ドコモ光の料金を初心者向け解説!高いと感じたときの見直し方法も教えます

ドコモ光の料金を初心者向け解説!高いと感じたときの見直し方法も教えます ドコモ光

「これからドコモ光を申し込みたいけれど、毎月どのくらいのお金がかかるの?」「ドコモ光を使っているけれど、料金が高い!」など疑問をお持ちの方は多いと思います。

イメージしていたとおりに安く利用できていないという場合は、とくにがっかりしてしまうものですよね。

そこで今回は、ドコモ光の料金の仕組みや、料金の見直す方法について、初心者の方でもわかりやすく解説します!

ドコモ光の適正料金は、以下のとおりです。

  • 戸建なら5,000~6,000円が適正料金
  • マンションなら4,000円前後が適正料金

上記の目安を上回っている場合は、プランの見直しをすることをおすすめします。

この記事を参考にしていただければ、ドコモ光をお得な料金でスマートに利用できるようになりますよ!

この記事を書いた人
執筆者
エキサイト プロバイダ比較編集部

エキサイト プロバイダ比較は「インターネット回線の『わかりづらい』を『わかりやすい』へ!」をモットーに、役に立つコンテンツを配信中!18年以上のプロバイダ運営実績のノウハウを活かして、忖度ナシでインターネット回線を紹介します。

エキサイト プロバイダ比較編集部をフォローする

まずはドコモ光の料金内訳をチェック!

料金の構成を把握することによって、何にいくらかかっているのかを知ることが可能です。

具体的には以下の3つの要素で料金が確定していますので、まずは内訳をチェックしておきましょう。

  • インターネットの料金
  • 初期費用・工事費
  • オプション料金(ひかり電話、その他)

インターネットの料金

基本となるプランは1Gbpsですが、10ギガタイプのプランを選ぶこともできます。

単独タイプを除き、プロバイダ料が別途でかかることはありません。

のちに詳しくご紹介しますが、タイプA・Bでプロバイダが分かれ、それぞれ料金が異なります。

また、戸建とマンションで料金が変わる点も把握しておきましょう。

初期費用・工事費

契約に合わせて、月額料金以外のコストがかかることもポイントです。

具体的には契約事務手数料として3,000円工事料として15,000~18,000円が必要になります。

工事費は無料になるキャンペーンが実施されていますので、キャンペーンを活用することがおすすめです。

オプション料金(ひかり電話、その他)

ひかり電話をはじめとした、オプション契約の際にかかる費用です。

おもなサービスとしては、以下のようなものがあります。

名称 月額料金 内容
光電話 500円 現在の番号そのままで固定電話を使える
光テレビ 750円 地デジとBSをアンテナなしで視聴できる
DAZN for docomo 1,750円 DAZNを月額1,750円で視聴できる
dTV 500円 国内外の映画、ドラマなど約12万作品を視聴できる
あんしんパックホーム 880円 1,350円相当のセキュリティサービスを割引で利用できる
ドコモnet セキュリティサービス 12ヶ月無料 マカフィー®のセキュリティサービスを12ヶ月無料で利用できる
※価格はすべて税抜

原則としてすべて有料オプションになります。

本当に必要と感じるものだけを選ぶことが、毎月の料金削減につながるでしょう。

ドコモ光の適正料金を見てみよう!

適正料金として、毎月どれくらいの金額を見込めるのかをご紹介します。

まずはベースとなる月額料金をプラン別にチェックしていきましょう。

プラン 月額料金(2年契約)
1ギガ タイプA 戸建 5,200円
マンション 4,000円
1ギガ タイプB 戸建 5,400円
マンション 4,200円
10ギガ タイプA 戸建のみ 6,300円
10ギガ タイプB 戸建のみ 6,500円
※価格はすべて税抜

上記が月額基本料金ですが、実質料金はこれに初期費用と工事費をプラスし、24ヶ月分で割り算した金額になります。

契約事務手数料3,000円と工事費18,000円or15,000円を加えた実質料金は、以下のとおりです。

プラン 実質の月額料金(2年契約)
1ギガ タイプA 戸建 6,075円
マンション 4,750円
1ギガ タイプB 戸建 6,275円
マンション 4,950円
10ギガ タイプA 戸建のみ 7,175円
10ギガ タイプB 戸建のみ 7,375円
※価格はすべて税抜

キャンペーンによる割引がある場合は、その金額を2年間の合計料金から差し引いて再計算しましょう。

ただし、10ギガタイプの場合は、以下の提供エリア内でしか契約できません。

NTT東日本エリア 東京都大田区、世田谷区、杉並区、練馬区、板橋区、足立区
葛飾区、江戸川区、目黒区、中野区、品川区、北区、江東区
渋谷区、新宿区、文京区、豊島区、墨田区、狛江市、調布市、三鷹市の一部
NTT西日本エリア 大阪府大阪市、愛知県名古屋市
※2021年1月現在

上記以外のエリアにお住まいの場合は、1ギガタイプのA、Bいずれかを選びましょう。

戸建なら5,000~6,500円が適正料金

戸建に4人家族でお住まいであり、1ギガプラン、全員がドコモセット割1,000円引きを適用した場合のシミュレーションを行います。

この場合の料金内訳は以下のとおりです。

契約プラン 月額料金 スマホの月額合計割引額 実質の料金
1ギガ タイプA 5,200円 4,000円 1,200円
1ギガ タイプB 5,400円 4,000円 1,400円
※価格はすべて税抜

セット割を適用することで、家族全員のスマホ料金が月額1,000円割り引かれます

ドコモ光への加入をきっかけに合計額4,000円の割引ができれば、ドコモ光の実質料金は1,200~1,400円と考えることもできるでしょう。

請求においては、オプションを組み込んだとしても、5,000~6,500円程度が適正料金です。

マンションなら4,000円前後が適正料金

先ほどと同様に、1ギガプランで家族全員がドコモセット割適用、3人家族というケースでシミュレーションを行います。

契約プラン 月額料金 スマホの月額合計割引額 実質の料金
1ギガ タイプA 4,000円 3,000円 1,000円
1ギガ タイプB 4,200円 3,000円 1,200円
※価格はすべて税抜

セット割の割引額はスマホ料金から差し引かれるため、ドコモ光の請求そのものは4,000~4,200円となります。

セット割によって浮いたスマホ代をドコモ光に割り当てた場合は、実質料金を1,000~1,200円程度とみなすことも可能です。

ドコモ光を安く契約する方法を伝授!

少しでもコストを抑えて契約するためには、4つのポイントを意識して徹底することが大切です。

それぞれの方法を詳しくご紹介しますので、契約する際や、契約内容を見直す際の参考にしてみてくださいね!

プロバイダを「タイプA」の会社にする

ドコモ光では、プロバイダのタイプをAとBのいずれかから選択できます。

結論として、安く契約するためには「タイプA」の会社を選ぶことが大切です。

各タイプの月額料金とプロバイダを表にまとめました。

タイプ 月額料金 プロバイダ
A 戸建 5,200円 ・ドコモnet
・@plala
・GMOとくとくBB
・@nifty
・andline
・BIGLOBE
・SIS
・hi-ho
・Ic-net
・Tigers-net.com
・DTI
・エディオンネット
・SYNAPSE
・BB.excite
・楽天ブロードバンド
・TikiTiki
・@ネスク
・01光コアラ
マンション 4,000円
B 戸建 5,400円 ・OCN
・@TCOM
・TNC
・@ちゃんぷるネット
・wakwak
・AsahiNet
マンション 4,200円
※価格はすべて税抜

タイプAを選ぶだけで月額200円、年間2,400円を節約できる計算です。

上記リストのなかでとくにおすすめできるのが「GMOとくとくBB」になります!

もっとも大きなメリットとなるのは、最大20,000円キャッシュバックや20,000dポイントを受け取れることです。

2年連続プロバイダ満足度1位と実績にも長け、サポート無料などのサービスも充実しています。

お得なプロバイダについて、次の項目でさらに詳しくご紹介しましょう。

キャッシュバックで実質料金がお得になる窓口から申し込む

キャッシュバックの金額を確認することが最重要項目ですが、キャッシュバック額だけでプロバイダを選ぶのは危険です。

トータルでお得になることが重要なので、むだなオプションをつけることなく、月額料金を上げずに契約できるプロバイダを見つけましょう。

具体的な指標としては「実質料金」を比較することで、お得な窓口を発見しやすくなります。

ドコモ光をお得に申し込むなら「GMOとくとくBB」がおすすめ!

上記の条件を含めて考えると、もっともお得に申し込める窓口は「GMOとくとくBB」です!

おすすめのポイントとしては、以下の6つの項目を挙げられます。

最大20,000円キャッシュバック&2000dポイントプレゼント

指定オプションに加入すると、最大20,000円キャッシュバックと2,000dポイントのプレゼントを受け取れます。

キャッシュバックは現金で支払われますので、実質月額が大幅に下がりますよ。

v6プラス無料(対応ルーターが無料でもらえる)

GMOとくとくBBでは、次世代の接続方式であるIPv6を活用できる「v6プラス」を無料で提供しています。

厳選されたv6プラス対応Wi-Fiルーターも無料でもらえるため、回線のポテンシャルをむだにしません。

セキュリティソフト1年間無料

ネット環境を整えるからには、セキュリティに対しても従来以上の対策を行うべきです。

GMOとくとくBBでは、通常月額500円のセキュリティソフト「マカフィー®マルチアクセス」を、1年間無料で利用できます!

パソコン・スマホを脅威から守ります。

訪問サポート無料

希望日の1ヶ月前までに連絡を入れるだけで、インターネットに関する接続設定などの訪問サポートを無料で受けられます

インターネット接続設定・WiFi設定・ひかりTVの接続・dTVのインストールなどを任せられますので、機械が苦手な方も安心して契約できるでしょう。

開通までモバイルWiFi無料レンタル

たとえば引越しなどで回線の切り替えを行う場合、ドコモ光の回線が開通するまでのあいだはインターネットに接続できません。

テレワークができないなどの大きな問題につながりかねませんが、GMOとくとくBBでは開通までWi-Fiをレンタルしてくれるため、通信環境が途絶える心配もなくなります。

2年連続プロバイダ満足度1位

数十社が存在するプロバイダのなかで、GMOとくとくBBはお客様満足度の部門で2年連続1位になっています。

満足と回答した顧客は全体の96.8%にもおよび、多くの顧客に喜ばれている事実があるため、安心して契約を結ぶことが可能です。

通信速度は、カタログに書かれている数字と実測値が異なるのですが、この実測値を公式サイトで公開していることも特徴的といえます。

本来であれば公開すると不利になる数字をあえて公表しているプロバイダのため、嘘をつかない会社として信頼できるでしょう。

ドコモ光セット割を適用させる

ドコモユーザーの場合、セット割で1回線あたり最大1,000円の割引を受けられます。

家族みんなでドコモユーザーなら、毎年数万円単位の割引になりますよ!

4人家族を例にとって、各々が契約しているプランごとの月間・年間の割引額をチェックしてみましょう。

【4人家族の場合の割引例】
家族 契約プラン 月々の割引額 年間の割引額
ギガホ 1,000円 12,000円
ギガライト ~5GB 1,000円 12,000円
ギガライト ~5GB 1,000円 12,000円
ギガライト ~3GB 500円 6,000円
合計 3,500円 42,000円

ドコモ光に加入したことをきっかけに、以前までは適用できなかった割引を活用して、年間42,000円も削減できるという検証結果です。

家族内にドコモユーザーが多ければ多いほど割引の合計額も増えますから、条件に合致する場合はドコモ光への加入で決定ですね!

有料オプションはできればつけない

有料オプションに加入すると、毎月必ず利用料が請求されてしまいます。

たとえば、「dTV」の料金は毎月500円なので、1年間契約を続けた場合の合計料金は6,000円です。

不要に感じるオプションへの加入はおすすめできません。

キャンペーンを利用する際は、契約時に所定のオプションを契約することが条件として提示される場合があります。

このような場合では、加入から1ヶ月が経過したタイミングなどに不要なオプションを解約して、むだなお金を支払わずに済むように対処しましょう

ドコモ光の料金明細を確認する方法

ドコモ光の料金明細はWebから確認することが基本です。

フローをチェックしながら明細を確認し、適正料金を上回っていないか調べてみましょう。

My docomoにアクセスする

ドコモに関連する料金の確認や契約の変更は、すべてMy docomoから行います。

まずはサイトにアクセスしましょう。

dアカウントでログインする

契約時に発行されたdアカウントを利用して、ログインします。

発行の案内が届いていない場合は、dアカウントポータルサイトを経由して手続きを行いましょう。

「月額料金の明細」を開く

ログインを済ませると、「月額料金の明細」という項目が表示されます。

この項目をクリックすると利用料金の確認が可能です。

「契約内容の確認」をクリックすると、オプションの契約状況なども一目でわかります。

ドコモ光が高いと思ったときの確認事項・見直し方法

もしドコモ光の料金が相場よりも高いと思ったら、これからご紹介する5つのポイントを確認しましょう。

思わぬ落とし穴によって、一時的に料金が高額になっている可能性もあります。

以下のポイントを見直すだけで、年間数万円の節約につなげられることも多いため、確認は必須です。

セット割はドコモスマホの料金明細に反映される

最大1,000円が割引になるセット割ですが、この割引はドコモ光の料金を下げるものではありません。

セット割の適用を受けられるのはスマホ料金になります。

したがって、セット割が正常に適用されていたとしても、ドコモ光の料金明細には反映されません。

セット割を申し込んだのに料金が下がらないという場合は、スマホの料金明細を確認しましょう。

スマホ料金が割り引かれていれば、問題なくセット割の適用ができています。

初月は料金が高くなる可能性がある

契約した最初の月(初月)は、ふだんはかからない料金がかかるケースがあります。

結果的に初月のみ料金が高くなることもありますので、不審に感じたら利用明細をチェックしましょう。

たとえば、初期費用のひとつとして「契約事務手数料」が3,000円かかります

これは初月に一括で請求される費用ですので、初月だけ料金が高くなるという場合が多いです。

仮に月額4,000円のプランを契約したとすると、事務手数料が上乗せされた7,000円が初月の料金として請求されます。

事務手数料は初月のみかかるお金で、2ヶ月目以降は請求されません。

不要な有料オプションを解約する

月々の金額に換算するとひとつ数百円程度のオプションですが、複数の種類を契約すると合計額が数千円に達してしまいます。

年間で数万円単位の出費になりますので、ふだん使っていないオプションや、使ってみて不要に感じるオプションは解約しましょう

キャンペーンに申し込むために加入が必須なオプションでも、加入後に手続きを行うことで解約が可能です。

オプションの解約は、料金明細を確認する際にも利用する「My docomo」のページ内から行えます。

「契約内容の変更」から現在契約中のオプションを一覧で確認できますので、そこから不要なオプションをクリックして解約しましょう。

タイプAのプロバイダと契約しているか確認する

ドコモ光はプロバイダ料が混みなので、プロバイダから個別に料金を請求されることはありません。

しかし、タイプAかBかに応じてプロバイダ料が200円異なります。

どちらのタイプを選んだとしても、ドコモ光の通信速度や品質が変わることはないので、料金が安いタイプAのプロバイダを選択しましょう

契約を交わす際にちょっとした注意をするだけでも、2年間の総額で4,800円も費用を抑えられます。

ただし、すでにプロバイダの契約を済ませているという場合は、タイプBからAに変更する際に3,000円の事務手数料がかかることに要注意です。

2年間で契約を終了することを前提とした場合、加入から10ヶ月が経過したあとに変更を申し込むと、事務手数料の出費分で赤字になってしまいます。

10ギガを契約している人は本当に必要かを確かめる

東京23区を中心とする一部のエリアにある戸建住宅では、通常プランの回線速度の10倍という超高速通信を実現させられる10ギガプランに加入できます。

しかし、10ギガタイプの月額料金は6,300円~となり、通常プランと比べると毎月1,100円も高くなることに注意しましょう。

10ギガプランをおすすめできるのは、以下のような項目に当てはまる人になります。

  • 現時点で考えられる最大限の通信速度でインターネットに接続したい
  • 複数のデバイスから同時に大容量コンテンツを利用したい

ただし、ドコモ光は通常プランでも下り最大1Gbpsというじゅうぶんな通信速度を誇りますので、あえて10ギガを選択しなくてもスムーズにインターネットを利用可能です。

ほとんどの人にとっては1ギガの通常プランで満足できるため、年間13,200円の差額を支払ってまで契約する必要はないでしょう。

とくにGMOとくとくBBから契約を結べば、混雑しておらず、どんな時間帯でも快適に接続しやすいv6プラスを無料で利用できます!

1Gbpsという高速通信とv6プラスが強力タッグを組んでいますので、4K動画を頻繁に視聴するという方でも心配なく契約することが可能です。

ドコモ光の解約でかかる料金

ドコモ光を契約途中で解約する際は、違約金がかかる可能性があります。

解約違約金は以下のとおりです。

タイプ 違約金
戸建 13,000円
マンション 8,000円
※価格はすべて税込

こちらは、あくまでも2年契約の途中で解約する際にかかる違約金です。

契約更新月に解約を申し込めば違約金はかかりませんので、タイミングを確認しましょう。

ドコモ光で違約金がかからないのは、契約満了月の翌月と翌々月の2ヶ月間です。

また申し込みから8日以内であれば、初期契約解除として違約金がかかりません

上記以外では、工事費を分割払いしている場合、残債が一括で請求されます。

基本的な工事費は以下のとおりです。

タイプ 工事費
戸建 18,000円
マンション 15,000円
※価格はすべて税抜

仮に戸建タイプで工事費を2年間の分割払いにした場合、12ヶ月経過時点で解約すると、残債となる9,000円が一括請求されます。

よくある質問

ドコモ光の適正料金は?

ドコモ光の適正料金は以下のとおりです。

適正料金
  • 戸建なら5,000~6,500円
  • マンションなら4,000円前後

ドコモ光を安く契約する方法は?

以下の点を意識すれば、かなりの費用を抑えることができます。

意識すべきポイント
  • キャッシュバックで実質料金がお得になる窓口から申し込む
  • ドコモ光セット割を適用させる
  • 有料オプションはできればつけない

ドコモ光が高いと思った時の確認事項は?

ドコモ光が高いと思った方は、以下の項目を確認しましょう。

見出し
  • セット割はドコモスマホの料金明細に反映される
  • 初月は料金が高くなる可能性がある
  • 不要な有料オプションを解約する
  • タイプAのプロバイダと契約しているか確認する

これらを確認するだけで、年間数万円の節約ができます。

まとめ

ドコモ光の適正料金をまとめると、以下のとおりです。

  • 戸建:5,000~6,000円前後
  • マンション:4,000円前後

安く契約する窓口を探すなら、キャンペーンにより最大24,000円相当の割引を受けられる、GMOとくとくBBを選ぶことをおすすめします。

GMOとくとくBBでは、快適に通信できるv6プラスを無料で活用できるため、1ギガタイプでも高速通信を楽しむことが可能です。

月額料金が高いと感じたら、請求書に初期費用が含まれていないか、むだなオプションを契約していないかなどを確認しましょう。

確認と変更の手続きは、My docomoにログインすることでインターネット上から24時間いつでもチェックできます。

タイトルとURLをコピーしました