【全24社比較】ドコモ光のプロバイダならこれ!3つのポイントと共に徹底解説

ドコモ光 プロバイダ ドコモ光

ドコモ光のプロバイダは24社あり、どこを選ぶかで料金や速度が変わります。

つまり、ドコモ光のプロバイダ選びは快適度や満足度を左右する重大事項です!

今回はドコモ光のプロバイダ選びのポイントとして、以下の3つを全24社で比較しながら、注目すべき点を解説していきますよ。

結論として、ドコモ光のプロバイダは3つのポイントをすべてクリアしたGMOとくとくBBがオススメです。

ドコモ光でプロバイダGMOとくとくBBを選んで契約する際は、代理店ネットナビから申し込んでくださいね。

ドコモ光のオススメ窓口ネットナビ

ネットナビ-ドコモ光

プロバイダはGMOとくとくBBを選択するのがオススメ

  • 最大20,000円キャッシュバック
  • 高性能無線LANルーターレンタル無料
  • セキュリティソフト1年間無料
  • 開通までモバイルWi-Fiがレンタル無料

ドコモ光・ネットナビの詳細をみる

また、記事の後半ではプロバイダ変更や今契約中のプロバイダを確認する方法、問合せ先なども紹介しているので、現在ドコモ光を利用中の方もぜひ最後まで読んでくださいね。

※この記事は2021年8月時点の情報です。

この記事を書いた人
執筆者
エキサイト プロバイダ比較編集部

エキサイト プロバイダ比較は「インターネット回線の『わかりづらい』を『わかりやすい』へ!」をモットーに、役に立つコンテンツを配信中!18年以上のプロバイダ運営実績のノウハウを活かして、忖度ナシでインターネット回線を紹介します。

エキサイト プロバイダ比較編集部をフォローする

ドコモ光はプロバイダ選びが重要!比較すべき3つのポイント

インターネットを利用するうえで、プロバイダは絶対に必要な存在です。

ドコモ光は24社からプロバイダが自由に選べますが、どの会社と契約するかで以下の点が変わりますよ。

プロバイダで変わること プロバイダで変わらないこと
・月額料金
・オプションの無料期間
・実際に出る速度
・キャッシュバック特典
・提供エリア
・最大通信速度

まずドコモ光はプロバイダによって月額料金が変わるので、料金についてはしっかりと理解しておきましょう。

またプロバイダによっては、無線LANルーターレンタルや、セキュリティソフト・設定サポートなどが無料で利用できる特典があります。

さらに、ドコモ光の最大通信速度は下り上り1Gbpsですが、実際に出る速度はv6プラスという通信規格にプロバイダが対応しているかによって大きく異なりますよ。

さらにドコモ光は、代理店やプロバイダ窓口から申し込めば、公式特典に加えて、独自キャッシュバックがもらえることもあります。

ちなみにドコモ光の申し込みは、高額キャッシュバックが早い時期にもらえる「代理店ネットナビ」からがオススメですよ。

ドコモ光のプロバイダ選びで失敗しないために、以下の3つのポイントをとくに重視して比較しましょう。

ドコモ光のプロバイダ24社で上記のポイントを比較してもっともオススメできるのは、無線LANルーター無料レンタルなどの特典が充実しているうえに、速度やユーザーからの評判もよいGMOとくとくBBです。

のちほど、GMOとくとくBBがオススメできる4つの理由をくわしく解説しますね。

GMOとくとくBBと他社プロバイダ全24社を徹底比較した表としては、以下の通りです。

プロバイダ名 料金タイプ v6プラス
対応状況
無線LAN
ルーター
無料
サポート セキュリティ 独自
CB
実測速度
GMOとくとくBB
A

初回
無料

12か月
無料
最大20,000円
下り: 262.97Mbps
上り: 215.88Mbps
@nifty
A

初回
無料

12か月
無料
最大18,000円
下り: 172.1Mbps
上り: 198.27Mbps
plala
A

初回
無料

24か月
無料
15,000円
下り: 202.77Mbps
上り: 178.06Mbps
ドコモnet
A

有料

12か月
無料
下り: 222.69Mbps
上り: 206.57Mbps
DTI
A

契約中
無料

12か月
無料
下り: 184.93Mbps
上り: 191.54Mbps
andline
A

12か月
無料
下り: 222.87Mbps
上り: 197.21Mbps
BIGLOBE
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 245.27Mbps
上り: 192.99Mbps
SIS
A

初回
無料

無料
下り: 50.15Mbps
上り: 93.51Mbps
hi-ho
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 118.2Mbps
上り: 148.16Mbps
IC-NET
A

36か月
無料

36か月
無料
下り: 197.25Mbps
上り: 154.3Mbps
Tigers-net
A

初回
無料

無料
下り: 334.25Mbps
上り: 248.63Mbps
エディオンネット
A

有料

有料
下り: 155.1Mbps
上り: 152.41Mbps
シナプス
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 122.67Mbps
上り: 80.77Mbps
BB.excite
A

有料

36か月
無料
下り: 301.44Mbps
上り: 164.43Mbps
楽天ブロードバンド
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 169.92Mbps
上り: 150.1Mbps
TikiTiki
A

有料

有料
下り: 164.43Mbps
上り: 235.56Mbps
ネスク
A

有料
下り: 323.69Mbps
上り: 193.85Mbps
01光コアラ
A

有料
下り: 246.22Mbps
上り: 257.17Mbps
OCN
B

初回
無料

12か月
無料
最大20,000円
下り: 203.33Mbps
上り: 170.21Mbps
@TCOM
B

初回
無料

12か月
無料
下り: 184.05Mbps
上り: 166.02Mbps
TNC
B

有料

12か月
無料
下り: 172.2Mbps
上り: 141.7Mbps
WAKWAK
B

有料

有料
下り: 139.22Mbps
上り: 191.19Mbps
AsahiNet
B

有料
下り: 280.43Mbps
上り: 143.93Mbps
ちゃんぷるネット
B

12か月
無料

有料
データなし
※CB=キャッシュバック、実測速度はみんなのネット回線速度調べ

GMOとくとくBBの特長をみる前に、まずはドコモ光のプロバイダ選びで重視すべき3つのポイントについて、一つずつ解説していきましょう。

比較ポイント1.毎月の支払料金が安くなるか

ドコモ光は月額料金にプロバイダの利用料も含まれており、どのプロバイダ(タイプ)を選ぶかで2つの金額にわかれますよ。

タイプA タイプB
指定
プロバイダ
ドコモnet、plala、GMOとくとくBB、@nifty、
DTI、andline、BIGLOBE、SIS、hi-ho、
IC-NET、Tigers-net.com、エディオンネット、
SYNAPSE、BBexcite、楽天ブロードバンド、TiKiTiKi、
ネスク、01光コアラ
OCN、@TCOM、TNC、@ちゃんぷるネット、
AsahiNet、WAKWAK
月額料金
(戸建て)
5,720円
5,940円
月額料金
(マンション)
4,400円
4,620円

ドコモ光のプロバイダはタイプAのほうが、タイプBよりも戸建て・マンションともに220円安いです。

ドコモ光プロバイダ一覧
引用:ドコモ光

タイプAとタイプBで料金に差がありますが、通信品質やプロバイダの価値が違うというわけではないので、安心してくださいね!

プロバイダ会社によって採算が取れる金額設定の違いで月額料金に差が出ているだけで、ドコモ光自体の品質やつながりやすさなどはまったく変わらないのでとくにこだわりがないなら安く使えるタイプAがオススメですよ。

ちなみにドコモ光にはケーブルテレビ会社と契約するタイプC、提携プロバイダ以外の会社と個別に契約する単独タイプもあります。

しかし、速度や料金の安さを考えるなら光回線でプロバイダ一体型のタイプAかBを選ぶのがいいですよ。

無線LANルーターの無料レンタルについてもチェック!

インターネットを契約したら、スマホやタブレット、Switchなどのゲーム機をWi-Fiでつないで家中どこでも快適に使いたい人も多いでしょう。

おうちのWi-Fi環境をつくる無線LANルーターは、ドコモ光のオプションとしてドコモ光電話対応ルーター(無料)と無線LANカード(東日本エリアでは月額330円、西日本エリアでは月額110円)がレンタルできます。

しかし、契約するプロバイダによっては無線LANルーターが無料でレンタルできるので、その分月々の支払いが減らせますよ。

<プロバイダ全24社の特典対応状況>
プロバイダ名 料金タイプ 無線LAN ルーター無料
GMOとくとくBB
A
@nifty
A
plala
A
ドコモnet
A
DTI
A
andline
A
BIGLOBE
A
SIS
A
hi-ho
A
IC-NET
A
Tigers-net
A
エディオンネット
A
シナプス
A
BB.excite
A
楽天ブロードバンド
A
TikiTiki
A
ネスク
A
01光コアラ
A
OCN
B
@TCOM
B
TNC
B
WAKWAK
B
AsahiNet
B
ちゃんぷるネット
B

ちなみに、プロバイダ会社によってレンタルできる無線LANルーターは違います。

無線LANルーターが無料でレンタルできるプロバイダを選ぶときは、機種やスペックも確認しましょう。

主要プロバイダで無料レンタルできる機種を、比較してみました。

<プロバイダ別 レンタル無線LANルーター>
プロバイダ メーカー 発売日 販売価格※ 最大通信速度
(無線時)
通信規格
(無線時)
通信規格
(有線時)
GMOとくとくBB
BUFFALO
WSR-2533DHP3
2020年
1月
9,716円
~13,777円
最大
1,733Mbps
IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大
1,000Mbps
@nifty
Elecom
WRC-1167GS2H-B
2020年
1月
6,422円
~ 6,969円
最大
867Mbps
IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大
1,000Mbps
DTI
Elecom
WRC-1167GS2H-B
2020年
1月
6,422円
~ 6,969円
最大
867Mbps
IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大
1,000Mbps
BIGLOBE
NEC
Aterm
WG1200HS3
2019年
8月
7,235円
~9,264円
最大
867Mbps
IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大
1,000Mbps
価格.com調べ

GMOとくとくBBでは3種類のルーターから希望の機種を選べますが、どれを選んでもすべて無線LAN接続時の最大速度が1,733Mbpsと高性能ですよ。

他社プロバイダでレンタルできる無線LANルーターよりも高スペックな機種が無料なのが、GMOとくとくBBの強みですね。

セキュリティソフトやサポートサービスは無料で使えるか

インターネットを利用するうえで、ウィルスや情報漏洩からパソコンやスマホを守るセキュリティソフトは必須です。

個人で「ノートン」や「ウイルスバスター」を購入している方も多いでしょう。

またドコモ光でもセキュリティオプションとして、「ネットワークセキュリティ」(月額385円)を提供しています。

しかし、プロバイダによってはこういったセキュリティソフトが無料で利用可能ですよ。

また、インターネットを利用する際にわからないことや困ったことがあった際に、サポートしてくれるサービスを無料特典として提供しているプロバイダもあります。

パソコンの遠隔操作や自宅に訪問してサポートしてくれるから、初期設定が難しくて心配な方でも安心です。

<プロバイダ全24社の特典対応状況>
プロバイダ名 料金タイプ サポート セキュリティ
GMOとくとくBB
A

初回
無料

12か月
無料
@nifty
A

初回
無料

12か月
無料
plala
A

初回
無料

24か月
無料
ドコモnet
A

有料

12か月
無料
DTI
A

契約中
無料

12か月
無料
andline
A

12か月
無料
BIGLOBE
A

初回
無料

12か月
無料
SIS
A

初回
無料

無料
hi-ho
A

初回
無料

12か月
無料
IC-NET
A

36か月
無料

36か月
無料
Tigers-net
A

初回
無料

無料
エディオンネット
A

有料

有料
シナプス
A

初回
無料

12か月
無料
BB.excite
A

有料

36か月
無料
楽天ブロードバンド
A

初回
無料

12か月
無料
TikiTiki
A

有料

有料
ネスク
A

有料
01光コアラ
A

有料
OCN
B

初回
無料

12か月
無料
@TCOM
B

初回
無料

12か月
無料
TNC
B

有料

12か月
無料
WAKWAK
B

有料

有料
AsahiNet
B

有料
ちゃんぷるネット
B

12か月
無料

有料

比較ポイント2.キャッシュバックはもらえるか

ドコモ光はプロバイダ窓口や代理店経由で申し込むと、独自のキャッシュバックを受け取れることがあります。

キャッシュバックのあるプロバイダ・おもな代理店
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • plala
  • OCN
  • 代理店ネットナビ
  • 代理店Wiz
  • 代理店ディーナビ

ドコモ光のプロバイダ24社と代理店窓口3社について、キャッシュバック額や受取時期、申請方法などを比較しました。

窓口キャッシュ
バック額
dポイント額受取時期オプション申請方法
代理店ネットナビ
最大20,000円
2,000pt
翌月末
あり
・メールで手続き
・申請書を郵送
GMOとくとくBB
最大20,000円
2,000pt
5ヵ月後
あり
メールで手続き
代理店Wiz
20,000円
2,000pt
6ヵ月後
なし
メールで手続き
OCN
20,000円
2,000pt
翌月
なし
メールで手続き
@nifty
最大18,000円
2,000pt
1年後
あり
メールで手続き
代理店ディーナビ
最大20,000円
2,000pt
翌月末
あり
・メールで手続き
・申請書を郵送
ぷらら
15,000円CB
2,000pt
5ヵ月後
なし
メールで手続き
DTI
0円
10,000pt
ドコモnet
andline
BIGLOBE
SIS
hi-ho
IC-NET
Tigers-net
エディオンネット
シナプス
BB.excite
楽天ブロードバンド
TikiTiki
ネスク
01光コアラ
@TCOM
TNC
WAKWAK
AsahiNet
ちゃんぷるネット
ドコモ光公式窓口
ドコモショップ

上記の通り、GMOとくとくBBはプロバイダ窓口の中でもっとも高額な最大20,000円のキャッシュバックを実施しています。

ただし代理店ネットナビの方が、GMOとくとくBBと同額のキャッシュバックが、より早い時期に受け取れるため申込窓口としてはオススメといえますよ。

つまり、ドコモ光はプロバイダをGMOとくとくBBにして、代理店ネットナビ経由で申し込むのがいいですよ!

さらに代理店ネットナビからの申し込みでも、以下の公式キャンペーンがあわせて受取れますよ。

ドコモ光の公式キャンペーン
  • ドコモ光セット割
  • 新規工事費無料
  • dポイントプレゼント

ただし、dポイントプレゼントキャンペーンは契約するプロバイダによって付与額が異なります。

独自のキャッシュバック額とあわせて、チェックしておきましょう。

比較ポイント3.実測速度は安定しているか

ドコモ光の最大通信速度は下り・上りともに最大1Gbpsで、プロバイダによって変わりません。

しかし、最大通信速度は理論上の数値で実際に出る速度ではありません。

結論として、実測速度はプロバイダによって大きく差が出ますよ。

ドコモ光の実測速度がプロバイダによって大きく違う理由は、v6プラスに対応しているかがプロバイダによって異なるからです。

【v6プラスとは】

インターネット利用者が増える時間帯などに回線が混雑しつながりにくい状態でも、自動的につながりやすいルートで接続できる最新の通信規格のこと。

v6プラスで接続できれば混雑状態を回避し、夜間や週末もスムーズなインターネット利用が期待できる。

ドコモ光はフレッツ光やソフトバンク光などの人気事業者と同じ回線を共有する光コラボです。

夜間や週末などは一斉に各事業所のユーザーが同じ回線を使ってインターネットをするため、どうしても速度が安定せず低速になりやすいですよ。

回線の混雑状態による速度低下を避けるため、ドコモ光の各プロバイダではv6プラスでの接続を提供している会社も多いです。

インターネットの実測速度が測定でき、その結果を平均速度としてまとめているみんなのネット回線速度でチェックしても、v6プラスが利用できるプロバイダは速度も安定しているとわかりますよ。

ドコモ光のプロバイダ24社でv6プラス対応状況と、みんなのネット回線速度での平均速度を比較してみましょう。

プロバイダ名 v6プラス
対応状況
実測速度
GMOとくとくBB
下り: 262.97Mbps
上り: 215.88Mbps
@nifty
下り: 172.1Mbps
上り: 198.27Mbps
plala
下り: 202.77Mbps
上り: 178.06Mbps
ドコモnet
下り: 222.69Mbps
上り: 206.57Mbps
DTI
下り: 184.93Mbps
上り: 191.54Mbps
andline
下り: 222.87Mbps
上り: 197.21Mbps
BIGLOBE
下り: 245.27Mbps
上り: 192.99Mbps
SIS
下り: 50.15Mbps
上り: 93.51Mbps
hi-ho
下り: 118.2Mbps
上り: 148.16Mbps
IC-NET
下り: 197.25Mbps
上り: 154.3Mbps
Tigers-net
下り: 334.25Mbps
上り: 248.63Mbps
エディオンネット
下り: 155.1Mbps
上り: 152.41Mbps
シナプス
下り: 122.67Mbps
上り: 80.77Mbps
BB.excite
下り: 301.44Mbps
上り: 164.43Mbps
楽天ブロードバンド
下り: 169.92Mbps
上り: 150.1Mbps
TikiTiki
下り: 164.43Mbps
上り: 235.56Mbps
ネスク
下り: 323.69Mbps
上り: 193.85Mbps
01光コアラ
下り: 246.22Mbps
上り: 257.17Mbps
OCN
下り: 203.33Mbps
上り: 170.21Mbps
@TCOM
下り: 184.05Mbps
上り: 166.02Mbps
TNC
下り: 172.2Mbps
上り: 141.7Mbps
WAKWAK
下り: 139.22Mbps
上り: 191.19Mbps
AsahiNet
下り: 280.43Mbps
上り: 143.93Mbps
ちゃんぷるネット
データなし
※実測速度はみんなのネット回線速度調べ

ドコモ光の実測速度はプロバイダによって違うので、光回線の高速通信を本来の速度で楽しみたいならv6プラス対応の会社を選びましょう。

3つの比較ポイントでわかったオススメプロバイダはGMOとくとくBB

ドコモ光のプロバイダを選ぶうえで比較すべき3つのポイントを解説してきましたが、料金・キャンペーン・速度ともにオススメのプロバイダはタイプAのGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは20年以上の歴史を持つ会社で、ドコモ光以外にもフレッツ光やauひかり、モバイル回線のWiMAXなどのプロバイダとしても人気があります。

プロバイダとして2019年度のオリコンプロバイダ広域企業顧客満足度1位を獲得するほど、評判もいいですよ。

GMOとくとくBB・顧客満足度1位
引用:GMOとくとくBB

さらに、ドコモ光とGMOとくとくBBの組み合わせは、代理店ネットナビ経由で申し込むのがオススメです。

ネットナビでは、最大20,000円のキャッシュバックが、最短翌月に受け取れますよ!

実際にドコモ光×GMOとくとくBBを利用している人からも、満足している声が届いています。

他社回線やモバイル回線から、ドコモ光×GMOとくとくBBを選んだ人も、速度面やサービスに高評価をしていますね。

GMOとくとくBBがオススメできるポイントは、主に4つ挙げられます。

それぞれのポイントをさらに紹介していきましょう。

GMOとくとくBBはタイプAで料金が安い

GMOとくとくBBはタイプAに属するプロバイダです。

月額料金はプロバイダ料金込みで戸建て5,720円、マンション4,400円と、タイプBに比べて安いですよ。

v6プラス対応の無線LANルーターが無料&設定不要

GMOとくとくBBは実測速度が以下のとおり速いのも、オススメできる理由です。

【GMOとくとくBBの実測速度】

下り:262.97Mbps
上り:215.88Mbps

ちなみにドコモ光全体の平均速度は、みんなのネット回線速度のデータによると以下のとおりです。

ドコモ光の平均速度は下りで207.63Mbpsなので、GMOとくとくBBの平均下り速度262.97Mbpsは他社プロバイダよりも速いとわかりますよ。

また、プロバイダごとの速度ランキングでもGMOとくとくBBはBB.exciteに次いで2位ですが、測定ユーザー数がBB.exciteの1,028件と比べてGMOとくとくBBは16,490件と約16倍です。

測定ユーザー数が多いほど平均値は安定するので、GMOとくとくBBは利用している人の多くが高速で通信できているといえますね。

GMOとくとくBBの速さの秘密は、v6プラスに対応していることと、v6プラス対応の無線LANルーターが無料なうえに設定不要で利用できることです。

ドコモ光の速度低下を回避するv6プラスは対応プロバイダとの契約以外にも、以下の条件をすべて満たす必要があります。

v6プラスの利用条件
  1. v6プラス対応のプロバイダと契約する
  2. v6プラス利用の申込みをする
  3. v6プラス対応ルーターを使う
  4. v6プラスでの接続設定をする

v6プラスに対応しているだけでなく、専用のルーターを使って接続しなくてはいけませんし、そのための設定も行わなければいけない場合もあります。

しかし、GMOとくとくBBで契約すると以下のメリットがありますよ。

  • v6プラス専用ルーターが無料でレンタル可能
  • v6プラス専用ルーターを申込むだけでv6プラスの申込みは不要
  • すでに設定が完了した状態でルーターが届くので、ドコモ光の宅内機器につなげるだけでv6プラス接続が可能

GMOとくとくBBでは以下の3つのv6プラス対応無線LANルーターの中から、好きな機種を無料でレンタルできます。

どの機種も最大通信速度が無線時で1,733Mbpsとハイスペックで、v6プラスの設定もすでに行われた状態で契約者宅に届くので、設定不要で利用できますよ。

「タダでレンタルできるルーターはしょぼい!」という口コミも耳にしますが、GMOとくとくBBのルーターは家電量販店でも8,000円前後で売っている最新機種だから安心ですよ!

せっかくv6プラス対応のプロバイダを契約しても、設定ができていなかったり、専用ルーターを使っていなかったりすると速度向上は見込めません。

他社からGMOとくとくBBへプロバイダだけを変更した人も、速度が改善したという声が多く届いていますよ。

楽天ブロードバンドナビはv6プラスに対応していないので、GMOとくとくBBに変更して速度が5Mbpsから200~400Mbpsに大改善していますね。

v6プラス対応のOCNから乗りかえた人も、GMOとくとくBBでさらに速度が安定しているようです。

さらに、速度に絶対の自信を持つGMOとくとくBBでは、v6プラスで接続している契約者に向けて実測速度が100Mbpsを下回った場合、GMOポイント100ptを還元しています。

オンラインゲームユーザーや動画配信などを頻繁に行うなど高速通信が必要な方も、GMOとくとくBBなら安心できますね。

セキュリティソフトが1年間無料

GMOとくとくBBではインターネットを安全に利用するためのセキュリティソフトも、1年間無料で利用できます。

無料で使えるセキュリティサービスですが、最大3台までのパソコンやタブレット、スマホなどを守ってくれます。

また、無料期間中の解約も可能なので、利用してみて不要だと感じた場合にも安心ですよ。

2年目以降は月額550円の有料オプションですが、セキュリティソフトとして知名度の高いマカフィーのサービスなので、ぜひ利用してみましょう。

訪問サポートが1回無料で設定も安心

ドコモ光では契約後、自宅内に光回線を開通させる導入工事を行います。

おうちの中に光回線を引き込んだら、工事業者が設置した宅内機器を使って、パソコンやスマホで契約者自身が接続設定をしてから利用が開始できますよ。

GMOとくとくBBでは、ドコモ光の接続設定などを代行してくれる「訪問サポート」が1回無料で利用できます。

GMOとくとくBB-ドコモ光訪問サポート-1
引用:GMOとくとくBB

開通時の設定からパソコンの接続まで、専門のスタッフが自宅に伺って作業してくれるので、初期設定が不安な方はぜひ活用しましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更方法

ドコモ光を契約中で現在のプロバイダを変更したい場合は、以下の手順で手続きができます。

ドコモ光のプロバイダ変更方法
  1. ドコモインフォメーションセンターかドコモショップでプロバイダ変更を申し出る
  2. ドコモの携帯電話番号もしくはドコモ光のお客様IDを伝える
  3. 希望のプロバイダへ変更手続きが行われる
  4. 変更前のプロバイダからレンタルしている機器があれば返却する
  5. プロバイダ変更完了

プロバイダ変更は以下の窓口でのみ、受け付けています。

  • ドコモインフォメーションセンター
    電話番号:151(ドコモの携帯電話から)、0120-800-000 (ドコモの携帯電話以外)
  • 全国のドコモショップ

ドコモの窓口でプロバイダ変更の手続きをすれば、利用中のプロバイダへの解約手続きなどは不要ですよ。

プロバイダ変更にかかる費用

ドコモ光のプロバイダ変更には、事務手数料として3,300円かかります。

プロバイダ変更による解約でプロバイダ会社に対する違約金は基本的に免除されますが、契約内容やキャンペーンによっては別途費用が請求されることもあるので、手続きを行う前に現在のプロバイダへ問い合わせておくことをオススメします。

ドコモ光のプロバイダにまつわる疑問に答えます!

最後にドコモ光のプロバイダに関する疑問や不安にお答えしましょう!

気になる点がある方は、ぜひチェックしてくださいね。

GMOとくとくBB以外にオススメのプロバイダは?

ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBB以外にオススメなのは、以下のポイントにすべて当てはまるプロバイダです。

  • タイプAに属している
  • v6プラスに対応している
  • v6プラス対応無線LANルーターが無料でレンタルできる
  • キャッシュバックがもらえる

上記のポイントを考えると、以下の2社がGMOとくとくBB以外では選択肢にあがります。

プロバイダキャンペーン受取時期適用条件申請方法
@nifty
・最大18,000円CB
・dポイント
最大2,000pt
1年後
オプション加入
メールで手続き
plala
・15,000円CB
・dポイント
最大10,000pt
5ヵ月後
なし
メールで手続き
※CB=キャッシュバック

しかし、キャッシュバック額や受取時期、実測速度などを考えると、GMOとくとくBBがもっともオススメですよ。

ドコモ光で契約中のプロバイダを確認する方法は?

ドコモ光で契約中のプロバイダは、契約者向けページ・My docomoにアクセスして24時間いつでも簡単に確かめられます。

まずはMy docomoでdアカウントとパスワードを入力してログインし、トップページから[契約内容・手続き]を選びます。

ドコモ光プロバイダ確認①
引用:My docomo

契約内容の一部が表示されたら、[全てのご契約内容の確認]をクリックしましょう。

ドコモ光プロバイダ確認②
引用:My docomo

[光サービス]の項目があったら、[確認・変更]のボタンを押します。

ドコモ光プロバイダ確認③-1
引用:My docomo

ドコモ光の契約内容の中に、契約中のプロバイダが表示されていますよ。

ドコモ光プロバイダ確認
引用:My docomo

ドコモ光解約時にプロバイダに連絡は必要?

ドコモ光を解約すると、利用中のプロバイダは自動的に解約になります。

ただし、プロバイダオプションを契約している場合やメールアドレスだけ継続して利用したい場合は、ドコモ光の解約前にあらかじめプロバイダへ連絡しておくといいですよ。

ドコモ光のプロバイダの問合せ先は?

ドコモ光のプロバイダに問合せをしたい場合は、各プロバイダの窓口を利用しましょう。

プロバイダ名 電話番号 マイページ
ドコモnet
ドコモの携帯電話から:
151(無料)
一般電話などからの場合:
0120-800-000
受付時間:
9時~20時(年中無休)
契約者ページ
plala
009192-33
受付時間:
10時~19時(年中無休)
契約者ページ
GMOとくとくBB
0570-045-109
受付時間:
10時~19時
(技術サポートは年中無休、
事務手続きサポートは平日のみ)
契約者ページ
So-net
0120-80-7761
受付時間:
10時~19時
(年中無休)
契約者ページ
DTI
0120-830-501
受付時間:
10時~17時
(平日のみ)
ホームページ
@nifty
0120-990-501
受付時間:
10時~21時(平日)
9時~21時
(土日祝日、
12/29~1/3除く)
契約者ページ
IC-NET
0120-45-3133
受付時間:
9時15分~20時
(平日)
10時30分~19時
(土日祝日)
ホームページ
Tigers-net
0120-650-633
受付時間:
9時~18時(平日)
10時30分~19時
(土日祝日)
契約者ページ
andline
03-6809-3392
受付時間:
10時~19時
(年中無休)
ホームページ
BIGLOBE
0120-86-0962
受付時間:
9時~18時
(年中無休)
契約者ページ
エディオンネット
0120-12-9909
受付時間:
9時~19時
(年末年始除く)
契約者ページ
スピーディアインターネットサービス
022-723-0861
受付時間:
10時~18時
(年末年始除く)
契約者ページ
シナプス
099-813-8699
受付時間:
9時~21時
(年中無休)
契約者ページ
BB.excite
0570-783-812
受付時間:
10時~18時
(年末年始除く)
契約者ページ
hi-ho
0120-858-140
受付時間:
10時~18時
(年中無休)
契約者ページ
Rakutenブロードバンド
0800-600-0222
受付時間:
9時~18時
(年中無休)
契約者ページ
TikiTiki
0120-576-900
受付時間:
10時~18時
(日祝除く)
契約者ページ
ネスク
0120-917-334
受付時間:
9時~17時30分
(年中無休)
契約者ページ
01光コアラ
092-715-5273
受付時間:
9時~18時
(土日祝除く)
ホームページ
OCN
0120-506506
受付時間:
10時~19時
(土日祝除く)
契約者ページ
@TCOM
0120-805633
受付時間:
10時~20時(平日)
10時~18時(土日祝)
契約者ページ
TNC
0120-696927
受付時間:
10時~20時(平日)
10時~18時(土日祝)
契約者ページ
WAKWAK
0120-309092
受付時間:
10時~19時
(年末年始除く)
契約者ページ
AsahiNet
0120-577-108
受付時間:
10時~17時
(平日のみ)
契約者ページ
ちゃんぷるネット
098-851-2800
受付時間:
10時~19時(平日)
10時~18時(土曜)
契約者ページ

もし、契約内容の確認やオプションの解約などの問合せなら、各プロバイダの契約者向けマイページで24時間いつでも手続きができます。

電話は時間帯によってはつながりにくいこともあるので、まずはマイページで解決しないかチェックしてくださいね。

まとめ

ドコモ光のプロバイダ全24社でもっともオススメなのは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBを選べば、主に以下のメリットがありますよ。

さらに申込窓口としては、最大20,000円のキャッシュバックが最短翌月に受け取れる代理店ネットナビがいいでしょう。

ドコモ光はどのプロバイダを選ぶかによって、料金やキャッシュバックの有無、実測速度などが大きく異なるので、以下の3点をしっかり比較し、本当にお得な会社はどこか見極めましょう。

また、現在ドコモ光で契約中のプロバイダを変更したい場合は、ドコモインフォメーションセンター(151、または0120-800-000)かドコモショップで手続きをしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました