対応」か、もしくは「未対応」なのか調べなくてはいけません。

アパートの対応状況によって、どのような人にどのインターネット回線がオススメできるかが変わりますよ。

※タップで記事内の解説へジャンプします

インターネット
の対応状況
向いている人
物件の無料回線
[インターネット
完備の場合]
・工事などの手間が面倒な人
・すぐに利用を始めたい人
・安さ重視の人
光回線
[インターネット対応・
光ファイバー対応・
インターネット未対応
で工事可の場合]
・物件で工事が可能な人
・速度を重視したい人
・完全無制限で利用したい人
ホームルーター
[インターネット未対応
で工事不可の場合]
・物件で工事不可な人
・速度を重視したい人
・接続台数が多い人
ポケットWiFi
[インターネット未対応
で工事不可の場合]
・物件で工事不可な人
・外でもインターネットしたい人
・安さ重視の人

物件によって契約できる回線が限定されることもあるから、まずは対応状況を確認だね!

この記事を読めば、あなたがお住まいのアパートでどのインターネット回線が契約できるのか、どのように契約し利用開始できるのかがスッキリわかりますよ。

また、インターネット回線によってアパートにオススメの契約先を、以下のとおり紹介します。

アパートでインターネットをするうえで多く寄せられる疑問にも答えているので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

※この記事は2021年10月時点の情報です。

この記事を書いた人
執筆者
エキサイト プロバイダ比較編集部

エキサイト プロバイダ比較は「インターネット回線の『わかりづらい』を『わかりやすい』へ!」をモットーに、役に立つコンテンツを配信中!18年以上のプロバイダ運営実績のノウハウを活かして、忖度ナシでインターネット回線を紹介します。

エキサイト プロバイダ比較編集部をフォローする

【結論】アパートのインターネット18社比較!おすすめはコレだ

検索・サーチの虫眼鏡アイコン

まずはアパートで契約できるインターネット回線全18社を、一覧表でチェックしておきましょう!

今回は実質料金やキャンペーン、セット割のほか、速度測定結果を平均値をしてまとめているみんなのネット回線速度の実測値平均を、あわせて比較します。

実質料金とは毎月の料金だけでなく、工事費や端末代金といった初期費用など契約に必要な料金を足し、さらにキャッシュバックや割引特典などを引いた支払い総額です。

月額料金だけをみていても初期費用が高かったり、キャッシュバックなどの特典が薄ければ結果的にお得ではない場合もあるので、実質料金をしっかり比較してくださいね。

また、契約先によっては今お使いのスマホとのセット割引が適用される場合がありますよ。

スマホとのセット割が利用できる回線を選べば、通信費の節約ができるね!

さらにインターネットを快適に利用するためには、速度も重視したいポイントですよね。

インターネットの速度は最大通信速度ではなく、実際に出る速度=実測値を調べましょう。

最大通信速度は本当に出る速度じゃなく、理論上の数値だよ。
本当はどれくらいの速さで使えるかは、契約している人の口コミや速度測定サイトをチェックするといいわよ。

種類 事業者 契約期間 実質月額料金 データ量 セット割 キャッシュバック 平均速度
光回線 NURO光for
マンション
2年
1,736円
※1
無制限
ソフトバンク
25,000円
下り:476.17Mbps
上り:410.96Mbps
ポケットWiFi MONSTER MOBILE
1年
2,344円
20GB
下り:18.66Mbps
上り:9.51Mbps
ポケットWiFi Ex Wi-Fi
2年
3,080円
50GB
データなし
光回線 auひかり
※2
2年
2,193円
無制限
au
最大60,000円
下り:376.8Mbps
上り:270.57Mbps
ポケットWiFi Mugen WiFi
2年
3,310円
100GB
13,500円
下り:13.34Mbps
上り:8.1Mbps
ホームルーター モバレコエアー
2年
3,078円
無制限
ソフトバンク
・ワイモバイル
17,000円
下り:44.33Mbps
上り:6.25Mbps
ポケットWiFi どこよりもWiFi
2年
3,532円
100GB
下り:11.43Mbps
上り:9.97Mbps
ホームルーター GMOとくとくBB
WiMAX

※3
3年
4,719円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
下り:45.34Mbps
上り:10.39Mbps
(※HOMEL02)
ポケットWiFi GMOとくとくBB
WiMAX

※3
3年
3,494円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
31,000円
下り:30.95Mbps
上り:5.4Mbps
(※W06)
ホームルーター・
ポケットWiFi
Broad WiMAX
3年
4,011円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
下り:38.93Mbp
上り:7.3Mbps
(※HOMEL02)
光回線
So-net光
プラス
3年
3,766円
無制限
au
60,000円
下り:287.26Mbps
上り:198.45Mbps
光回線 BIGLOBE光
3年
4,103円
無制限
au
・BIGLOBEモバイル
最大33,000円
下り:234.76Mbps
上り:175.2Mbps
光回線
ドコモ光
※3
2年
4,254円
無制限
ドコモ
最大20,000円
下り:242.28Mbps
上り:184.27Mbps
ポケットWiFi hi-ho Let’s Wi-Fi
2年
4,033円
210GB
下り:17.41Mbps
上り:8.92Mbps
光回線
ソフトバンク光
2年
4,426円
無制限
ソフトバンク
・ワイモバイル
最大37,000円
下り:297.09Mbps
上り:190.21Mbps
ホームルーター・
ポケットWiFi
UQ WiMAX
2年
5,060円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
下り:50.55Mbps
上り:5.76Mbps
(※HOMEL02)
ホームルーター
ソフトバンクエアー
2年
5,506円
無制限
ソフトバンク
・ワイモバイル
下り:44.33Mbps
上り:6.25Mbps
光回線
フレッツ光
東日本

※4
2年
5,619円
無制限
下り:247.9Mbps
上り:186.67Mbps
光回線 フレッツ光
西日本

※4
2年
5,674円
無制限
下り:247.9Mbps
上り:186.67Mbps

※価格は税込、新規契約の場合、実質料金=月額料金×契約期間+初期費用―キャッシュバック額÷契約期間、 平均速度はみんなのネット回線速度調べ
※1:利用者が10人以上の場合
※2:v16プランの場合
※3:タイプAの場合
※4:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合

結論として、光回線・モバイル回線ごとにおすすめできる窓口は、以下のとおりです。

おすすめのアパート向けインターネット回線の詳細やお得なキャンペーンは、のちほどくわしく紹介しますね。

その前にあなたがお住まいのアパートで光回線は契約できるのか、インターネット完備物件や対応の違いは何なのかを解説していきましょう。

アパートのインターネット対応状況をまずは確認!4つのパターンを解説

まずは住むアパートが以下のいずれかに当てはまるか、大家さんや管理会社に確認しましょう。

アパートで契約できるインターネット回線は、物件の対応状況によって主に以下の4種類が選べます。

インターネット完備物件なら、すでにお住まいの部屋まで設備がきており、物件指定のインターネットなら基本的にすぐ利用できます。

物件によっては家賃にインターネット利用料が含まれていたり、無料で利用できたりするので、費用面でもメリットがありますね。

インターネット完備なら、個人でインターネットを契約する必要がないんだね!

また、インターネット対応、もしくは光ファイバー対応の物件だった場合は、光回線などの契約が可能です。

もし、インターネット未対応の物件なら、光回線の工事が可能かをまず管理会社や大家さんに確認し、工事不可ならホームルーターポケットWiFiを検討しましょう。

あなたの希望にあわせたおすすめのアパート向けインターネット回線を、フローチャートで確認してみてくださいね。

集合住宅インターネットの選び方

それぞれのインターネット回線の違いや特徴を、さらにくわしく解説していきますよ。

とにかく安く抑えたい人はインターネット完備物件の無料回線がおすすめ

もしお住まいの物件や引越し先がインターネット完備物件なら、入居者がわざわざ回線事業者と契約したり工事を実施したりしなくても、すでに管理会社がインターネット設備を用意してくれているのですぐに利用可能です。

さらに、インターネット料金もサービスされていることもあり、とにかく安く利用したい人にはもってこいですね。

アパートでインターネット完備物件の無料回線が向いている人
  • 個別での契約や工事が面倒な人
  • とにかく費用をかけずにインターネットをしたい人
  • オンラインゲームなど高速通信が必要な使い方をしない人

ただし、インターネット完備物件は管理会社で契約したインターネット回線やプランを利用するので、入居者が自由に選べるわけではありません。

インターネット回線は契約プランによって最大通信速度の上限が決まっていることも多く、無料で使える代わりに遅いという声も聞かれますよ。

中にはスマホでテザリングしてインターネットしたほうが、物件完備のインターネットより速いという人もいます。

また、コストを抑えるために光回線ではなくケーブルテレビ回線が導入されている物件もあります。

ケーブルテレビ回線のJ:COMで最大通信速度120Mbpsのプランが使える物件にお住まいの方も、不安を感じているようです。

1Mbpsは自宅で使うにはかなり遅めの速度だね…

光回線は最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)ですので、無料とはいえインターネット完備物件では速度が期待できないと感じた方は自分で光回線の契約を検討してみましょう。

ただし、インターネット完備物件は管理会社指定の回線以外、工事や導入ができないこともあります。

工事が不可の場合は、ホームルーターかポケットWiFiも選択肢に入れておきましょう。

工事可能な物件で速度重視なら光回線がおすすめ

もし物件でインターネットの工事が可能なら、光回線の契約がおすすめですよ。

アパートで光回線の契約が向いている人は、以下のとおりです。

アパートで光回線が向いている人
  • 物件で工事可能な人
  • 速度を重視したい人
  • 完全無制限で利用したい人

光回線が導入できる可能性が高いのは、以下の2つの物件です。

  • インターネット対応物件:インターネット設備があるが光回線でないこともある
  • 光ファイバー対応物件:光回線設備がすでにある

インターネット対応物件も光ファイバー対応物件も、共有部分まですでにインターネット用の設備や回線が導入されています。

ただし、インターネット対応物件と記載されている場合は、光回線ではなく電話回線を使ったVDSL回線で接続する場合もありますよ。

【VDSL回線とは】
物件の共有部分までは光回線を引き込み、共有部分から各部屋まではアナログの電話回線(VDSL回線)で接続します。
光回線よりも最大通信速度が遅くなる可能性がありますが、光回線での配線が難しい物件でも対応できるので導入している物件が多いのです

また、光ファイバー対応の場合でも、どの光回線事業者の設備が導入されているのかを確認しておく必要があります。

導入されている回線の種類はアパートによってそれぞれ決まっているよ

一般的には、フレッツ光や光コラボが利用できるNTTの光回線が導入済みの物件が多いですよ。

ただし、インターネット対応や光ファイバー対応でも、共有部分から部屋までの開通工事が必要な場合もあり、その際発生する工事費用は基本的に入居者負担です。

いずれにしても、まずは管理会社や大家さんに契約可能な光回線はどこか聞いたうえで、もっとも自分にとってメリットを感じる事業者を選びましょう。

工事不可でも安定したネット環境が欲しいならホームルーターがおすすめ

もし、お住まいの物件がインターネット未対応なら、まずは光回線の工事ができるか管理会社や大家さんに問い合わせましょう。

光回線の工事は物件の外壁や部屋内に穴開けを行う場合もあり、工事の許可が下りないこともあります。

もし工事が不可だった場合でも、光回線に近い安定した速度でインターネットをしたいならホームルーターがおすすめですよ。

アパートでホームルーターが向いている人
  • 物件で工事不可な人
  • 速度を重視したい人
  • 接続台数が多い人

ホームルーターは部屋のコンセントに電源プラグを挿し込むだけで、インターネット環境ができる優れものです。

工事不要で手軽に導入できるのね

Wi-FiやLANケーブルを使ってホームルーターとパソコンやスマホなどを接続でき、機種によっては最大64台もの機器を同時につなげられますよ。

ホームルーターやポケットWiFiで使う無線方式のモバイル回線は、部屋まで直接インターネット回線を引き込んでつなげる光回線に比べると速度が遅くなりがちです。

しかし、ホームルーターは大きなアンテナを内蔵しているので、ポケットWiFiと比べてある程度安定した速度が期待できますよ。

場所を選ばず手軽にインターネットしたいならポケットWiFiがおすすめ

物件で光回線の工事が不可だった場合や、家にいる時間が短く、外でもインターネットをしたい場合は持ち運び可能なポケットWiFiを選びましょう。

アパートでポケットWiFiの契約が向いているのは、こんな人です。

アパートでポケットWiFiが向いている人
  • 物件で工事不可な人
  • 外でもインターネットしたい人
  • 安さ重視の人

ポケットWiFiは小型で軽い専用端末でモバイル回線の電波を受信して、インターネットを利用できます。

光回線のような設備やホームルーターのようにコンセントがある場所などに縛られず、どこでも自由にインターネットできるのがメリットですよ。

毎月のインターネット料金も光回線やホームルーターと比べて安い場合があるので、必要なデータ容量にあわせてムダなく契約ができますよ。

ただし、速度に関しては有線でつなげる光回線や据え置き型のホームルーターよりも劣るので、オンラインゲームや高画質の動画視聴、大容量のアップロードなどを頻繁に行う人には向いていません。

ポケットWiFiを選ぶときは、持ち運びできるメリットと速度が遅かったりデータ容量が限られたりという注意点も理解しよう!

アパートで光回線を契約するなら!おすすめ5社を紹介

検索・サーチの虫眼鏡アイコン

アパートの光回線でおすすめは、以下の5社です。

アパートで契約できる光回線を比較した表を、もう一度見てみましょう。

事業者 契約期間 実質月額料金 データ量 セット割 キャッシュバック 平均速度
NURO光for
マンション
2年
1,736円
※1
無制限
ソフトバンク
25,000円
下り:476.17Mbps
上り:410.96Mbps
auひかり
※2
2年
2,193円
無制限
au
最大60,000円
下り:376.8Mbps
上り:270.57Mbps
So-net光
プラス
3年
3,766円
無制限
au
60,000円
下り:287.26Mbps
上り:198.45Mbps
BIGLOBE光
3年
4,103円
無制限
au
・BIGLOBEモバイル
最大33,000円
下り:234.76Mbps
上り:175.2Mbps
ドコモ光
※3
2年
4,254円
無制限
ドコモ
最大20,000円
下り:242.28Mbps
上り:184.27Mbps
ソフトバンク光
2年
4,426円
無制限
ソフトバンク
・ワイモバイル
最大37,000円
下り:297.09Mbps
上り:190.21Mbps
フレッツ光
東日本

※4
2年
5,619円
無制限
下り:247.9Mbps
上り:186.67Mbps
フレッツ光
西日本

※4
2年
5,674円
無制限
下り:247.9Mbps
上り:186.67Mbps

※価格は税込、新規契約の場合、実質料金=月額料金×契約期間+初期費用―キャッシュバック額÷契約期間、 平均速度はみんなのネット回線速度調べ
※1:利用者が10人以上の場合
※2:v16プランの場合
※3:タイプAの場合
※4:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合

アパートで契約できるインターネット回線を比較し、もっとも実質料金が安かったのは光回線のNURO光で1,736円で、次にauひかりの2,193円でした。

ただし、NURO光もauひかりも契約できるエリアが限られています。

全国どこでもアパートで契約しやすい光回線として、光コラボのソフトバンク光So-net光プラスも実質料金を抑えて利用できますよ。

またドコモユーザーが唯一セット割を適用できるドコモ光では、開通工事費無料キャンペーンや20,000円キャッシュバックも実施しているので、ぜひ検討してくださいね。

NURO光forマンションなら光回線で最安値!

光回線をマンションで契約する場合、もっとも実質料金が安いのはNURO光のマンション専用プラン「NURO光forマンションです。

NURO光forマンションの詳細をチェックしてみましょう。

NURO光ロゴ
提供エリア
北海道・関東・関西・東海・中国・九州
最大通信速度
2Gbps
平均速度
下り:476.17Mbps
上り:410.96Mbps
セット割
ソフトバンク
初期費用
事務手数料:3,300円
開通工事費:44,000円
→実質無料!
月額料金
2,090円〜2,750円
キャンペーン
  • 25,000円キャッシュバック
  • 訪問サポート1回無料
  • おうち割光セット
  • NURO光forマンションは月額が物件内の契約者数によって変わり、最安で2,090円(税込)で利用できます。

    また、下り最大2Gbpsで各戸まで光回線でつなぐので、VDSL方式が多く速度が遅いとされるアパートでも速度が安定しやすいですよ。

    ソフトバンクのスマホとセット割「おうち割光セット」も利用できるので、ソフトバンクユーザーの方は通信費がさらに節約できます。

    ただし、NURO光には2つのマンション向けプランがあり、それぞれ契約できる物件や条件が違います。

    NURO光 for マンション NURO光マンションミニ
    (NURO光G2T)
    月額料金
    2,090円〜2,750円
    5,200円
    通信速度
    上り最大1Gbps・下り最大2Gbps
    セキュリティソフト
    550円
    無料
    So-net
    メールアドレス
    なし
    無料
    契約条件
  • NURO光導入済み物件
  • 3階建て以上の建物で15戸以上
  • 契約者が4人以上のマンション
  • NURO光未導入物件
  • 1人でも申込み可能
  • 特典
  • 25,000円キャッシュバック
  • おうち割光セット
  • 45,000円キャッシュバック
  • おうち割光セット
  • 設定サポート無料
  • ※価格は税込

    NURO光forマンションはNURO光の設備が導入済みの物件でのみ契約でき、4人以上の契約者が同じ物件内にいないと利用できません。

    そのため、NURO光forマンションが契約できるのはアパートでもある程度大規模な物件か、戸数が多いマンションに限られますよ。

    NURO光forマンションが未導入の場合は、戸建てタイプと同じ料金や配線方法で契約する「NURO光マンションミニ」が利用できます。

    月額料金は5,200円とNURO光forマンションの2,090円~に比べると高いですが、NURO光マンションミニでは45,000円のキャッシュバックが用意されており、セキュリティソフト(550円)が無料などメリットも多いですよ。

    NURO光は安くて速くてキャッシュバックまでもらえるなんて、魅力的すぎるわね!

    しかし、NURO光の注意点として提供エリアが狭いので、契約できるかはまずエリア検索をしてからにしましょう。

    NURO光の提供エリアを一覧表でまとめました。

    地域 都道府県名
    北海道
    北海道
    関東
    東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
    茨城県、栃木県、群馬県
    関西
    大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
    東海
    愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
    中国
    広島県、岡山県
    九州
    福岡県、佐賀県

    上記の都道府県にお住まいの場合でも、NURO光は独自の回線や技術を使うので物件や場所によっては導入できないことも珍しくありません。

    下記の公式サイトから提供エリア検索も可能なので、お住まいのアパートの住所を入力して確認してくださいね。

    もしNURO光が提供エリア外だった場合は、次に紹介するauひかりか日本全国広いエリアを網羅する光コラボを選びましょう。

    NURO光についてはこちらの記事でキャンペーンや料金を解説しているので、あわせて読んでくださいね!

    auひかりならアパートでも高額キャッシュバック

    auひかり フルコミット
    引用:auひかり

    auひかりマンションタイプでも最大60,000円の高額キャッシュバックが用意されており、実質料金もNURO光に次いで安いのが魅力です。

    auひかりの詳細をみてみましょう。

    提供エリア
    全国
    (auひかり導入済のみ)
    最大通信速度
    1Gbps
    平均速度
    下り:376.8Mbps
    上り:270.57Mbps
    セット割
    au
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    開通工事費:33,000円
    →キャンペーンで実質無料!
    月額料金
    4,180円~
    キャンペーン
    ・最大60,000円キャッシュバック
    ・他社解約違約金最大55,000円キャッシュバック
    ・auスマートバリュー
    ※価格は税込

    auひかりは配線方式や物件内の契約者数で、最大通信速度や月額料金が変わります。

    配線方式 プラン/契約者数 最大通信速度 月額料金
    上り 下り
    VDSL方式
    タイプG
    166Mbps
    664Mbps
    4,180円
    タイプV
    16契約以上
    100Mbps
    4,180円
    8契約以上
    4,100円
    都市機構
    35Mbps
    100Mbps
    4,180円
    LAN方式
    タイプE
    16契約以上
    100Mbps
    3,740円
    8契約以上
    4,070円
    光回線方式 タイプF
    100Mbps
    4,290円
    ギガ
    1Gbps
    4,455円
    ミニギガ
    1Gbps
    5,500円
    ※価格は税込

    最大速度が速い方式ほど月額料金が高くなるんだね

    auひかりでどのプランや配線方式が契約できるかは、アパートの形状や規模にもよるので契約者が決められません。

    また、auひかりは集合住宅の場合基本的に全国で契約が可能ですが、auひかりが導入済み物件のみ申込めるので、まずはお住まいの物件で契約可能か、プランや月額料金はどれに当てはまるのかをチェックしましょう。

    auひかりは公式窓口よりも、お得なキャンペーンを実施する代理店窓口のフルコミットからの申込みがおすすめです。

    フルコミットではアパートでも戸建てタイプと同額のキャッシュバック、最大60,000円が受取れます。

    フルコミットで最大額の60,000円を受け取る際には、有料オプションのひかり電話に加入しなくてはいけませんよ。

    しかし、ひかり電話はauスマホとのセット割「auスマートバリュー」の適用条件で、セット割を利用すると1台あたり最大1,100円が割引かれたり、月額550円の無線LAN機能が永年無料になるので、申込みをおすすめしますよ。

    auひかりの提供エリアや対応物件かどうかもフルコミットなら直接オペレーターに調べてもらえますので、ぜひ確認してみてください。

    auひかりについてはこちらの記事でお得な窓口比較なども行っているので、参考にしてくださいね。

    対応物件の多さなら光コラボがおすすめ

    NURO光やauひかりは実質料金も安く、キャッシュバック額も高額ですが、独自の光回線を使うため導入済みの物件が少なく、契約できる人が限られます。

    独立回線が提供エリア外のアパートにお住まいの方は、光回線の大手・フレッツ光と同じNTTの回線を使う光コラボを有力候補として検討しましょう。

    【光コラボとは】
    正式名称は光コラボレーション事業者。
    NTTの光回線を借り受け、フレッツ光と同じ通信品質や速度、エリアで利用できます。
    現在、全国に500社以上の光コラボがあると言われています。

    インターネットサービスとして歴史があるNTTの光回線は日本全国ほとんどのエリアで提供可能で、アパートでも導入している物件が多いですよ。

    もし、あらかじめ物件にNTTの設備が導入されているなら、フレッツ光はもちろん、光コラボも契約が可能です。

    また、すでに開通工事が行われているなら、簡単に利用開始できる可能性が高いのもメリットですよ。

    光コラボはさまざまな会社が事業者としてサービスを提供していますが、お使いのスマホとのセット割にあわせて選ぶのがおすすめです。

    スマホとセット割が利用できる光コラボなら、毎月のスマホ代もお得ね!

    ずばり、セット割にあわせて光コラボを選ぶなら、以下の3社がおすすめですよ。

    ドコモユーザーならドコモ光

    ドコモユーザーならドコモ光が唯一、セット割に対応しています。

    「ドコモ光セット割」はドコモ光と携帯電話契約の名義が同じなら、家族間で最大20台までのスマホや携帯電話に自動で割引が適用され、ギガホ・ギガライトなら最大1,100円、シェアパックなら最大3,850円安くなりますよ。

    ドコモ光の詳細を確認しておきましょう。

    ドコモ光ロゴ
    提供エリア
    全国
    最大通信速度
    1Gbps
    平均速度
    下り:242.28Mbps
    上り:184.27Mbps
    セット割
    ドコモ
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    開通工事費:16,500円
    →キャンペーンで実質無料!
    月額料金
    4,400円~4,620円
    公式キャンペーン
    ・最大20,000円キャッシュバック
    ・dポイント2,000ptプレゼント
    ・ドコモ光セット割
    ※価格は税込

    ドコモ光は選ぶプロバイダによって、アパートの月額料金が変わります。

    タイプA タイプB
    指定
    プロバイダ
    ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、@nifty、
    DTI、andline、BIGLOBE、SIS、hi-ho、
    IC-NET、Tigers-net.com、エディオンネット、
    SYNAPSE、BBexcite、楽天ブロードバンド、
    TiKiTiKi、ネスク、01光コアラ
    OCN、@TCOM、TNC、@ちゃんぷるネット、
    AsahiNet、WAKWAK
    月額料金
    4,400円
    4,620円
    ※価格は税込

    タイプの違いで料金以外の違いはあるの?

    タイプAとタイプBの違いはプロバイダ会社の収益的な部分によるので、とくにこだわりがなければ料金の安いタイプAを選びましょう。

    また、ドコモ光の申込みはネットナビからがおすすめです。

    ネットナビから申込めば、有料オプションも不要で最大20,000円のキャッシュバックが受取れますよ。

    ドコモ光では現在、公式特典として開通工事費無料キャンペーンも実施しているので、ドコモユーザーの方はぜひ検討してくださいね。

    ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

    引用:代理店NEXT

    ソフトバンクユーザーでNURO光がエリア外だった場合は、ソフトバンク光でもおうち割光セットが適用されます。

    ソフトバンク光の料金やキャンペーンは、以下のとおりです。

    ソフトバンク光
    提供エリア
    全国
    最大通信速度
    1Gbps・10Gbps
    平均速度
    下り:297.09Mbps
    上り:190.21Mbps
    セット割
    ソフトバンク・ワイモバイル
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    開通工事費:26,400円
    →乗り換えの場合実質無料!
    月額料金
    4,180円
    公式キャンペーン
    ・37,000円キャッシュバック
    ・開通工事費実質無料(乗り換え限定)
    ・違約金最大100,000円キャッシュバック(乗りかえ限定)
    ・おうち割光セット
    ※価格は税込

    ソフトバンク光は他社回線からの乗りかえ向けキャンペーンも充実しており、開通工事費が実質無料になるほか、最大100,000円まで解約にかかった費用をキャッシュバックしてもらえますよ。

    また、ソフトバンク光ではソフトバンクとのセット割「おうち割光セット」で1台あたり最大1,100円が、自社の格安スマホ・ワイモバイルとのセット割「おうち割光セット(A)」で1台あたり最大550円が割引されます。

    ソフトバンク光をお得に契約するなら、上記の公式特典とあわせて窓口限定のキャッシュバック37,000円が受取れる代理店のNEXTがおすすめです。

    NEXTの37,000円キャッシュバックは有料オプションの加入なども必要なく、申込み時に電話で振込用口座の番号を伝えるだけで開通から最短2か月で受け取れますよ。

    ソフトバンク光のキャンペーン窓口比較はこちらの記事でくわしく紹介しているので、参考にしてくださいね!

    auユーザー・格安スマホならSo-net光プラス

    So-net光 公式
    引用:So-net公式

    auユーザーはauひかり以外にも、セット割に対応した光回線の選択肢が多いです。

      【auスマートバリュー対応の光コラボ】
    • So-net光プラス
    • BIGLOBE光
    • @nifty光
    • @T COMヒカリ

    光コラボでauスマートバリュー対応の4社を、月額料金やキャンペーンで比較してみましょう。

    事業者 実質料金(契約期間) 月額料金 工事費 キャッシュバック 平均速度
    So-net光
    プラス
    3,766円
    (3年)
    4,928円
    実質無料
    60,000円
    下り:287.26Mbps
    上り:198.45Mbps
    @TCOMヒカリ
    3,206円
    (2年)
    4,180円
    実質無料
    28,000円
    下り:244.42Mbps
    上り:173.04Mbps
    @nifty光
    4,034円
    (3年)
    4,378円
    実質無料
    最大30,000円
    下り:187.37Mbps
    上り:188.35Mbps
    BIGLOBE光
    4,103円
    (3年)
    4,378円
    実質無料
    最大33,000円
    下り:297.09Mbps
    上り:190.21Mbps

    ※価格は税込、新規契約の場合、実質料金=月額料金×37か月+初期費用―キャッシュバック額÷37か月、 平均速度はみんなのネット回線速度調べ

    auスマートバリュー対応の光コラボでは、速度面でSo-net光プラスがもっとも高速で通信できます。

    また、実質料金は@TCOMヒカリのほうが安いですが、So-net光プラスは工事費が実質無料だったりv6プラス対応無線LANルーターやセキュリティソフトが無料だったりと付加価値も高いのでお得ですよ。

    提供エリア
    全国
    最大通信速度
    1Gbps
    セット割
    au
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    開通工事費:26,400円
    →キャンペーンで実質無料!
    月額料金
    4,928円
    公式キャンペーン
    ・60,000円キャッシュバック
    ・無線LANルーターレンタル無料
    ・セキュリティソフト無料
    ・auスマートバリュー

    光コラボはすべて同じNTTの光回線を使いますが、実際に出る速度は契約する事業者によって変わりまが、So-net光プラスでは回線の混雑を避けて自動的に接続できる最新規格・v6プラスが無料で利用でき、通信速度に優れています。

    v6プラスには専用のルーターが必要ですが、So-net光プラスなら無料でレンタルができる点もメリットのひとつです。

    なお、So-net光プラスには公式サイトからの申込みで、60,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しており、確実に実質料金が抑えられます。

    さらに、auユーザーは光電話との同時利用でauスマートバリューが適用され、家族間で最大10台まで1台あたり550円~1,100円の割引が受けられますよ。

    そもそもSo-net光プラスは他社光コラボと比べて実質料金が安いので、セット割に対応していない格安スマホユーザーでも契約がおすすめです。

    So-net光プラスは公式窓口からの申込で高額キャッシュバックキャンペーンが適用されるので、ぜひチェックしてくださいね。

    キャッシュバックの金額が大きいから、実質料金が安くなりお得に利用できるね。

    アパートでホームルーターを契約するなら!おすすめ2社を紹介

    もし、お住まいのアパートで光回線の工事ができなかった場合は、コンセントに挿すだけで大型のアンテナでしっかりと電波をキャッチしてくれるホームルーターを検討しましょう。

    ホームルーターは現在、ソフトバンクエアーとWiMAXの2社から発売されています。

    それぞれの特徴を比較してみたので、どちらがあなたに向いているかチェックしてみましょう。

    ソフトバンクエアー
    (モバレコエアー)
    WiMAX
    (GMOとくとくBB WiMAX)
    契約期間
    2年
    3年
    実質料金
    2,982円
    3,865円
    月額料金
    1~2か月目:2,167円
    3~24か月目:3,679円
    25か月目~:5,368円
    1~2か月目:2,849円
    3~24か月目:3,678円
    25か月目~:4,688円
    キャッシュバック
    17,000円
    6,000円
    端末代金
    実質無料
    (レンタルは539円/月)
    無料
    データ容量
    無制限
    通信制限

    (夜間など速度規制が
    かかる場合あり)
    3日で10GB
    スマホとのセット割
    ・ソフトバンク
    ・ワイモバイル
    ・au
    ・UQモバイル
    通信方式
    AXGP回線
    WiMAX2+回線
    最大通信速度
    下り:962Mbps
    下り:非公開
    (Airターミナル4)
    下り:1Gbps
    上り:75Gbps
    (HOMEL02)
    平均速度
    下り:44.33Mbps
    上り:6.25Mbps
    (Airターミナル4)
    下り:45.34Mbpss
    上り:10.39Mbps

    (HOMEL02)
    最大接続数
    64台
    (Airターミナル4)
    40台
    (HOMEL02)
    ※価格は税込

    実質料金を安く抑えてホームルーターを契約したいなら、WiMAXよりソフトバンクエアーのほうがお得ですね。

    ただし、速度に関してはWiMAXのほうが安定してインターネットを接続できます。

    料金と速度、どちらを重視するかによってモバレコエアーかWiMAXを選んでね!

    アパートでおすすめのホームルーター

    2つのホームルーターについて、くわしい特徴や料金を解説していきますよ。

    料金重視ならモバレコエアー

    モバレコエアーは、ソフトバンクエアーのアライアンスモデルです。

    ソフトバンクエアーとはなにが違うの?

    モバレコエアーはソフトバンクエアーとまったく同じ回線や端末を使っており、基本的に契約する窓口が異なるだけでサービス内容はまったく変わりません。

    しかし、モバレコエアーでは独自のキャッシュバックや月額料金割引を用意しており、ソフトバンクエアーの窓口から契約するよりも安くホームルーターを利用できますよ。

    モバレコエアーのくわしい料金やキャンペーン内容は、以下のとおりです。

    エリア
    全国
    (AXGP回線の提供エリア)
    最大通信速度
    下り最大962Mbps
    平均速度
    下り:44.33Mbps
    上り:6.25Mbps
    セット割
    ソフトバンク・ワイモバイル
    端末代金
    購入:実質無料
    レンタル:539円/月
    1か月のデータ容量
    無制限
    月額料金
    購入:2,167円~
    レンタル:2,706円~
    公式キャンペーン
    ・月額料金大幅割引キャンペーン
    ・キャッシュバック17,000円
    ・他社解約違約金最大100,000円まで還元
    ・おうち割光セット
    ※価格は税込

    モバレコエアーはソフトバンクエアーの公式割引に加えて、独自の割引キャンペーンが併用できるのがポイントです。

    さらに17,000円のキャッシュバックが受取れるので、安くホームルーターを契約したいならぜひモバレコエアーを選びましょう。

    ただし、モバレコエアーはWiMAXと比べると実測値平均が遅いという面もあります。

    ソフトバンクエアー
    (モバレコエアー)
    WiMAX
    最大通信速度
    下り:962Mbps
    下り:非公開
    (Airターミナル4)
    下り:440Mbps
    上り:75Gbps
    (HOME02)
    平均速度
    下り:44.33Mbps
    上り:6.25Mbps
    (Airターミナル4)
    下り:45.34Mbpss
    上り:10.39Mbps
    (HOMEL02)

    速度も重視してインターネットをしたいなら、WiMAXとよく比較したうえで、メリットを感じたほうを選んでくださいね。

    速度重視ならWiMAX

    光回線の工事ができなくても、速度にこだわってインターネットをしたいという方は、モバイル回線でもっとも実測値平均が速いWiMAXがおすすめです。

    WiMAXでは独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線が利用でき、自宅内で使うホームルーターも持ち運び可能なポケットWiFiも他社サービスより安定して接続できますよ。

    ただし、WiMAXは回線や機種を提供するUQWiMAX以外にもたくさんのプロバイダがあり、契約するプロバイダによって料金やキャンペーンが異なります。

    WiMAXを選ぶなら、GMOとくとくBB WiMAXからの申込みがおすすめです。

    エリア
    全国
    (WiMAX2+回線
    au LTE回線)
    最大通信速度
    下り:45.34Mbpss
    上り:10.39Mbps
    平均速度
    下り:41.66Mbps
    上り:5.544Mbps
    セット割
    au・UQモバイル
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    1か月のデータ容量
    無制限
    (速度制限あり)
    月額料金
    1~2か月目:2,849円
    3~24か月目:3,678円
    25か月目~:4,688円
    公式キャンペーン
    ・キャッシュバック6,000円
    ・端末料金無料
    ※価格は税込

    GMOとくとくBB WiMAXでは実質無制限のギガ放題プランが最初の2か月間割引料金で利用できる割引キャンペーンと、6,000円キャッシュバックがダブルでもらえます。

    さらに端末代金も無料になるため、他社と比べ最安の実質料金でWiMAXを利用可能です。

    キャッシュバックの手続き・受け取りは1年後になるので貰い忘れに注意使しようね

    ちなみに、WiMAXではギガ放題プランを契約しても、3日間で10GB以上の通信をすると速度制限がかかってしまう点に注意が必要です。

    ただし、WiMAXで速度制限がかかっても夕方18時~深夜2時までの約8時間だけで、おおむね1Mbpsの速度で利用できます。

    おおむね1Mbpsの速度があれば、YouTubeの標準画質が楽しめる程度の使い方ができるので安心してくださいね。

    アパートでポケットWiFiを契約するなら!データ容量ごとのおすすめ3社

    アパートで一人暮らしの方や家にいる時間が短い方は、持ち運びができるポケットWiFiがオススメです。

    ポケットWiFiも高速で通信できるWiMAXで無制限プランを契約できますが、細かい速度制限が気になる場合はクラウドSIMを使ったサービスもチェックしましょう。

    クラウドSIMはソフトバンク・au・ドコモの3大携帯電話キャリアのLTE回線を自動的に切り替えてインターネットを接続するので、日本全国広い範囲で使えますよ。

    海外でもそのまま使えて便利だから、ポケットWiFiでは主流になってきているわよ。

    ポケットWiFiはデータ容量によって月額料金が変わるので、必要なプランをもっとも安く契約できる会社を選ぶのがおすすめです。

    ポケットWiFi8社のデータ容量と実質料金を比較してみよう!

    事業者 契約期間 実質月額料金 データ量 セット割 キャッシュバック 平均速度
    MONSTER MOBILE
    1年
    2,344円
    20GB
    下り:18.66Mbps
    上り:9.51Mbps
    Ex Wi-Fi
    2年
    3,080円
    50GB
    データなし
    Mugen WiFi
    2年
    3,310円
    100GB
    13,500円
    下り:13.34Mbps
    上り:8.1Mbps
    どこよりもWiFi
    2年
    3,532円
    100GB
    下り:11.43Mbps
    上り:9.97Mbps
    GMOとくとくBB
    WiMAX

    ※3
    3年
    3,471円
    無制限
    (速度制限あり)
    au
    ・UQモバイル
    6,000円
    下り:30.95Mbps
    上り:5.4Mbps
    (※W06)
    Broad WiMAX
    3年
    4,011円
    無制限
    (速度制限あり)
    au
    ・UQモバイル
    下り:36.27Mbps
    上り:4.44Mbps
    (※W06)
    hi-ho Let’s Wi-Fi
    2年
    4,033円
    210GB
    下り:17.41Mbps
    上り:8.92Mbps
    UQ WiMAX
    2年
    5,060円
    無制限
    (速度制限あり)
    au
    ・UQモバイル
    下り:41.72Mbps
    上り:6.15Mbps
    (※W06)

    ※価格は税込、新規契約の場合、実質料金=月額料金×契約期間+初期費用―キャッシュバック額÷契約期間、 平均速度はみんなのネット回線速度調べ

    結論として、データ容量ごとにオススメできるポケットWiFiは、以下のとおりです。

    でも1か月にどれくらいのデータ量があれば十分なのかわからないなぁ。

    1か月に必要なデータ容量がわからないという方は、インターネット利用ごとに10GBでできることを表にまとめたので参考にしてくださいね。

    利用目的 10GBでできること
    YouTube
    (低画質)
    約28時間
    YouTube
    (高画質)
    約15時間
    オンラインゲーム
    (SwitchやPS4)
    約60時間
    オンラインゲーム
    のアップデート
    (SwitchやPS4)
    1回
    (1.5GB~10GB以上)
    Hulu
    (ハイビジョン画質)
    約10時間
    Netflix
    (UHD 4K画質)
    約1.5時間
    ZOOMでの
    ビデオ通話
    約15時間

    インターネットの利用用途が検索やYouTubeを1日1~2時間程度みるくらいなら、月間50GBのMONSTER MOBILEや100GBまで使えるMugen WiFiで十分です。

    複数の通信機器をつなげて大容量のデータ通信を行う予定があるなら、月間210GBまで利用できるhi-ho Let’s Wi-FiやWiMAXを検討しましょう。

    【大容量】月間210GBならhi-ho Let’s Wi-Fi

    大容量のポケットWiFiを探しているなら、月間最大210GBまで使えるhi-ho Let’s Wi-Fiがオススメです。

    エリア
    全国
    (ソフトバンク・ドコモ
    au LTE回線)
    最大通信速度
    下り:150Mbps
    上り50Mbps
    平均速度
    下り:17.41Mbps
    上り:8.92Mbps
    セット割
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    →キャンペーンで無料!
    1か月のデータ容量
    210GB
    月額料金
    1年目:3,278円
    2年目以降:4,730円
    公式キャンペーン
    ・事務手数料無料
    ・30日間返金保証
    ・端末料金無料
    ※価格は税込

    hi-ho Let’s Wi-Fiでは1日7GBまで高速通信ができ、7GBを超過すると当日中の速度制限がかかります。

    それでも1日7GBなら、3日間で10GBのWiMAXよりたくさんインターネットができるわね!

    1日7GBの容量ならYouTubeを高画質(720p)で視聴し続けたとしても、約10時間ほど楽しめますよ。

    また、hi-ho Let’s Wi-Fiでは現在「鬼コスパキャンペーン」を実施しており、以下の特典が受けられます。

    • 事務手数料3,000円⇒0円!
    • 月額料金が1年間割引
    • 30日返金保証

    hi-ho Let’s Wi-Fiを契約した際の費用を抑えられるほか、30日以内なら使用感に満足いかない場合、違約金もなしに無料で解約ができますよ。

    クラウドSIMの使用感や1日7GBまでで大丈夫なのか不安な方も、hi-ho Let’s Wi-Fiは気軽に契約できるのでオススメです。

    【中容量】月間100GBならMugenWiFi

    引用:MUGEN WiFi

    MUGEN WiFiは月間100GBまでたっぷりとインターネットができ、データ量を使い切るまでWiMAXのような3日間で10GB以上といった細かい速度制限もありません。

    エリア
    全国
    (ソフトバンク・ドコモ
    au LTE回線)
    最大通信速度
    下り:150Mbps
    上り50Mbps
    平均速度
    下り:13.34Mbps
    上り:8.1Mbps
    セット割
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    1か月のデータ容量
    100GB
    月額料金
    3,718円
    公式キャンペーン
    ・13,500円キャッシュバック
    ・30日間おためし全額返金キャンペーン
    ・端末料金無料
    ※価格は税込

    クラウドSIMを使うMugen WiFiは携帯電話がつながる場所なら基本的に利用できるので、郊外にお住まいの方や広い範囲を移動する方にも便利ですね。

    さらに、13,500円キャッシュバックキャンペーンも実施しているので毎月のコストを抑えて大容量プランが契約できます。

    クラウドSIMのポケットWiFiでキャッシュバックがあるサービスは珍しいから、ぜひチェックしてね!

    【小容量】月間50GBまでならMONSTER MOBILE

    クラウドSIMのポケットWiFiは小容量のデータ容量が選べるプランもあり、あまりインターネットを使わない方なら月に20GB・50GBまでのプランが最安級で契約できるMONSTER MOBILEがおすすめです。

    エリア
    全国
    (ソフトバンク・ドコモ
    au LTE回線)
    最大通信速度
    下り:150Mbps
    上り50Mbps
    平均速度
    下り:18.66Mbps
    上り:9.51Mbps
    セット割
    初期費用
    事務手数料:3,300円
    1か月のデータ容量
    20GB・50GB
    月額料金
    20GB:2,090円
    50GB:2,640円
    公式キャンペーン
    端末料金無料
    ※価格は税込

    MONSTER MOBILEもクラウドSIMを使ったポケットWiFiなので、日本全国広い範囲で利用できるほか、海外でもそのまま使えます。

    MONSTER MOBILEは契約期間が1年と短く、20GBのプランだと料金も月額2,090円と最安ですが、契約期間を定めないプランも月額550円プラスの2,640円で用意されています。

    20GBだと不安な方は50GBプランが月額2,640円、契約期間なしなら3,190円で利用できますよ。

    いつまでポケットWiFiを使うかわからない方や、解約金に不安を感じる方にもMONSTER MOBILEはおすすめですよ。

    契約期間ありでも1年以上使えば、契約更新月以外の解約金は3,300円と安いわよ!

    アパートでインターネットを契約する手順

    チェックシート・アンケートのアイコン

    アパートで契約するインターネット回線が決まったら、契約して利用開始するまでの流れを確認しておきましょう。

    インターネット完備の物件は開通工事もなく、すぐに利用開始できる場合も多いですが、まずは管理会社に必要なものや接続用のID、パスワードなどを聞いておく必要がありますよ。

    また、光回線とモバイル回線ではそれぞれ、申込みから利用開始までの流れや期間が大きく変わります。

    光回線とモバイル回線にわけて、利用開始までの流れを解説していきましょう。

    光回線をアパートで契約する手順

    まずは光回線をアパートで契約する手順をみていきましょう。

    光回線をアパートで契約する手順
    1. 物件で契約できる光回線を調べる
    2. 管理会社に工事の許可を取る
    3. 光回線事業者の窓口で申し込みをする
    4. 開通工事の実施
    5. 接続設定をして利用開始

    光回線は提供エリアや導入可能物件でなければ利用できないので、まずはお住まいのアパートで契約できる事業者を探しましょう。

    契約したい光回線事業者の公式サイトや申込窓口などでエリア検索ができますよ。

    また、契約可能な事業者がわかって申込みをする前には、必ず管理会社や大家さんに工事や導入許可を取っておきましょう。

    許可を取らずに申し込みをするとトラブルになることもあるみたい

    アパートで光回線を申込んだら、共有部分までインターネット設備がきている場合は通常2週間ほどで利用開始できます。

    もしインターネットの設備がもともとなく、部屋まで直接光回線を引き込むなら、1~2か月かかることもあるので申込み時に確認しておきましょう。

    モバイル回線をアパートで契約する手順

    モバイル回線を使ったホームルーターやポケットWiFiをアパートで契約する際には、光回線のように開通工事が必要ないので利用までの流れも比較的簡単です。

    モバイル回線をアパートで契約する手順
    1. 物件が提供エリア内か調べる
    2. モバイル回線事業者の窓口で申し込みをする
    3. 専用端末が届く
    4. 接続設定をして利用開始

    ホームルーター・ポケットWiFiは工事不要で壁などに穴を開ける必要もないので、管理会社や大家さんへ許可を取らなくていいのもうれしいですね。

    ホームルーターやポケットWiFiは専用の端末が手元に届けば、すぐに利用開始ができます。

    ただし、無線の電波を受信してインターネットを接続するので、お住まいのアパートやよく行く場所が提供エリア内でなければつながらなかったり速度が遅かったりするので注意が必要です。

    各事業所の公式サイトなどで提供エリアが調べられますが、モバイル回線は携帯電話と同じでエリア内でも障害物や物件の形状、周りの環境によってもつながりやすさが左右されるということも覚えておきましょう。

    自宅で使うときは窓際に置くのがおすすめ!

    WiMAXなら回線の提供元であるUQWiMAXで、15日間希望の端末を無料レンタルしてお試し利用できる「TryWiMAX」が申込めます。

    お住まいのアパートやインターネットを利用したい場所でTryWiMAXを使って快適に接続できるか確認してから、お得なプロバイダを選んで契約するのがおすすめですよ。

    アパートのインターネット回線に関するよくある質問

    はてなマークのアイコン

    最後にアパートのインターネット回線について、多く寄せられる質問と答えをまとめましたよ。

    気になるポイントをチェックしておこう!

    アパートのインターネットでテザリングってあり?

    一人暮らしの人やあまりインターネットを使う頻度が少ない人、大容量のデータ通信を行わない人なら、スマホに直接パソコンやタブレットをつなげるテザリングという選択肢もありですよ。

    ただし、スマホ側で契約しているデータプランの通信量を消費するので、ある程度インターネットをするならポケットWiFiやホームルーターのほうが運用コストは安いですよ。

    テザリング ポケットWiFi ホームルーター
    接続台数
    1~5台
    5~16台
    30台~60台
    無制限プラン
    利用料金
    テザリング使用料:550円
    +スマホのプラン:約3,300円~8,800円
    2,200円~4,400円
    3,850円~4,400円

    スマホの大容量プランを契約するくらいならポケットWiFiやホームルーターを併用したほうが割安なので、自分のインターネット使用量にあわせて選びましょう。

    アパートのインターネットは遅いって本当?

    アパートでインターネットを契約している人からは、速度が遅いという声もよく聞かれます。

    アパートで光回線を利用する場合は、共有部分まで光回線でも各戸までは電話線などのアナログ回線で接続するVDSL方式の物件も多く、光回線を直接引き込む戸建てタイプよりも速度が遅くなりやすいです。

    もし、NURO光が契約可能なら集合住宅でも各戸まで光回線でつなげるので、速度が速いという評判もありますよ。

    上りも下りも500Mbps以上の速度が出ていれば、戸建てタイプと比べてもかなり高速で通信できるといえます。

    速度にこだわりたいなら、どの配線方式でアパートに光回線を導入できるのかも確認しておくといいですね。

    また、アパートは共有部分まで引き込んだ1つの回線をさらに各戸へ分岐させるため、同じ物件内でインターネットを使う人が増えるほど回線が混雑し速度が遅くなることもあります。

    NURO光ミニマンションなどは外の電柱などから直接部屋まで光回線を引き込む戸建てタイプと同じ配線方法で利用できるので、回線を占有できて速度が落ちにくいですよ。

    アパートと戸建てでインターネット料金は違う?

    光回線の場合、アパートやマンションの集合住宅タイプと戸建てタイプでインターネット料金が違う事業者がほとんどです。

    料金が建物のタイプで異なる理由として、戸建てタイプは1つの回線で1契約だけですが、集合住宅タイプは1つの回線を分岐させて多くの契約数が獲得できるので、設備導入費など事業者側のコストを抑えられるからです。

    アパートで契約できる光回線の料金をチェックする際には、必ず集合住宅向けプランを確認してくださいね。

    また、NURO光forマンションやauひかり、フレッツ光などは物件内の契約戸数で料金が変わる場合もありますよ。

    契約者が多いほど安くなるんだね

    ちなみに、モバイル回線は住宅タイプで料金は変わらないのでわかりやすいですね。

    アパートの無料インターネットは自分でプラン変更できないの?

    アパートに備え付けのインターネット回線がある場合、契約者は管理会社や大家さんなので、勝手にプラン変更はできません。

    また、無料で利用できたり家賃に利用料が含まれていたりするなら、希望のプランに変更してもらうことも難しいかもしれませんね。

    ただし、口コミをみると追加料金で最大通信速度が速いプランに変更できることもあるようです。

    インターネット完備物件でプラン変更をしたい場合は、ます管理会社に問い合わせをしてみてくださいね。

    アパートのインターネットを乗りかえたいときはどうしたらいい?

    アパートで今の回線から光回線への乗り換えを検討している場合、新たな開通工事が必要になり管理会社に許可を取らなくてはならないこともあります。

    ただし、同じNTT回線を使うフレッツ光や光コラボ間の乗りかえなら派遣工事もなく、宅内機器を交換するだけで簡単に乗りかえられることが多いので、工事の許可などを取る必要は基本的にありませんよ。

    フレッツ光→光コラボは「転用」、光コラボ同士の乗り換えは「事業者変更」というよ

    ポケットWiFiやホームルーターの場合は契約時と同様に、管理会社や大家さんに確認しなくても気軽に乗りかえられます。

    まとめ

    アパートでインターネットを契約しようと思ったら、まずは導入可能な回線は何か調べましょう。

    集合住宅インターネットの選び方

    アパートがインターネット完備の物件ならそのまますぐに利用できますが、光回線自体導入できない物件もあるので大家さんや管理会社に確かめてくださいね。

    インターネット対応物件やアパートで工事が可能なら光回線がオススメですが、工事不可な場合はホームルーターやポケットWiFiを選びましょう。

    結論として、各インターネット回線ごとにおすすめの契約先は以下のとおりです。

    お住まいのアパートで契約できるインターネット回線の中から、自分にあったサービスやお得な窓口をぜひ見つけてくださいね。

    タイトルとURLをコピーしました