【最新】auひかりのプロバイダ8社を徹底比較!選ぶべきプロバイダはこれだ!

auひかり プロバイダ auひかり

auひかりには8社のプロバイダがあります。

プロバイダによって性能や速度に差はありませんが、それぞれ取り扱いプランや実質料金、キャッシュバック額、無料サービスの内容が異なります。

結論からいうと、おすすめのプロバイダ・窓口は以下の通りです。

今回はauひかりのプロバイダ8社を徹底比較しました。

この記事を読めば、各プロバイダの特徴を知ることができ、自分がどのプロバイダを選ぶべきかわかりますよ。 

※この記事は2021年4月時点の情報です。

この記事を書いた人
執筆者
エキサイト プロバイダ比較編集部

エキサイト プロバイダ比較は「インターネット回線の『わかりづらい』を『わかりやすい』へ!」をモットーに、役に立つコンテンツを配信中!18年以上のプロバイダ運営実績のノウハウを活かして、忖度ナシでインターネット回線を紹介します。

エキサイト プロバイダ比較編集部をフォローする

auひかりでおすすめのプロバイダ

auひかりには複数のプロバイダの選択肢があり契約時に一つを選択することになりますが、おすすめのプロバイダは希望条件や状況によって変わります。

結論からいうと、auひかりでおすすめのプロバイダは下記2つです。

  • 実質料金の安さを重視するなら:GMOとくとくBB(最大61,000円キャッシュバック)
  • 特典の受け取りやすさを重視するなら:So-net(43,920円分の月額料金割引)

また、プロバイダとは異なりますが、申し込み窓口として「代理店フルコミット」もおすすめです。

申し込み時の電話で口座を伝えるだけで最短翌月末に最大60,000円キャッシュバックを受け取れます。

代理店フルコミットでは、プロバイダをSo-net、BIGLOBE、au one netの3つから選ぶことができますが、中でもSo-netがおすすめです。

【auひかりでおすすめのプロバイダ比較】
窓口名 3年間の実質月額料金 特典内容 キャッシュバック受け取り時期 キャッシュバック受け取り方法
GMOとくとくBB 戸建て:3,786円
マンション:2,989円
最大61,000円キャッシュバック 開通後
12ヶ月目
24ヶ月目
開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に
届く案内メールに返信
So-net 戸建て:3,856円
マンション:3,576円
最大43,920円分の月額料金割引 開通月より適用 自動的に適用
代理店フルコミット 戸建て:4,348円
マンション:3,070円
最大60,000円キャッシュバック 開通後
翌月末
半年後
①申し込み内容確認の電話にて
振込口座を伝える
②契約後に届く書類に沿って申請

ちなみに、auひかりではこれらプロバイダおよび代理店ごとのキャンペーンに加えて、以下のような公式キャンペーンも併せて受けることができます。

  • auスマートバリュー
  • 工事費実質無料
  • 新スタートサポート

auスマートバリューの適用には、月額550円のひかり電話に加入する必要がありますが、auスマホの月額料金が1回線ごとに最大1,100円、最大10回線まで割引されるため、スマホ料金が大変お得になります。

新スタートサポートでは、他社回線からの乗り換えの場合、最大30,000円までの解約費用を負担してくれます。

実質料金の安さを重視するならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB最大61,000円の高額キャッシュバックが受け取れるため、実質料金として月額3,786円で利用することができます。

キャッシュバックの受け取りは2回にわかれており、契約後の特定のタイミングでの手続きが必要です。

手続き自体は若干複雑で、忘れてしまうとキャッシュバックを受け取りそこねてしまうため下記内容を十分に把握しておきましょう。

キャッシュバック受け取り注意事項
  1. auひかり開通月を含む11ヶ月目と23ヶ月目に案内メールが届く
  2. 案内メールが届くのはGMOとくとくBBのプロバイダメール
  3. それぞれの案内メールから受け取り用口座の情報を登録する
  4. auひかりの解約や契約変更、料金未納、案内メール到着の翌月末までの手続きがなかった場合キャッシュバックは無効になる

手続きが完了すると、その翌月末日にキャッシュバックが振り込まれます。

【GMOとくとくBB】
ホームタイプ マンションタイプ
取り扱いプラン ホーム1ギガ
ホーム5ギガ
ホーム10ギガ
タイプV8/G8
タイプV16/G16
都市機構DX/都市機構G
マンションギガ
タイプE8
タイプE16
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円(実質無料) 33,000円(実質無料)
キャッシュバック金額 最大61,000円
(ひかり電話なし:51,000円)
最大51,000円
(ひかり電話なし:41,000円)
実質月額料金 3,786円(ホーム1ギガ) 3,070円(V16)
無料サービス ひかり電話(ホーム36ヶ月、マンション12ヶ月)
高速サービス5ギガ(ホームのみ36ヶ月間)
WiFi(auスマートバリュー適用時)
※価格は税込

特典の受け取りやすさを重視するなら

GMOとくとくBBの唯一の弱点ともいえるのが、キャッシュバック受け取り手続きのタイミングの複雑さです。

タイミングを逃してしまうと高額なキャッシュバックがもらえないことになってしまうので、もしもらい忘れが心配であるならば、以下の窓口での申し込みがおすすめです。

月々の支払いが安い「So-net」

月々の支払いを安く抑えたい人は、プロバイダの「So-net」からの申し込みがおすすめです。

So-netにはキャッシュバックがありませんが、月額料金割引が適用されます。

月額料金割引は自動で適用されるためもらい忘れの心配もありません。

この割引により、auひかりの戸建てプランが通常5,610円~5,390円のところを3年間4,158円、マンションプランが通常4,180円のところを2年間2,728円で利用できます。

※マンションプランは「マンションv16」プランの場合

またGMOとくとくBBと同じようにひかり電話月額550円が、マンションタイプで36ヶ月間、戸建てタイプで60ヶ月無料です。

【So-net公式】
ホームタイプ マンションタイプ
取り扱いプラン ホーム1ギガ
ホーム5ギガ
ホーム10ギガ
タイプV8/G8
タイプV16/G16
都市機構DX/都市機構G
マンションギガ
タイプE8
事務手数料 3,300円
工事費 41,250円(実質無料) 33,000円(実質無料)
キャッシュバック金額 なし
実質月額料金 5,098円(ホーム1ギガ) 3,992円(V16)
無料サービス ひかり電話(ホームのみ60ヶ月)
高速サービス5ギガ(ホームのみ36ヶ月間)
おうちトラブルサポート(マンションのみ)
かけつけ設定サポート(初回のみ)
WiFi(auスマートバリュー適用時)
※価格は税込

キャッシュバックが受け取りやすい「代理店フルコミット」

キャッシュバックの受け取りやすさを求める人は、auひかり公式代理店である「フルコミット」からがおすすめです。

フルコミットは下記の方法で、最短翌月末と半年後の2回に分けてキャッシュバックがもらえます。

  • 開通工事後にカスタマーセンターへ電話する
  • 契約後に届く書類に沿って申請する

簡単な申請のため、受け取りやすさを重視するならおすすめの窓口です。

キャッシュバックの金額はネット+ひかり電話の加入で60,000円。

ネットのみの契約でも50,000円です。

フルコミットからの申し込みの場合、ひかり電話の月額料金550円は毎回かかってきてしまいますが、キャッシュバックの受け取りがGMOとくとくBBよりも早いのでオススメですよ。

【代理店フルコミット】
ホームタイプ マンションタイプ
取り扱いプラン ホーム1ギガ
ホーム5ギガ
ホーム10ギガ
タイプV8/G8
タイプV16/G16
都市機構DX/都市機構G
マンションギガ
タイプE8
タイプE16
事務手数料 3,300円
工事費 40,150円(実質無料) 33,000円(実質無料)
キャッシュバック金額 最大60,000円
(ひかり電話なし:50,000円)
実質月額料金 4,348円(ホーム1ギガ) 3,070円(V16)
無料サービス おうちトラブルサポート(マンションのみ)
かけつけ設定サポート(初回のみ)
WiFi(auスマートバリュー適用時)
※価格は税込

auひかりのプロバイダ選びで注目すべき3つのポイント

auひかりのプロバイダ選びで注目するべきポイントは3つです。

auひかりではプロバイダの選択で回線の速度が変わることは少ないため、速度以外の条件で選択するといいでしょう。

①契約したいプランがあるプロバイダを選ぶ(マンションプランのみ)

auひかりのマンションタイプは、「タイプV」や「マンションギガ」など建物に敷設されている回線の種類ごとにプランがわかれており、プロバイダによっては対応していないプランがあります。

マンションタイプのプランは契約者が任意で変更できるものではないため、お住いによって自動的に選択できないプロバイダがあるので注意しましょう。

ホームタイプの場合はすべてのプロバイダでの契約が可能です。

【プロバイダ対応プラン】
タイプG
(V契約)
タイプV 都市機構 タイプE ミニギガ ギガ タイプG
(G契約)
都市機構G
DX-G
タイプF
GMOとくとくBB
So-net
BIGLOBE
DTI
@nifty
au one net
ASAHIネット
@TCOM

②実質料金が安いプロバイダを選ぶ

プロバイダごとの料金を比較する場合、月額料金のみの比較だけでは不十分です。

それぞれのプロバイダ特有のキャッシュバックや割引、初期費用(契約事務手数料・工事費)の金額などをすべて加味した「実質料金」で比較することでより正確な金額の差がわかります。

また、実質料金を契約期間で割った「実質月額」で比較するとさらにわかりやすいです。

【各プロバイダ比較表~戸建て~】

実質月額料金実質料金(3年間)契約事務手数料初期工事費用キャッシュバック割引額高速サービス利用料ひかり話利用料
GMOとくとくBB3,786円140,080円3,300円41,250円最大61,000円19,800円0円(36ヶ月)0円(36ヶ月)
So-net3,856円142,670円3,300円41,250円なし78,210円5G:0円(36ヶ月)0円(60ヶ月)
BIGLOBE3,948円146,080円3,300円41,250円最大50,000円19,800円0円(36ヶ月)0円(60ヶ月)
DTI4,943円182,880円3,300円41,250円なしなし5G:0円(36ヶ月)0円(36ヶ月)
@nifty5,159円190,880円3,300円41,250円最大30,000円41,250円5G:0円(60ヶ月)0円(36ヶ月)
au one net5,599円210,880円3,300円41,250円10,000円なし5G:500円500円
ASAHIネット6,463円238,130円3,300円41,250円なし24,000円非対応500円
@TCOM4,618円170,880円3,300円41,250円なし41,250円G:0円(60ヶ月)0円(36ヶ月)

【各プロバイダ比較表~マンション~】

実質月額料金実質料金(3年間)契約事務手数料初期工事費用キャッシュバック割引額高速サービス利用料ひかり電話利用料
GMOとくとくBB2,989円110,580円3,300円33,000円最大51,000円12,000円5G:0円(36ヶ月)0円(36ヶ月)
BIGLOBE3,205円118,580円3,300円33,000円最大55,000円なし5G:0円(36ヶ月)0円(60ヶ月)
DTI3,664円135,580円3,300円33,000円38,000円なし5G:0円(36ヶ月)0円(36ヶ月)
So-net3,576円132,300円3,300円33,000円33,00041,280円5G:0円(36ヶ月)0円(60ヶ月)
@nifty3,881円143,580円3,300円33,000円最大30,000円33,000円5G:0円(60ヶ月)0円(36ヶ月)
au one net4,421円163,580円3,300円33,000円10,000円なし5G:550円550円
ASAHIネット4,691円175,580円3,300円33,000円33,000円30,000円非対応550円
@TCOM3,340円123,580円3,300円33,000円50,000円33,000円0円0円(36ヶ月)

③その他無料サービスが充実しているプロバイダを選ぶ

プロバイダが提供する無料サービスの充実度もプロバイダ選択の大きな基準です。

特にセキュリティやサポートなどはユーザーによっては重要になるものであるため、各プロバイダのラインナップや内容をよく比較しましょう。

【プロバイダ無料サービス】

メールサービスホームページ
サービス
セキュリティ
サービス
リモート
サポート
出張サポート
GMOとくとくBB15アドレス 350MB 209円/月提供なし7,480円/回
So-net4アドレス10MBまで 550円/月 330円/月
+相談料金
初回無料
BIGLOBE 5アドレス100MBまで418円/月522円/月初回訪問から
翌月末まで無料
DTI1アドレス100MBまで提供なし無料7,480円/回
@nifty1アドレスなし550円/月550円/月
+550円/10分
7,480円/回
au one net5アドレスなし330円/月550円/月7,480円/回
ASAHIネット6アドレス100MBまで550円/月提供なし7,480円/回
@TCOM1アドレス20MBまで539円/月550円/月7,480円/回

auひかりのプロバイダ8社を徹底比較

ここでは、auひかりのプロバイダ8社を料金や特典などの視点で徹底比較します。

【ホームタイプ】
キャッシュバック 割引 ひかり電話料金 無料サービスの充実度 実質月額料金
GMOとくとくBB 36ヶ月間無料
37ヶ月目以降550円/月
3,578円
So-net 60ヶ月間無料
61ヶ月目以降550円/月
4,133円
BIGLOBE 60ヶ月間無料
61ヶ月目以降
4,448円
DTI 550円/月 4,815円
@nifty 60ヶ月間無料
61ヶ月目以降550円/月
5,537円
au one net 550円/月 5,671円
ASAHIネット 30ヶ月間無料
31ヶ月目以降550円/月
6,430円
@TCOM 60ヶ月間無料
61ヶ月目以降550円/月
6,453円
【マンションタイプ】
取り扱いプラン キャッシュバック 割引 ひかり電話料金 無料サービスの充実度 実質月額料金
GMOとくとくBB 9 24ヶ月間無料
24ヶ月目以降550円/月
2,361円
BIGLOBE 9 550円/月 3,162円
DTI 5 550円/月 3,528円
So-net 9 550円/月
@nifty 8 550円/月 3,774円
au one net 9 550円/月 3,850円
ASAHIネット 7 550円/月 4,690円
@TCOM 5 550円/月 4,270円

上記から、もっともおすすめであるのは冒頭で述べたようにGMOとくとくBBだといえます。

高額のキャッシュバックにより実質料金がもっとも安く、プロバイダの無料サービスの充実度も十分以上です。

ただし、GMOとくとくBBではリモートサポートの提供をおこなっておらず、出張サポートも1回につき6,800円かかるため、サポート面を重視したいという方はこれらを安く提供している「So-net」を選ぶことがおすすめです。

月額料金割引キャンペーンが面倒な手続きなしで自動的に適用されるので、月々の支払いも安いですよ。

auひかりの申し込みから開通までの3手順

最後にauひかりの申し込みから開通までの手順を詳しく解説していきます。

ほとんどのプロバイダで手順は共通ですが、ここでは実質料金が一番安い「GMOとくとくBB」を例とします。

①GMOとくとくBBから申し込む

まずはGMOとくとくBBの公式キャンペーンページにアクセスし、画面上の「エリア検索・料金診断」から申し込みをおこないます。

郵便番号から住所を検索、希望のプランを選択、氏名や住所詳細・支払い方法などを入力すると申し込み完了です。

②工事日程を調整する

申し込み完了から数日後に登録した電話番号にKDDIの開通センターから電話があり、ここで開通工事をおこなう日程を調整します。

開通工事には立ち会いが必要となるため、在宅できる日時を指定しましょう。

指定できる日時はマンションタイプで1〜2週間後、ホームタイプで3週間後程度が目安です。

土日祝日を工事日とする場合、追加費用3,300円が必要です。

この追加費用は初期費用割引の対象外となるため注意しましょう。

③開通工事・利用開始

指定した日に工事担当が訪問し、工事をおこないます。

工事の時間は1時間程度が目安。

工事完了と同時に開通となり、インターネットが利用可能です。

なお、契約開始はこの開通工事をおこなった日付からです。

auひかりプロバイダでよくある質問

auひかりはプロバイダの乗り換えができない?

auひかりは回線とプロバイダの契約がセットになっているため、プロバイダのみを変更できません。

つまり、プロバイダを変更したい場合は、一度auひかり契約を回線ごと解約して再契約する必要があります。

この時に気をつけなくてはならないのが、現契約の契約期間と解約時にかかる解約費用です。

タイミングによっては数万円の費用がかかることになるため十分に注意しましょう。

【解約費用】
ホームタイプ マンションタイプ
契約年数 3年自動更新 2年自動更新
解約違約金 16,500円 7,700円
工事費残債 687円
×(60ヶ月−利用月数)
1,375円
×(24ヶ月−利用月数
回線撤去工事費 31,680円 なし

乗り換え先のプロバイダに高額キャッシュバックがあれば、それを解約費用に充てるという考え方もできます。

ただし、次に契約するプロバイダが以前契約したことがあるものだとキャッシュバック金額が減ったり、もらえなかったりする場合もあるため申し込み前に確認しましょう。

auひかりプロバイダの問い合わせ窓口は?

auひかりはプロバイダごとに問い合わせ窓口が設けられています。

電話の問い合わせが込み合っていてつながりにくい場合は、メールでも問い合わせすることができます。

以下にまとめましたので参考にしてみてください。

auひかりのプロバイダの確認方法は?

auひかりのプロバイダは、auひかりの契約書に記載されています。

もし、契約書を保管していない場合は、My auの WEB de 請求書で確認することができます。

まとめ

auひかりを契約する際、プロバイダによって性能や速度に差はないもの、申し込み窓口によってキャンペーンやサービス内容に違いが出てくるため、プロバイダ選びは大変重要です。

プロバイダ特有のキャッシュバックや割引などの特典があり、実際にかかる料金に差が生まれるため、十分に比較し選択しましょう。

おすすめのプロバイダ・窓口は、下記の通りです。

GMOとくとくBBは高額キャッシュバックを受け取れますが、開通から11ヶ月目と23ヶ月目にメールから手続きをおこなわなくてはならないため、もらい忘れに十分注意しなくてはなりません。

月々の支払い料金を安くしたいならSo-net、キャッシュバックの受け取りやすさを重視するならフルコミットといった窓口での申し込みがおすすめです。

自動適用の割引や簡単な申請で受け取れるキャッシュバックなど、手間を少なく特典をもらえます。

自分にあったプロバイダを選んで、auひかりをお得に契約しましょう。

タイトルとURLをコピーしました